専業主婦という生き物

〜フランキーの日常茶飯〜

Sponsored Link

アイドルやアーティストに「ハマる」資質がない私とブログ(祝 『はてなブログ』1ヶ月)。

七月が終わります。
前ブログを立ち上げたのが2016年の5月。そして今年の7月から『はてなブログ』にて新しいブログを立ち上げました。通算1年と3ヶ月、はてなブログで1ヶ月、楽しんでブログを書いています。これは「夢中になる」なにかを見つけたということでしょうか? いや、そこまで熱い思いはありません(笑)
それでもほとんど毎日のようにブログに向かっているのですから、これはライフワークになりつつあり?と、判断してもいい気がしています。
めでたいです。私にとってはとてもめでたいです。


夢中になれない。。。

昔からとにかくとことん夢中になるほど好きになるような「なにか」を見つけるのが苦手な方でした。ひとたび見つけてしまえば何年でも継続することができるのですが、そんな大好きなものにはそうそう出会えません。
周りを見渡すとお気に入りのアイドルや俳優さんなどに次々に夢中になっている人がたくさんいました。ジャニーズやテレビに出てくる格好いい男の子の写真などを見てキャーキャー騒いでいるクラスメイトを見ては、なんとなく羨ましい気持ちを持っていました。
今でも同じです。こんな歳になっても韓流にハマりにハマっている人、全国津々浦々アーティストを追っかけている人、ソーシャルダンス(の先生)に夢中になっている人、なにかに夢中になってそれがライフワークであるがごとく、心血注いでエンジョイしている人がたくさんいます。しかし、ここでも私は若い頃と同じように、そんな人たちを羨ましく眺めているだけです。
もちろんテレビなどを見ていて、素敵だなと思うような俳優さんやアーティストもいます。しかし問題はその先です。お友達などを見ていると、そこから舞台やコンサートに足を運んだりグッズを買いあさったり、大人の財力に任せてとにかく追いかけまくるのです。これが私の場合だと「あら、素敵じゃないのよ〜」というだけで終わってしまいます。
実は私にも好きな俳優さんがいます。17歳の頃にその人の出演している映画を見て大好きになったのですが、今ではスクリーンでその人の姿を見ることはほとんどありません。それでも未だに好きなのです。そしてそれ以降アラ50になった今でもその俳優さん以外に「大好き!」と言える人は現れません。
「なんという一途さ!なんという健気さなのかしら ⁉︎」などというと、周りのお友達からは「なんという執念深さ!なんという骨董趣味 ⁉︎」などと揶揄されるのですが。。。世の中若くて素敵な俳優さんやアーティストがいるのに、目移りしない方がおかしい!と言われます。
また、趣味にしても昔からこれといったものはありませんでした。本もたくさん読んできましたし、映画も観るが好きでいまだに一人でふらりと行くことも多いのですが、これは私の中では趣味にカウントされません。誰でも日常生活の中で当たり前のようにやっていることだからです。
私の言う「趣味」とは、テニスやダンスといったスポーツ、お茶やお花、手芸や楽器演奏など、そこにわざわざ足を運びそれなりのお金を投資してでもやりたいというようなことです。
「楽しいから一緒に行きましょうよ」お友達から声をかけられて、何度かそんなお教室へトライアルへ行った過去もありますが、どれもこれもピンとくることなく10年くらい前からそんなお誘いはすべて断るようになりました。
これといった趣味がないのは生活にハリが出ないなどとも言われますが、そんなことを意識することもなく楽しくやってきました。しかし数年後には私もいよいよ子育てから卒業できます。その時にもう家族の生活も顧みずに夢中で追いかけられるものでもあれば、この人生はさらに楽しいものになるかもしれないなと想像するのです。

ハマる資質

お気に入りのアーティストを次々と開拓してハマまりにハマって一体年間何本のライブに行くの?という我が娘に聞いてみました。
「どうしたらそんなふうに夢中になれるの? マミーは好きになってもそこまで時間やお金を使おうという気になれないのよ」
そこで返ってきた答えが、「そいう資質がないからでは?」ということでした。
娘曰く、アイドルやアーティストに夢中になれない、趣味がない人というのは珍しくないとのこと。娘のお友達にもそんな子が何人かいるらしいのです。話をしていると「いいな〜」とは思うけれど、追いかけるほどにはハマらないといいます。まさに私と同じ感覚です。
たまたま娘の好きなアーティストを気に入ったというお友達を誘ってライブへ行った時も、その場で楽しんで「すご〜い!格好いい!」と盛り上がりはしても、それ以上にはならないといいます。次のライブを楽しみにするわけでもなくグッズを買いあさるわけでもなく、ただ機会があればまた行こうかな?という程度の「好き」らしいのです。
この感じ、私にはよ〜くわかります。しかし、少しでもお気に入りの人を見つけると夢中になって追いかけ回す娘には理解できないといいます。
確かに私のお友達を見ていても、つい先日まではAさんという俳優さんに夢中になっていたと思っていたら、数ヶ月後にはBさんというシンガーに夢中になっているといったハマりやすい人はいます。そしてハマったら最後、とにかく寝ても覚めてもその人の話題なのです。
我が家の面々を見ていてもそうです。子供たちは二人とも好きなアーティストや趣味に入れ込んでいます。夫も例外ではなくあらゆる趣味にハマり時間もお金も投入して、無駄なものを増やしています。。。
家族やお友達の影響でいろいろなことを見たり知ったりする機会も多分にあるのに、それでも私は「ハマる」ということがありません。。。
これはやはり資質の問題なのかもしれません。

なにを糧に生きているんだ!!

娘達のようにハマる人や物がある人間からすると、私のようなタイプはまさに「なにを楽しみに生きている ⁉︎」と思うらしいです。
「マミーは子育てに命かけてるって感じでもないし、いつも一人でふらふらしてるし、なんか意味わかんないよね」
などと言われる始末。
本当に、こんな私はなにを糧に生きているのでしょう? 考えを巡らせてみると。。。
まず第一に「美味しいもの、自分の好きなものを食べる」です。もう一食たりとも満足のいかないものは食べたくありません。一食一食真剣勝負!それがたとえ100円のインスタントラーメンだとしても2万円の高級フレンチだとしても、食べ終わった時に「あ〜、美味しかった!幸せだわ」と思えるお食事がしたいのです。ふらふらしているのは、そんな美味しいものを食べに行ったり買いに行ったりしているからです。
あとは旅をすることでしょうか。まだまだ自分が訪れたことのない国はたくさんあります。違った空気を吸い、景色を見て、食べたことのないものを食べる(結局は食べることにつながるようです。。。)それが楽しみです。
結局のところ、一人でふらふらと旅をしながら美味しいものを食べる。それが一番やりたいことなのかもしれません。
今は家族を置いてふらりと旅に行くなどということはできませんが、数年後にはめでたく子育て終了です。その時こそ、私が「ハマる」人生をスタートさせる時なのかもしれません。
そして、そんな旅の途中でブログなんかを書いてしまったりという楽しみもあります。
そんなわけで、他に「ハマる」ものでも見つからない限りは、このブログはきっと継続されていくことでしょう。

祝『はてなブログ』1ヶ月!!

Sponsored Link