専業主婦という生き物

〜フランキーの日常茶飯〜

Sponsored Link

新大久保でラクレットチーズダッカルビを食す@『Oh!キッチン N』

8月です。暑いです。
暑い時こそ体がカプサイシンを欲して、無性に辛いものが食べたくなるものです。
辛いといえば、韓国料理‼︎
そんな時、娘から話題のチーズダッカルビを食べに行こう!と誘われたので、珍しく家族全員で新大久保へ行って参りました。


新大久保グルメ

新大久保へは月に一度は行くでしょうか、お友達と行くときもあれば、子供達や家族揃って行くときもあります。
通常は韓流グッズやコスメのお買い物などが目当てでお誘いがかかるのですが、私は断然グルメが目的です。
さて、最近の新大久保ですが、一時期ぐっと人が少なくなったなぁという時期もありましたが、最近はまたかつての賑わいが戻ったように感じます。平日の昼前くらいには、いい感じに人がワサワサしています。
肝心のグルメですが、その時々ブームというものがあります。かつてはサムギョプサル、少し前はチキンが大流行、そしていまはなんと言ってもチーズダッカルビです。
今回はその中でも、エンタメ要素満載の『ラクレットチーズダッカルビ』なるものを食べてきました。

『Oh!キッチン N』

新大久保駅からわずか徒歩2分くらいのところにあります。

店の前にはなぜか『アナ雪』のオラフがいます。暑い夏なので涼を呼ぶためでしょうか?
それはいいとして、結構人気のあるお店らしく、平日とはいえ油断はできぬ!と、娘が予約を入れておいてくれました。
11時半に店に到着したとき、店内はほぼ満席状態。「ほらね」という娘のドヤ顔は気に入りませんが、ランチタイムに確実に席をキープしたければ、やはり予約はした方がよさそうです。


バンチャンと呼ばれるサービスおかずは酢漬けの大根、キムチ、豆もやしのナムル。別皿にサニーレタスと韓国味噌。盛りは小さいですが、言えばどんどんおかわりをもってきてくれます。見た目の派手さはありませんが、美味しかったです。特にキムチは少し酸味があり、私の好みにドンピシャ。「他のものはいいからキムチちょーだい!」と鼻息荒いオバちゃんの我儘にもたじろぐことなく、別皿に山盛り持ってきてくれました。太っ腹です。

今回はチーズダッカルビ目当てでしたが、大食いの夫がいるので、他にも何品かオーダーしてみました。
まず、チョレギサラダ。サニーレタスにキュウリ、チェリートマトなどが入った甘いノンオイルな醤油味ドレッシングで、とてもあっさりとしたサラダです。

次はキムチチヂミです。表面カリカリというよりは、キムチのたっぷり入ったモチッ、フニャッとしたチヂミです。

そしてチキンです。どのお味にするか迷います。

チキンといえばずっとヤンニョム一辺倒だったので、たまには冒険して醤油ガーリックか?激辛か?と迷いに迷い結局ヤンニョム(笑)

写真では分かりづらいのですが、チキン一つがかなり大きいので、女性なら前菜として頼む場合は4ピースを分け合って1人一つ食べれば十分では?という大きさです。揚げたて熱々、カリカリで美味しいので、もっと食べたいところですが、メインに向けて我慢です。

ラクレットチーズダッカルビ

いよいよメイン登場です。本日の主役、『ラクレットチーズダッカルビ』

これで3人前です。真ん中にチキン、玉ねぎにキャベツ、さつま芋などの野菜、カレトッ(トッポッキに入ってる餅)が、そして周りには大量のモッツァレラとチェダー2種類のチーズ。
そして、ここからが本番です。火を入れ5分ほど待つと、店員さんがラクレットを持ってやってきます。
「カメラの準備いいですか⁉︎」
「行きますよー⁉︎」
などと煽られ、私も「あ〜、ちょっと待って〜」と言いながら撮影体勢にはいります。
(チャンスは一度!これに失敗すれば、もはやブログには載せられない!)と必死です。




と、こんな感じで溶かしたチーズを流し込んでいきます。
(撮影ミッション完了‼︎)
こちらのチーズですが、「ラクレット」ではなくオランダ産「ゴーダチーズ」を使用しているとのことです。確かにこの量をラクレットでやったら、このお値段では頂けません。
※ラクレットはチーズの名称であると同時に、表面を焼いて溶かして食べる「ラクレット料理」という意味もあるので、まぎれもないラクレットチーズダッカルビです!

左からゴーダチーズ、モッツァレラチーズ、チェダーチーズ。
それぞれの味で楽しんでから、最後は混ぜて食べてみて!と美味しいアドバイスを頂きました。
この3種類のチーズ、それぞれクセが強くないので、ダッカルビとの相性がよく美味しかったです。
しかし、さすがチーズです。しかもこの量だと、かなりずっしりとお腹にきます。。。かつては底なしの胃袋を持つオトコと呼ばれた夫も、アラ50になったせいかさすがに苦しそうでした。
チーズダッカルビだけでなく他のものもたくさんの食べたいという方は、大人数で行った方がいいでしょう。
今回、私は4人だったのですが、サラダ、チヂミ、チキン、ラクレットのみのオーダーでも、とにかく夫がいたから食べきれたものの、女子だけだったら半分でお腹いっぱいになって残してしまっていたでしょう。

絶品サービス

こちらのお店、ラクレットチーズダッカルビで話題なだけかと思っていましたが、他のものも美味しく、なによりも特筆したいのは、接客の素晴らしさです。
メインでホールを仕切っていたお兄さん、気さくだけれどきちんと目配りができていて、お料理の説明などもしっかりしています。
これまで新大久保にあるたくさんの韓国料理屋さんでお食事をしましたが、その中でもここのサービスはピカイチ、とっても接客上手だなと感じました。
もうそれだけで、リピート決定です‼︎

コスパよし

さて、お会計ですが今回は4人でドリンクを5杯。
チョレギサラダ
キムチチヂミ
ヤンニョムチキン4p
ラクレットチーズダッカルビ3人前
をオーダーし、トータルで8520円でした。
4人ともお腹パンパンになって、1人2000円と少しという計算になるので、サービスも含めて考えると、かなりコストパフォーマンスがいいと感じました。

暑いから「辛いもの」と言いながら、今回オーダーしたものは辛くなかったので、次回は絶対に激辛チキンに挑戦よ!と、再訪を楽しみにしています。
それにしても、あのキムチ。本当に美味しかったです。
白いご飯をおともに丼ぶり一杯でも食べたいくらいでした。。。



外食記事について

ところで、私の食べ物に関する記事って、なんでもかんでも「美味しい」としか書いていません(笑)
なぜなら、「美味しくなかった」「サービスがよくなかった」など、ネガティヴなことは書きたくないのです。
だからこそ、自分がそう思えなかったお店はブログ記事にはしないことにしています。
「美味しい」「再訪したい」そう思う店だけ載せることにしています。
私は常々「美味しい」か「美味しくない」かは、個々の主観によるもので、食とは嗜好や経験により感じ方が変わると思っています。
美味しいか美味しくないかを判断するのは、私ではなく食べた本人でいいのです。
そもそもグルメ評論家でもないただの食いしん坊主婦のウンチクなど、誰も聞きたくないでしょう。
色々な飲食店で食事をしていると、中には文句の一つも言いたくなるような店と出会うこともあります。それでも、他の誰かにとってはよい店かもしれません。
このブログの食に関する記事は全て、ジャッジするものではなく、私はここでこんな美味しいものを食べました!
そんな「専業主婦の自慢」、それ以外のなにものでもありません(笑)

Sponsored Link