専業主婦という生き物

〜フランキーの日常茶飯〜

Sponsored Link

今年2回目の『土用丑の日』。鰻(うなぎ)は上等なものを食すべき。

今年、2017年は『土用丑の日』が2回あります。
一度目は7月25日でした。そして、二度目は本日8月6日です。

こちらは1回目の丑の日の鰻

セレブなお魚

鰻はもはや高級魚です。庶民のあなた達の口に入るなんてゴメンだわ!と、そんなセレブ魚に成り上がってしまいました。
前回の『土用丑の日』でも改めて物色してみましたが、ちょっといいものを買おうと思えば、一人前3000円くらいします。
いくら「食費に糸目はつけないわ!」などと見栄を張っていても、いざとなると腰が引けてしまいます。
鰻ネタのたびに「高い!高い!」うるさい私ですが、一応家計を預かる専業主婦なのです‼︎
しかしです!『土用丑の日』であれば大義名分得たりとばかりに、大手を振って鰻を買うことができます。
(今日は土用丑の日よ!これを食べなきゃ夏は越せないんだから仕方ないのよ!必要経費だわ)
そんな気持ちです。


安かろう、不味かろう

食べ物の全てが「安かろう、不味かろう」というわけではありませんが、鰻に関しては、かなり値段による差が大きいように感じます。
それは食べた時の満足によるものです。
普段、食べたい時はスーパーなどでお安いペラっとした鰻を買いますが、これは満足感がその鰻のごとく薄いせいか、箸を置いた途端に思うのは「もっと食べたいなぁ。。。」というものです。しかし、倍の金額を出して上等な鰻を食した後は「あゝ、お腹いっぱい!もうしばらく鰻はいいわ」などと思うのです。
何度食べても満足行かずに、さらにさらにと食べ続けていれば、気がつけばものすごい出費になっているものです。
それなら最初から満足度の高いものを買って食べた方が、よほど費用対効果が高いというものです。
カレーライスやハンバーグのように、頻繁に食卓にのぼるものとは違います。それならば、たまに食べるときくらいは上等なものを選ぶべきと、この度改めて思った次第。

鰻、好き嫌い

この二度目の『土用丑の日』、もちろん晩御飯は鰻!
と、考えていたのは家族で私だけのようでした。
「この前食べたからもういいや」と、子供達が言えば、
「そんなに美味しいか?俺は餃子のがいい。安くて美味い!」と、夫も鰻に背を向けます。。。
結局、食べたいのは私だけのようです。
思えば、私の友人なども鰻が嫌いな人が結構います。「丑の日以外は食べないわ」という人、「丑の日も我が家は絶対に鰻を出さない」という大嫌い派まで、鰻嫌いは思いの外いるもので、そんな人からすれば、なぜわざわざ高い金を出して食べる?という理屈になるようです。

夏の鰻は美味しくない

鰻が一番美味しいのは、脂の乗ってきた秋から冬にかけてだといいます。どうせ食べるなら美味しい時期に食べたいのはやまやま。
しかし『土用丑の日』と、バーンっと扇ぎ立てられると、もうなにがなんでも食べなくては‼︎ と、鰻好きは思うのです。
夏場の鰻は美味でなく売れ行きもよくないので、販売促進のために『土用丑の日』は作られたという説があります。
もしそれが本当だとしても、鰻好きにとっては、セレブ魚を食べる大チャンスなのです。

今夜、私は一人で心ゆくまで今年最後の『土用丑の日』を満喫しました。今回は一人分なので、またしても奮発して大きいのを。

ちょっと大き過ぎて、ご飯が見えません。でも、しっかりお茶碗一膳分くらいは入っています。
ダイエット中で夜の炭水化物はご法度ですが、『土用丑の日』なので仕方ありません。禁を破りました。

ちなみに、夫と子供は勝手に餃子を焼いて食べていました(笑)

Sponsored Link