専業主婦という生き物

〜フランキーの日常茶飯〜

Sponsored Link

浅草、浅草寺と天丼とスカイツリー。

「下町っぽい天丼が食べたいから、浅草観光がてらどう?」
先日、お友達からそんなお誘いがあったので、お天気のよい日を選んで久々に浅草まで繰り出しました。

しかし相変わらず外国人多いです。
平日だというのに、歩くのが大変なくらいで、フラフラしてると人力車にぶち当たりそうになるし。。。
天丼を食べたお店も、わりかし有名どころだったせいか、周りは外国人がズラリ。

でも天丼はなかなか美味しかったわ。
まさに、お友達のいう「下町の天丼」(衣がぼってりと分厚く、濃い甘辛なタレがしっかりかかっている)は、お腹にズッシリときて、満足感いっぱいなのでした。

あまりに腹が膨れてしまったので、散歩がてら浅草寺へ。
例の煙を
「頭がよくなりますよーに」
「五十肩、治りますよーに」
「腹の贅肉が増えませんよーに」
などと、まるで子供のように煙を浴びまくる中年専業主婦たち。

しっかりお参りもして、お約束のおみくじも引いてきました!
まさに「ザ・浅草観光」です。

ところで、浅草寺って女性の神様だそうです。
すぐ嫉妬するので、カップルで行くと別れる、、、なんてお話もあります。
他にも上野の不忍池なんかもお別れスポットとして有名ですが、普通カップルで浅草寺とか不忍池なんて行くか?
と突っ込んだところ、お友達はみんな学生時代に行ったわよ!と。

言われてみれば、彼氏と浅草寺ぶらぶらしてきた〜とか、上野動物園でパンダちゃん見た後に、不忍池でボートのった〜、だから彼氏と別れた〜、なんてお話を中学生の頃によく聞いた覚えがあります。

お話が逸れましたが、確かに女友達とワイワイお参りは、これまでで一番楽しかったかも。
浅草は夫の親類やお友達が海外からきた時に連れてくるか、一人で合羽橋の道具街へ買い物へ行った帰りに、レトロな喫茶店求めて浅草まで歩いてきて休憩するか、そんな時にしか行きません。

東京で生まれ育った人間って、案外行かないものなのです。
浅草寺あたりはまだお参りをする目的があったり、三社祭などもあるので行く機会はあるものですが、東京タワーを始めとするランドマーク的なところへは行ったことない!という人も多いのです。
今回一緒に浅草巡りした面々も、みんな東京の人間なので、例のごとく誰一人として、スカイツリーへ行ったことがないという(笑)

そこで、ここまできたからには!と、スカイツリーへ移動することに。
一見すると浅草から見るスカイツリーはとっても近くにあるように見えるので、お散歩がてら歩きましょうかという友達。
しかし見たところ、六本木から東京タワーくらいの距離はありそうです。
途端に弱気になる中年主婦、潔くタクシーに乗りました。
すると、思った通り軽く2㎞くらい離れていたので、タクシーに乗って大正解でした。




さて、初めてのスカイツリー。
とっても立派です。高いです。しかし、なんとなく東京タワーの方が美しく見えるのは、見慣れた景色だからでしょうか。。。
あまりに高くて怠くなったので、展望台までは登りませんでしたが、お土産屋さんでお菓子なんかを買って、甘味処であんみつ食べて、スカイツリー訪問終了です。

お友達とワイワイ東京観光なんて、思ってもみませんでしたが、これが思いのほか楽しく、癖になりそー!と盛り上がってしまいました。

たまにはいつもと違うことをして遊ぶのも、いいものです。

Sponsored Link