専業主婦という生き物

〜フランキーの日常茶飯〜

Sponsored Link

人生をやり直すのは無理でも、新しい経験を積み重ねていくことはできるかも。。。

女というのは45歳あたりを過ぎたところで、一度自分の人生を振り返るものらしいです。

最近、お友達が離婚をしました。

「もう一度一人になって、思い切り自分の人生をやり直してみたい!」

そんな理由だそうです。
それを容認した旦那様もお子さんも凄いなぁ。。。と、思ったものですが、何よりも50歳を過ぎて、家族もろとも捨て去り、なお一から人生をやり直そうという気概がすご過ぎて、ビックリ仰天。。。
というのも私、このような話を聞いても、なんとなくピンとこないのです。
やり直すって、そんなに簡単なことなのでしょうか。
これまでの人生をリセットするなんて、私は想像もできません。




そのお友達は「残された人生で、若い頃みたいな恋愛がしたいの!」と、複数の男性とお付き合いを始め、あれこれと報告してくれたり、LINEのやり取りまで見せられたりしているのですが、これがやり直すってことなのかな?と疑問に思うことばかりです。
なんだか、お互いに大人の下心が見え見えで、そこは若い頃の純粋な恋愛とはやはり異なるなと思ってしまうのです。
お金が目当てだったり、アバンチュール目当てだったり、身の回りの世話をしてくれる家政婦さんが欲しいんじゃない?と、そんな下心が透けて見えるのですが、当の本人はいくら言っても新しい人生とやらに夢中で聞く耳持ってくれません。

恋愛に限らず、仕事でも同じです。
何十年もずっと専業主婦だった50女が、希望の仕事につける可能性はとても低いものです。
どんな学歴も実務経験も、ブランクによりまったく意味のないものになります。とりわけ、いまのアラフィフにとっては、あまりに必要なスキルが変化しすぎています。
若い頃に取得した資格も無用の長物と成り果て、ITの進化によって仕事のやり方も大きく変わりました。そんなところに横たわる20年ものブランクです。
もう、お話になりません。

仕事探しを始めたお友達の中には、
「年齢だけで判断されたくないわ!」
と、年齢フィルターに対する批判を叫んでいる人もいますが、もしも私がどこぞの企業の人事担当であったら、やはり20年近いブランクのある専業主婦など、最初から相手にしないでしょう。

専業主婦など長くやっていると、自分のペース、また勝手知ったる家族の都合で行動するのが普通になります。
しかし仕事は違います。会社の歯車としてはたらき、色々な人間と関わっていかなければなりません。
そこらへんを勘違いしがちで、伊達に歳を食っている分、変に自己主張が激しかったり、時代錯誤だったり、家の都合で仕事に穴を空けたり、おまけに身体的な老化や健康上の不安も加わり、会社にとっては使いづらいどころか、下手をしたら迷惑な存在にもなりかねません。
しかもお喋りが始まったら、止まらないし(これ、私だけかも)。。。

もちろん50代からでも、頑張ってお仕事を始める人もいるはずです。中には有能な人もいるかもしれませんが、そんな人は専業主婦時代にも、いずれは社会復帰を!と、その時に備えて準備や努力をしてきた人達です。
そんな人でさえも社会復帰するには、新しい事を習得する根気やプライドを捨て去る勇気というものが必要になってきます。
別に専業主婦をdisっているわけではなくて、自分や周りのお友達なんかを客観的に見ていて、それが現実であると感じているのです。

だから、50を過ぎて恋愛や仕事で人生をやり直すのって、もう不可能に近いのではと思ってしまうのです。
人生をやり直すって、別の生き方をしたいということだと思うのですが、物事は遅すぎるということもあります。
子供達を見ていると、よくわかるのですが、あの若さと、経験していないからこその垢のついていないメンタル、スポンジの如き吸収力や順応性、それらはどんなに気合いを入れたところで取り戻せるものではありません。
そんな真っさらな若者と比較すると、50女など目も当てられません。
真っ黒になった腹の中は、胃洗浄するくらいではビクともしないほど、頑固な汚れとなって染み付いているですから。
それをピュアな状態に戻すには、これまで生きてきた年月と同じくらいの時間が必要でしょう。

私、アンチエイジングなどもそうですが、年齢に逆らうのが嫌いです。
若い子と同じようなファッションやメイクをしたり、メンタリティーも若者に同調してとか、気持ちが悪いと思ってしまう方なのです。
オバさんと呼ばれてもなんとも思いません。だって正真正銘のオバさんですもの。
開き直っているわけではなくて、オバさんと呼ばれる年代であることは、恥ずかしいことでもなんでもないと思っているからです。
無理に若ぶらず年相応に、その年齢、年齢で出来うる限りのことが出来れば、もうそれでいいのではないかなと。。。
(自然体? いいえ。それはそれで違う意味で気持ち悪い。)

だから、私は人生をやり直すのではなく、これまでやったことない新しい経験を、アラフィフなりに積み重ねていければそれで十分です。
恋愛は結婚した時点で卒業しましたが、仕事という点では、まだ経験したことのないことが沢山あります。
しかし、私は『専業主婦』です。このスタンスを貫きつつ、なにか出来ることがあればやってみたいなと、そんなことを考えていたらちょっと新しいことが舞い込んできました。
そのお話はまた改めて。。。



Sponsored Link