専業主婦という生き物

〜フランキーの日常茶飯〜

Sponsored Link

娘の手作りご飯。カオマンガイに生春巻が激しく美味しかった。

専業主婦でありながら、家を留守にすることが多い最近の私。
帰宅する頃にはすっかり疲れて、もう晩御飯の支度もしたくない。かといって外食も面倒です。
そんな時、頼りになるのが子供達。幸い自宅学習日というお休みが沢山あるので、時間はたっぷりです。
受験生といえど、飯炊きくらいは出来るわよね!と、お願いしてみました。

出てきた娘ご飯がこれです。
カオマンガイに、誰がこんなに食べるんだ⁉︎ という大量の生春巻き(笑)
作り方を教えたことはありませんが、舌の記憶とネットさえあれば楽勝らしいです。
娘達、特に長女は食いしん坊なので、食べるものとなると気合いが入るようで、かなり頑張って作ってくれたようです。

男の子だろうが女の子だろうが、自分の腹を満たすものは、自分で作れるようになって欲しい!
そんな母の願いは知らないうちに叶えられていたようです。
料理って想像力と味覚を駆使するクリエイティブな作業なので、これからもどんどん挑戦して腕を上げていって欲しいものです。

さて、肝心のお味ですが、想像以上、見た目以上に美味しかったです。なんだか私が作るカオマンガイより、ずっと美味しく感じました。
いつも自分で作っていると、「自分の味」というものに飽きるんですよね。
だからでしょうか、自分以外の人が作った料理がこんなにも美味しく感じるのは。

ちなみにデザートまでついてました。こちらは手作りではなく、どこぞで仕入れてきたようです。
「食費」として渡したお金、有り余るはずが、キレイに使い切ってしまうところは改善して頂きたいものですが、美味しいものが食べられたので、今回はよしとしましょう。

Sponsored Link