専業主婦という生き物

〜フランキーの日常茶飯〜

Sponsored Link

中年専業主婦はネットで稼ごうなどと考えず、ブログでも書いていればいいって話。

一時期、なんだかこぞって「お仕事するわよー!」と色めき立っていた我らアラフィフ専業主婦達ですが、様々な苦難に直面し、すっかりトーンダウンの様子。
先日のランチ会でも、すっかり諦めモードの面々。しかし、このまま同じ生活を続けていては、問題解決は先送りになるし。。。と、葛藤しているのも確かなこと。
目的によっては専業主婦のままでいることもできます。
前記した記事で、働く動機が「お金」に限定されているケースの場合は別として、この歳まで専業主婦として生きてきた我々は、経済的なことよりもむしろ別な問題を抱えているわけで、それさえ我慢できればいいのですから。


www.hw-frankie.com


しかし中にはそれが我慢できない!という状況の人もいます。何が何でも家に居たくない。外に出たい!という人が。
私は運良く知り合いのツテで、現在ちょこちょことお手伝い程度ですが、仕事のために家をあけることができていますが、そうでないお友達はいまだに頭を抱えているのです。
私とて、今のお手伝い仕事は臨時なので、来年からはまた完全専業主婦です。
あまり先のことは考えない方なので、正直どうなるかはわかりませんが。
それにしても、ちょこっと働きたいわと簡単に考えていた我々ですが、アラフィフエイジにはかなり難しいことですね。



在宅ワーク

今は多くの主婦が子育てをしながら、在宅ワークで収入を得ている時代です。真剣に取り組めば、ちょっとしたパート代程度の収入を得ることも不可能ではありません。
家には旦那様も子供も姑もいない。一人で過ごせる環境ならば、自分のペースでそんな在宅ワークをするのも手では?
とそんなご意見も「家に居たくない」という理由の前では、なんの参考にもならないのです。
そこで考えたのは、レンタルオフィスです。今はフリーランスなお仕事をしている人は、コアワーキングスペースなどを利用している人も多いようです。
一人で細々とやる在宅ワークなのに、わざわざオフィスやマンションの一室を借りるとなれば、それなりに経費もかかり、そこまでしなくても。。。と思ってしまいますが、レンタルオフィスやコアワーキングスペースならもう少し気軽に利用できそうです。

どうしても外で働きたい!というお友達に、ネットを使って一人でできる仕事をしては?と、そんな提案をしてみたところ、「絶対に無理〜」という声が方々から聞こえてきました。

超アナログ

利用はなんと言ってもITに対する苦手意識です。
アラフィフ専業主婦がパソコンを使うのは、ほとんどがネットショッピングやネットサーフィンです。
これといった難しい作業をすることもありません。
たとえ前職が事務職だった人でも、20年以上前となると、今とは仕事の仕方も大きく変わっているので、使い物になるようなスキルを持っている人は限られてきます。
それが重々わかっているので、パソコンを使って自分で何かやるなど、最初から無理と思い込んでしまっているのですね。

老眼

眼というのは非常に重要な器官です。若い人でも眼精疲労などになると、頭痛や肩こりを併発するなど、他の器官にも影響を及ぼします。
私も長い時間パソコンやスマホのスクリーンを見ていることが出来ません。
少しでも凝視していると、ポロポロ涙が出てきてしまいます。
また近眼のため、手元の資料を見るときは裸眼で、スクーンを見るときは眼鏡をかけたりと、遠近の度を合わせるのに苦労しています。
それが余計に眼精疲労をすすめ、挙句に頭痛をおこしバタンキューといったことも珍しくありません。
長年かけて少しずつならまだ順応しやすいのかもしれませんが、いきなり眼を酷使するような真似はかなりの負担になるのです。

向上心の欠如

一番の問題はここなのかなと思っています。
専業主婦のままでいても、とりあえずは生活に困らない。そんな気持ちの余裕が努力することにブレーキをかけているのです。
お料理やダンスなど、自分が大好きな趣味などに対しては、ものすごい情熱をもって、お金も時間もかけて少しでも上達したい!とやっている主婦達が、仕事のために苦手なITを学ぶとなると途端に腰が重くなるのです。
今の生活を変えたいという漠然とした思い程度では、お仕事をするために努力をする十分な理由にはならないようです。



ネットで稼ぐということ

これって、本当に大変なことです。自分のサイトに広告を貼ったところで、そうそう簡単に稼げるわけではありません。
また一億総ライター時代の今、ネットで記事を書く在宅ライターも多いと言いますが、そんなお仕事の中身を見てみると、報酬はかなり低いといえます。
もちろん記事の質によりけりでしょうが、所詮は素人ライターです。時に驚くほど稚拙な文章を目にすることもあります。内容もどこぞで見たような記事の寄せ集めで、これではお金を頂けるだけ御の字だなと思うような記事も少なくありません。
こんな書き手が安い単価で仕事を請け負うのが普通になってきているせいで、ネットのみならず紙媒体でさえも記事を書くハードルも報酬もダダ下がりになっているという話を以前プロのライターさんから聞いたことがあります。
今後ますます稼げない仕事になっていくでしょう。
よくネットでは、誰でもいとも簡単に稼げますみたいな記事が氾濫していますが、稼いでいる人はそれなりの知識や努力がある上、さらに学び、試行錯誤しながらそんなサイトを構築しているものです。それは想像するよりも多くの時間が必要なのではないかと思います。そんなことが誰にでもできるわけありません。
ましてや長年呑気にランチ会に勤しんできた専業主婦などには、かなりハードルの高いことです。
お金を目的として働くのなら、ネットではなく、時給いくらで外にパートにでも出た方が、よほど効率よく、早く結果を出すことができそうです。

ブログのすすめ

それらの理由から「お金」のためでなく「外に出たい」という専業主婦仲間には、レンタルオフィスやコアワーキングスペースに入り浸り、ブログを書くことをお勧めしました(笑)
グルメでもなんでも自分の好きなことを記事に、自由に書けるのは楽しいものです。
周りにいるお友達は専業主婦とは言え、なかなか面白い人生経験をもった人が多いのですよ。ちょっと変わっているというか、アクが強いというのか。。。
ただ毎日家事をしてランチして、なんてイメージがあるかもしれませんが、欲しいものがあれば海外のオークションにまで飛んで行って手に入れてきたり、子供を海外の大学へ行かせるために一人現地に乗り込み、トコトコと何週間もかけてリサーチしまくってきたり、都内でも面白いイベントなどがあれば、そこに必ず姿をあらわすなど、もう何振り構わず猪突猛進。
専業主婦という立場もなんのその、思い立ったらじっとしていられずに、すぐ動き出すという行動力のあるアラフィフ揃いです。
そのせいか話題も豊富で、会うたびに新しいネタが満載。私がランチ会へ足を運ぶのも、そんなおもしろ話が聞けるからなのです。
そんなネタ持ち専業主婦ですから、ブログに書くトピックには困らないでしょう。
歳のせいか、年々ドメスティックに向かう傾向にあるこんな専業主婦達ですが、記事を書く上でのネタの貯金は、これまでの人生経験で充分あるはずです。
お金を稼ぐために書くのは難儀ですが、それさえこだわらなければ、ブログは趣味の一つとして楽しいものよと進言しています。



当ブログ

このブログもアドセンスをはじめとする広告を貼っていますが、以上の理由からネットで稼ぐことは考えていません。
わずかでも、贅肉を増やす(美味しいものを食べる)足しになればという程度です。
私はとにかく外に出たいのです。
みんなにお勧めしたレンタルオフィスなども考えたことがありますが、その前にお友達のお仕事を手伝うことになり、その件は保留です(笑)

外で働くって、やっぱり面白いのですよね。人によって組織で働くことを嫌う人もいます。
私も若い頃はそんな考えで、フリーランス思考でしたが、今は少し違います。
本来自分が出会わないはずの人と出会うというのが、これほど興味深いものかと、改めて感じているのです。これは一人仕事では味わえなかったものです。
まぁ、一生そこに縛られて働き続けなければいけないという立場になれば、ウンザリするでしょうが、主婦が空いた時間にお仕事をと考えるならば、外で働くのも楽しいものだと思えます。
お仕事に行く日は、ブログに割く時間はこれまでのようにはなくなりましたが、帰ってきてブログを書くのもストレス発散(リラックスタイム)になっています。
本気で稼ぎたい!と考えている主婦には参考にならないかと思いますが、とにかく何かお仕事をしてみたい程度の考えなら、どうせブランクありのアラフィフにはろくな仕事もないので、ブログでも書いてみれば楽しいわよ。というお話でした。

Sponsored Link