専業主婦という生き物

〜フランキーの日常茶飯〜

Sponsored Link

甘酒豆乳では痩せなかったけど、美肌には効果あり。肌をきれいにする生活ってあると思う。


2年前から娘のすすめで飲み始めた甘酒。
温めた無糖の甘酒に豆乳をミックスした、ダイエットによろしいと言われる甘酒豆乳ですが、私はまったく痩せません。
それこそ夏はアイスで冬はホットでと、丸々2年も飲み続けていますが、甘酒ではちっともダイエット効果は感じられませんでした。

甘酒とダイエット

最初から、こんなに甘くて米糀から作られてるんだから、太る要素しかないんじゃないか⁉︎ と、疑心暗鬼になっておりましたが、その通りでした。
まぁ、太りこそしませんでしたが、痩せもしないといったところです。
多分、飲み方が悪いのでしょう。飲む点滴とか言われている甘酒なので、お食事の置き換えダイエットとしては効果があるのかも知れませんが、私は夕食後にデザート感覚で飲んでいました。そして、今でもそのように飲んでいます。
きっと「痩せた!」という人などは、朝ごはんや夜ご飯がわりに飲んだりしているのだと想像します。
結局のところ、人間食わなきゃ痩せる。動けばやせる。その逆をすれば太る。そんな単純なものなのですよ。
いくらグビグビと甘酒を飲み続けても、痩せるわけはないということです。

甘酒と美肌

こんなちっとも痩せない甘酒なのに、なぜ飲み続けているかというと、美容には効果があったからです。
肌がモチモチとします。飲み始めて数ヶ月経ったあたりから、肌の乾燥がなくなり、なんだかしっとり感が出てきたように感じます。
栄養が行き届いているのか、普段から洗いっぱなしでも乾燥しない私の肌ですが、この歳になると冬場はキツイのか所々乾燥してしまったりします。
ところが、甘酒を常飲するようになってからは、冬も乾燥知らずな元気いっぱいの肌になりました。
他には特別に肌の手入れなどはしていないので、きっと甘酒豆乳のお陰でしょう(確証なし)

好みの甘酒

この2年でありとあらゆるメーカーの甘酒を飲みましたが、基本的には無糖の粒々、ドロドロ甘酒なら、私はどれも美味しくいただけました。人によってはさらさらスッキリが好みという人も多いのですが、なんといってもデザート感覚で飲むので、粒々ドロリの方が飲み応えがあるというもの。
その中でも好きなメーカーは幾つかありますが、『国菊』さんの甘酒は手に入りやすいこともありお気に入りの一つです。


国菊 あまざけ 900ml × 6本

我流美肌生活の基本

肌というのは持って生まれた質というものがあります。特別な手入れなどしていなくても美肌の持ち主もいますし、高価な基礎化粧品を塗りたくっても肌の汚い人も沢山います。
私も若い頃は剥きたてゆで卵肌でした。今でこそ歳のせいで衰えは見て取れるものの、なんの手入れをしなくてもトラブルはありません。
こうした肌質も関係すると思うのですが、日頃の生活も大切なのではないかと思うのです。

ます、食べるものは大きく影響すること間違いなしでしょう。
ダイエットなどをすると分かりますが、途端に肌の状態が悪くなります。なんとなく潤いがなくなるというのが、肌が「栄養足りないんだよ!」と、元気をなくしているのがわかります。
逆に飽食を貪ってばかりいると、なんかギトギトしてくるというのか、脂ギッシュな感じになります。私はあまりニキビなどできないので、脂ギッシュになる程度ですが、人によってはニキビだらけになるという人もいます。

睡眠

睡眠も同様に大切です。しっかりと寝る時間が確保できない時は、やはり肌がガサゴソしますが、しっかりと睡眠がとれている時は、朝起きた時のモチモチ感が違います。
しかしただ寝ればいいってわけでもありません。お肌を休ませるゴールデンタイムがやはりベストであると実感しています。
専業主婦はその気になれば昼寝時間も確保できますが、昼寝ではダメなのです。人間はしっかり夜に寝て、昼に行動するようにデザインされているのですから。

日焼け

シミは若い頃には無縁のために気にしない人も多いと思うのですが、実は若い頃からしっかりと対策をしておかねばならないものです。
10代、20代で受けた紫外線の猛威は、その何十年後かに襲いかかってくるのです。
かつてサーファー気取りで海へ通っていたお友達などは、アラフォー過ぎてから大量のシミに悩まされています。
私は昔から半端ない消費量の日焼け止めを使用し、日傘も手放さず、夏場はほとんど海にも行かなかったので、今でもシミはあまり出てこないようです。

ストレス

ストレスに関しては、お肌の状態云々以前に、健康によろしくありません。害するのはメンタルだけではないのです。
私が大病をしたのも、長年にわたるストレスに満ちた生活の仕方が原因ではないかと思っています。
また、そんな重い病にかからずとも、ちょっとした時にストレスが原因の不調が現れたりすることもあります。
私も気付かぬうちにストレスが溜まっていたらしく、蕁麻疹で顔が膨れ上がったことがあります。

www.hw-frankie.com


最低限これらのことを気遣って生活していれば、お肌は整うものです。
季節によって、多少は違ったスキンケアをする必要が生じることもありますが、私は基本これだけ気をつけていればまずトラブルはありません。




まとめ

若い頃は体力もあり無茶をしがちですが、それが後に影響するのは間違いありません。
体を酷使し過ぎると、人生の半ばを過ぎてから、ドッとそのしわ寄せがやってくることを、若い子達には知っておいて欲しいのです。
美容の基本とは、化粧品に頼ることではなくて、基本的な生活を整えることに直結しています。まずそこから気遣いをして、あれこれ塗りたくるのは二の次にした方がよいというのが結論です。

さて、甘酒に関しては特別に詳細な検査などもしていないので、飲んだから体の中でどんな事が起こっているかなど知る由もありませんが、私感としてはなかなか効果ありといったところです。
美味しいし、体には悪くはないてしょうから、これからもグビグビと飲みたいと思っております。
アイスよりホット派の私なので、これからいよいよ温かい甘酒の美味しい季節です。

Sponsored Link