専業主婦という生き物

〜フランキーの日常茶飯〜

Sponsored Link

横浜中華街でお土産を買うの巻 その③『萬珍樓』の肉まん、あんまん。

中華街といえば肉まんです。しかし私にとって肉まんは、東京人でありながらも悔しいことに大阪の『551蓬莱』なのです。
もう大好きで大阪へ行くたびにたんまりと買ってきたり、また私の『551』好きを知る友人知人なども、大阪へ行った際には必ずお土産として差し入れてくれます。
しかし、最近は大阪へ行く用事もなく、すっかりご無沙汰です。




中華街を歩いていて、そう言えば最近は肉まんともご無沙汰だわ!と、早速お土産に買うことにしましたが、どこのものが美味しいのやら。。。
時間もないことだしと、通りかかった『萬珍樓』さんのもち豚を使用した肉まんをお土産にしました。

もち豚と言えば、PAOPAOのもち豚焼売です。私はとにかくこの焼売が大好きで、デパ地下へ行くたびに沢山買って朝食に食べているくらいです。
もち豚なら間違いなし!と思ってこちらの肉まんを購入しましたが、大正解!とても美味しかったです。

中華街が売られている肉まんはジャンボサイズです。
私が普段使用している電子レンジ用蒸し容器にも入りきりません。

本来ならきちんと蒸し器で蒸した方が美味しく頂けるのですが、面倒なので水にくぐらせてからレンジでチン。
調理説明にはレンジだと皮が硬くなるので蒸し器で温めるのがお勧めと書かれていましたが、いやいやレンジでも十分にふっくらと仕上がりました。

豚肉と玉ねぎ、塩味だけのシンプルな肉まんですが、『551』とはまた違ったあっさりとしたお味で、これはこれで美味しいものだなぁと、ちょっと肉まんに対するイメージが変わりました。

ついでに小さなサイズのあんまんも一緒にお買い上げ。


またお水にくぐらせてレンジでチンしました。

中華饅のあん饅って、日本のお饅頭の餡子とはちょっと風味が違うというのか、なんとも濃厚で美味しいのですよね。こちらのあん饅もしかりです。
小さなサイズ6個入りのパックを買いましたが、やっぱりドンと大きいサイズにすればよかったと、ちょっぴり後悔したのでした。。。

Sponsored Link