専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

相変わらずの行列店、伊勢丹新宿『鈴懸』のいちご大福と季節の和菓子など。

1月の終わりだか、2月の頭だったか?
少し前のことになりますが、季節も変わったことだしと、伊勢丹新宿デパ地下にある『鈴懸』さんを覗いてきました。

定番菓子も含め、季節ごとに変わるお菓子はどれも魅力的で、あれもこれもと食べてみたくなりますが、なにぶん和菓子は消費期限が当日のものがほとんど。
2日とあってもやはりその日のうちに食べるにこしたことはないので、たくさんの種類を買って帰ることができません。

そんな中、こちらをお持ち帰りしてきました。

苺大福

福岡県産の大きなあまおうが丸々一個。
薄くて柔らかな求肥に包まれています。

餡は鈴懸さん特有の皮むき小豆のさらりとしたこし餡です。

蓬乃餡餅

古典カラーとも言える深い蓬色が美しい餡餅。

皮は薄いけれど蓬の香が濃厚で、どっしりとした粒餡の美味しさを引き立ててくれる、とても美味しい餡餅。
私のおすすめです。

桜餅

箱を開けると、部屋中に桜の香りが充満するほど香りの高い桜餅です。

東京では桜餅といえば薄いクレープ状の皮が使われる「長命寺」ですが、西の地域ではもち米で餡子を包んだ「道明寺」です。
『鈴懸』さんのホームタウンである九州はといえば、「道明寺」でした。

二枚の桜の葉に包まれた桜餅はしっかりと粒を残しながらも粘着性があり、もちもちとしています。

餡子はさらりとした薄いこし餡です。

やぶれ饅頭

薄い皮に包まれた、餡子を主役の据えたようやお饅頭ですが、それだけに粒餡の美味しさが引き立っています。
この薄い皮、実はものすごく美味しくて、できることなら別バージョンでこの皮をたっぷり使ったお饅頭が食べたいくらいです。

シンプルだからこそ、時折食べたくなる飽きのこないスタンダードなお饅頭です。

ボウロ

最初の印象は洋菓子のようですが、食べているうちに、やっぱり和菓子だわ。。。という面白いお菓子です。

「洋」のエッセンスを取り入れた、蜂蜜風味で、中の黄身餡はやはり「和」が感じられるテイスト。『鈴懸』さんの他の和菓子とはまた違った味わいです。

『鈴懸』さんの和菓子は概して皮が薄く繊細です。そのくせに、しっかりと素材の持つ力を前面に押し出してきます。
それは餡子を引き立てるための脇役のように見せながらも、実は主役はあなた?と思わせるような和菓子なのです。
皮と餡、同じくらいの美味しさが楽しめる『鈴懸』さんの和菓子は、やっぱり大好きでやめられません。

相変わらず行列に並び、待たなければいけないほどの人気店ですが、これだけ美味しければそれも致し方ありませんね。
これからも、大人しく待って、小さな幸せにあやかります。。。

ちなみにの季節お菓子では、こんな節分の豆菓子ものもありました(訪れたのは節分前でしたので。。。)。

子供達も成長し、豆まきから卒業した我が家なので、来年はこんなお菓子を買って、一人で節分を楽しもうかと思ったのでした。。。


www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com

Happy Valentine’s Day !甘いチョコレートに怒りも溶かされて。。。

今日がヴァレンタインズデーであることをすっかり忘れていました。
ここ数日、体調を整えようと甘いものを控えていたせいもあります。

美味しそうなお菓子が並ぶ洋菓子店、和菓子店には近づかない!そう自分に言い聞かせ、出かけても用事が済めば真っ直ぐに帰宅するという味気ない毎日を送っていたのです。

巷に溢れるチョコレートを避けたところで、この時期はスーパーへ行ってもコンビニへ行っても、はたまたテレビを観ても、至る所でバレンタイン尽くしです。

おまけに私の脳内では常に甘いものが踊っています。真っ白なクリームたっぷりのふわふわケーキ、褐色にツヤツヤと輝くチョコレート、真っ黒な餡子の詰まったお饅頭。。。常に甘いものに支配されています。




外国人夫曰く、私はスイーツaddictなんだそう。甘いもの中毒ということですね。

「シュガーは身体によくないぞ!」

自分のことは思い切り棚に上げた外国人夫からは毎日のように言われますが、年に2回の健康診断ではなかなか優秀な数字を出している私。
こんなに甘いものばかり毎日食べているのに自分でも不思議です。。。

しかし過信は禁物と、こうして時折甘いもの断食をするのですが、今日は娘がチョコレートのプレゼントをくれました。

これはバレンタインデーにかこつけたお詫びなのです。

数日前、大学生の娘が帰宅時間のルールを破ったことで、怒り心頭だった私。
最近、遊びまくっていることも気になっていた挙句のルール違反です。ここで簡単に許しては、親としての示しがつきません。

日頃から、外国人夫からも「あなたは子供達に対して、もっと厳しくすべきだ!」などと苦言を呈されていたのに対し、「あなたは自分の子供達のことが信用できないの?」などと言っていた私。

今回のことで外国人夫はまるで鬼の首でも取ったように、それ見たことか!と日頃の恨みを晴らさんばかりの嫌味の応酬。
お陰でこちらの面目は丸つぶれです。。。

ちょっとやそっとのことでは怒りが収まらず、散々お説教をした挙句、大人気なくも素気無い態度で娘に接していたのです。

いつもとは違う母の態度に、これはちょっとまずいかも。。。

とでも思ったのか、帰宅した娘が、

「Happy Valentine's Day.....

これ、プレゼント。。。。」

そう言って、チョコレートを差し出したのでした。

私の大好きなリンツのリンドールです。。。
しかもバレンタインデー仕様の可愛らしいラッピング。



普段はないハートの形のチョコ。

思わず「わーい!」と歓声を上げそうになるのをぐっとこらえて、どうしたものかと思案する私。

喜び勇んでチョコレートを食べるか、

「スイーツごときで私の機嫌は直りません!」

そう言って拒絶すべきか。。。

「これ、反省のしるしかしら?」

とりあえず、チョコレートを目にした途端に頬を緩めるのもどうかと一言牽制。

「それもあるけど、バレンタインデーだから、ダディーとマミーにと思って、前から用意してたの。。。」

「いま、甘いものやめてるみたいだから、食べ過ぎないように小さいのだけど。。。」

そんなことを言われたら、いつまでも、プンプン怒っているわけにはいかなくなってしまいました。

やはり私は甘いのでしょうか。。。

一方の外国人夫はといえば、私には散々子供達に厳しくしろ!と言っておきながら、いざ娘にそんなことを言われると、

「いや、ダディーはキミのことが心配なだけだよ。マミーはとても怒ってるけどね。チョコレート、ありがとう!」

ですってよ!

このままではこの小賢しい外国人夫に、チョコレートも娘の心も独り占めされてしまう!

それは阻止しなければ。。。

そんなわけで、ありがたく頂くことにしました(笑)

結局、私の怒りは甘いチョコレートによって溶かされてしまったのでした。

思えば、娘は私のご機嫌とりをするときは、決まってチョコレートのプレゼントをしてきます。
どうすれば氷のように冷たくなった母の心を溶かすのかがわかっているようです。

都合よく解釈すれば、それだけ私のことをわかってくれているということなのでしょう。

反省もしているようだし、今回はバレンタインデーに免じて許してあげることにしました。

チョコレートを食べたついでに、そろそろ私も甘いもの解禁としましょうか。

いま、とっても食べたいものがあるので、明日にでも早速。。。うふ。

何はともあれ、ハッピー・バレンタインデー!

なんだかんだ言ってもやっぱりミスタードーナツが好き。トシ・ヨロイズカもミスドとコラボだし。

ミスドのある街に住む、またはお勤めのお人が我が家へ来る際、「手土産はなにが食べたい?」と聞かれれば、100%「ミスドのドーナツ!」と答えます。

ドーナツが大好きなのですが、我が家の近辺に「ミスタードーナツ」はないからです。

『ミスタードーナツ』といえば、アメリカのドーナツチェーン店ですが、我が日本においてもダンキンドーナツ同様にドーナツショップの元祖と言っても過言ではないほど、我々世代には馴染みのあるドーナツショップです。

もともとダンキンドーナツとミスタードーナツはオーナーが親族関係であったらしいのですが、のちにミスドはダンキンに吸収合併されたという、お家騒動チックな展開もあったようです。

そんなお家事情はさておき、「ミスタードーナツ」は我らアラフィフにとっては、思い出のドーナツショップといってもいいのではないでしょうか。

いまの子供達にはスタバなどがありますが、当時はシアトル系のコーヒーショップなどというものはありませんでした。
10代の学生にとっては、学校帰りに寄ってお友達とわいわいできるのは、マックなどのバーガーショップか街の喫茶店くらいでした。
そんな中、「ミスタードーナツ」の登場によって女子学生達が胃袋を満たしながら、お友達と過ごせる新たな場所ができたのです。

私はバーガーショップがあまり好きではなかったし、学生時代は学校以外のお友達関係が中心だったので、下校後のそんなお付き合いはしませんでしたが、学校帰りに小腹が空くと、一人でふらりとミスドに寄ってはドーナツを食べていたものです。
(お蕎麦やさんにも通いましたが。笑)




さて、そんな『ミスタードーナツ』を客人がお土産に買ってきてくれました。
(といいますか、「買ってきてよ!」とお願いしたのですが)

この客人、私のことは幼い頃からよく知っている間柄なので、決して好みも外しません(笑)

私は昔からスタンダードなフワフワ系のドーナツばかり食べていました。今でも好みは同じで大好きです。

チョコリング

ハニーディップ

フレンチクルーラー

我が家の子供達は断然「ポンデリング」派なので、ズラッとポンデリング。



(このキャラメルのポンデリング、美味しかったです)

私のお友達以外は、みなさん手土産となると「子供達が喜ぶもの!」ということを第一に選んでくださるのです。。。

こんなものも。。。

「misdo meets Toshi Yoroizuka」
そう銘打ってのコラボドーナツだそうです。


他にも種類が沢山あるそうですが、なぜかこの一つだけが鎧塚さん。。。

「もっと他のも欲しかったー!」

とバタバタ暴れると、

「おまえはこういうブランドとのコラボとか好きじゃないだろう?」

幼い頃からの付き合いで、私の天邪鬼ぶりが十分にわかっているのです。。。

「私だって大人になったのよ。この歳になって、食べ物に関しては柔軟性が養われたの!」

「食べ物にだけか?」

などとからかわれましたが、文句ばかり言っていけませんね。。。
スタンダードの方が好きだろうということで、私の好きなもの、子供達の好きなものを選んでくれ、お味見に一つだけ鎧塚という配慮あってのことです。

とってもとっても久しぶりに食べましたが、やっぱりいいですね〜。
我が家の近辺にも色々とおしゃれなドーナツショップはあり、どこのドーナツも美味しいのですが、なんだかんだ言っても懐かしの味です。

やっぱり「ミスドのドーナツ」大好き!

www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com

麻布十番の手土産なら『しろいくろ』のお菓子がおすすめ。塩黒豆大福、ロールケーキとガトーショコラなど。

お友達から何度か手土産で頂いたことのある麻布十番の『しろいくろ』さんのお菓子ですが、食べたことのないガトーショコラが食べてみたくて、初めてお店へ行って参りました。




麻布十番商店街から一本裏道に入ったところにあります。お休みの日などは商店街が混み合っているため、こちらの道を通り抜けることも多く、過去に通ったことは数知れずですが、いつも閉まっているか、混雑しているかで、どうもタイミングを逸していたのですが、今回はきちんと営業日や開店時間を調べ、空いていそうな時を選び足を運んでみました。

中でお茶を飲みながら、お菓子も頂けるようですね。


塩黒豆大福

こちらの豆大福、初めて食べた時から大ファンです。
小粒な大福の中に大粒の丹波黒豆がゴロゴロと入っています。

これまで私が食べてきた大福とは皮も餡子も全く違う味わいで、私の中では豆大福と言うよりは別のカテゴリーにしたいと思うほど。

餡子は塩黒豆の入ったこし餡。
一口食べると、黒豆の香りが広がり「この餡子はなに⁉︎」と違いに気づきます。

そして甘さを抑えた餡子の中で塩気のきいた黒豆が顔を出し、一味違う餡子の美味しさを楽しめるというもの。
皮は求肥でなくお餅のようで、しっかりとした弾力があります。

とても小さな大福ですが、その姿が上品な印象を与えてくれるので手土産にも最適です。

塩黒豆ロールケーキ(しろ+くろ)

こちらはハーフ&ハーフです。それぞれ3カットずつ

[くろ]

竹炭とココアを使用した黒い生地にたっぷりのクリームが詰まっています。
クリームは生クリームと思いきや、チーズクリームなのです。


その中に大粒の丹波黒豆と赤すぐりの実がポツンと入っています。

[しろ]

レモンでしょうか、爽やかな風味の真っ白な生地に、黒豆の風味漂うクリーム。黒豆大福の餡と似たニュアンスのお豆テイストのクリームです。


そしてこちらにも大粒のふっくら丹波黒豆がコロコロと入っています。
ロールケーキというと洋菓子ですが、お味の印象が完全に和菓子という、ちょっと驚きの[しろ]です。

さて、「しろ」か「くろ」かどちらが好み?
「くろ」の方が人気があるそうです。お友達の間でも断然「くろ」派が多いのですが、私は「しろ」が好きです。

天邪鬼だからというわけではありませんよ(笑)黒豆好きなので、よりお豆の香りが濃厚に感じられる「しろ」が好きということです。

ロールケーキはかなりボリュームがあり、一つ食べればもう満足!
私はいつも「しろ」と「くろ」を半分ずつ切り分けて、それぞれ娘とシェアしています。一度に2つはさすがに食べきれません。。。

ガトーショコラ

大きな丹波黒豆がトップに4つ並んだガトーショコラ。


甘さはかなり控えめですが、カカオの風味はかなり濃厚です。余計なものが一切そぎ落とされた素朴なガトーショコラで、私はとっても好きなタイプのお味でした。

こちらのお菓子、とにかく全てモノトーンです。
お味に関しては、一言で言えば「黒豆が主役!」とそんな印象です。

とにかくふっくらと大粒な丹波黒豆は風味もよくお菓子に多大なるアクセントを与えてくれています。
このお豆だけでも食べる価値あり。。。
黒豆好きさんには是非ともお試しして頂きたいお菓子です。




今回のお目当てであったガトーショコラは、そんな中ではかなりオーソドックスなイメージを持ちましたが、控えめで品の良い甘さは共通するところ。

こちらのお店のお菓子はこれまで頂きものも含め、今回ご紹介した3品しか頂いたことがありませんが、どれも「和菓子」とは一言では表せない新鮮さを感じます。
和菓子とも言えるし、洋菓子でもおかしくない。そんな不思議なお味です。

これまで頂くばかりでしたが、改めてお味、ビジュアル共に、手土産にはうってつけであると感じた『しろいくろ』さんのお菓子なのでした。

www.shiroikuro.com



www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com

六本木ヒルズ限定、ベイユヴェールのスフレバーガーフロマージュ。12月末までの期間限定ポップアップショップ。

六本木ヒルズに『MON PETIT PLAISIR beillevaire』(モン・プチ・プレジール ベイユヴェール)のショップが現れたのは、昨年のこと。なんでも400日限りの期間限定ポップアップだそう。

この店舗のある場所は、ヒルズのノースタワーですぐお隣にはバーガーショップの『Shake Shack』(シェイク シャック)があり、以前は確かパイのお店だったと記憶しています。
その前は?『コールドストーンアイスクリーム』だったこともあります。とにかくよくテナントの変わる場所なのです。





『beillevaire』といえば、過去記事にもあげたことがある通り、一時期麻布十番の方のお店にはよく行っていました。
一時期の熱は冷め、最近はすっかりご無沙汰していましたが、ヒルズ店にはあちらの店舗にはない新商品があるではありませんか⁉︎

この前を通るたびに、六本木ヒルズ店限定だという「スフレバーガーフロマージュ」が気になって、気になって。。。(笑)
しかしポップアップショップといえど、一年以上もあることだし。。。家族はみんなダイエット中だし。。。私も少し痩せたいし。。。と、そんなことを考えながら、横目で見て通り過ぎていました。

しかし、どうにも我慢しきれなくなり、とうとう入店しました。

スフレ・バーガー・フロマージュ

バーガーのようにラッピングされています。

普通のバーガーよりも一回り、いえふた回りくらい小さいサイズですが、中身はしっかりこんもりと入っています。

チーズの香り豊かで、とってもまろやか。甘さ控えめのクリーミーバーガーです。

このまま食べても美味しく頂けますが、オレンジやレモンゼストをパラパラとかけたり、アレンジしてもまた違った美味しさが味わえます。


フロマージュ・プディング

こちらは以前、頂き物で食べたことがあり、とても美味しかったのでお持ち帰りすることに。

シンプルにして、こってりと濃厚なフロマージュ。それだけで勝負しているプリンです。




ガトー・ヴェリーヌ

こちらは外国人夫が好きそうなので、ついでに(笑)
初めてのお味見だったので、「塩キャラメルパンプキン」1種類だけ。


大きなナッツ、キャラメルソース、クリームチーズ、そして柑橘系の香りがするパンプキンのババロアみたいなものが段々と層になっています。


上から下まで一気にすくい取って食べてこそ、このスイーツの美味しさが味わえます。それぞれがミックスされた時のバランスが絶妙です。


他のものはともかく、このショップ限定の「スフレバーガーフロマージュ」は、とにかく美味しくて、これからも前を通るたびにお持ち帰りしてしまいそうです。

いいのだか悪いのだか、ダイエットの敵がまた現れてしいました。。。

あと一年はあるので、きっと何度かリピートすることは間違いないでしょう。。。
(この記事を下書きしてから1週間ほど経ちますが、その後すでに2回も行ってしまいました。。。確実に太ります)

さらには。。。
今年2月20日には新宿伊勢丹に2号店がオープンする予定だそうです。
新宿店限定の新商品もあるようなので、こちらもまた要チェックなのでした。

www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com