専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

まずい七草粥をいかに美味しく食べるか⁉︎ 邪道だけどアレンジしてみたら美味しくなった。

1月7日は朝に七草粥を食べる日です。
無病息災を祈るとともに、正月料理で疲れた胃腸を休める、また冬場に不足しがちな青野菜の補給などといった意味があるようです。

私は風習とか行事にはあまり興味がなく、割と無頓着な方なのですが、この日はこれを食べる日!というのは外しません!(笑)

それが例えあまり美味しいと思えない七草粥でもです。

「春の七草」なんて言うと、ちょっとウキウキ素敵な感じがしますが、実際に食べてみると「草だな。。。」と。

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、仏の座、すずな、すずしろ。

すずしろは「大根」、すずなは「カブ」です。この辺りの野菜なら普段から口にすることはありますが、他はまったくです。セリくらいならお浸しで食べると美味し〜とか言っているお友達もいますが、私はあまり好きではありません。
なのでまさに「草」いや、「雑草」を食べているのか、私⁉︎ といった気持ちになるのです。

白粥に七草を入れただけのお粥では、まったく美味しさは感じられません。それでも毎年1月7日にはお粥にして、「美味しくな〜い!」「苦手だ〜」という家族の声を抑え、無理矢理食べていたのです。

しかしです。今年はちょっとアレンジしてみることに。
まずは白粥でなく鶏出汁でお粥を炊いてみました。
使ったのは、茅乃舎さんのお出汁です。

この鶏出汁、とってもしっかりした味でお気に入り。スープや鍋などあらゆる汁物に使っています。
茅乃舎さんのお出汁は頂くことも、また贈ることも多いものなので、自然と家にも常備されています。

そんなお気に入りの鶏出汁に「ろく助」の塩を加えただけで、あら不思議!美味しい七草粥となりました。
邪道かもしれませんが、どうせ食べるなら美味しく食べたいものです。来年からは、このスタイルで朝の七草粥を頂くことにします。

追記
少し残った七草粥を中華粥っぽくしてみようと、実験的に「創味シャンタン」を加えて味見してみました。
こちらも中華料理チックなものを作るときにお世話になっています。

そんな創味シャンタン味の七草粥も美味しかった!
「草」だけでなくチキンや搾菜なんかを入れるとなお良しといった感じ。
なんだかますます邪道になっていく気がしますがね(笑)