専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

麻布台は榎屋の『かりんとう饅頭』。東京で買えるおすすめかりんとう饅頭は温めても冷やしてもグッドなのです。

飯倉片町へ行く途中、たまたま通りかかった『榎屋』さん。何年も前にかりんとう饅頭を買いに来ていたお店です。

先日、表参道にある新潟県のアンテナショップ『新潟館ネスパス』で買った「かりんとう饅頭」が思いのほか美味しくて「かりんとう饅頭」熱がちょこっと再燃!なんて記事をかきました。

www.hw-frankie.com




そこで思い出したのがこの店です。近くを通りかかったついでに、久しぶりに寄ってみました。


従来のかりんとう饅頭の他に、お芋のかりんとう饅頭「芋かりん」、柚子のかりんとう饅頭「柚子かりん」というものがあったので、お味見に一つずつ買ってみました。


一つ一つ紙に包んでくれるのですが、この紙に美味しく食べるためにトースターで温める方法などが記されています。

こちら、手前が「かりんとう饅頭」で、奥が「芋かりん」です。

「かりんとう饅頭」の餡はあっさりとした感じの粒あんです。
オーブントースターを200℃に設定して3分ほど温め、スイッチを切ってからかりんとう饅頭を入れて、余熱で3分ほど温めてから食べると、表面がカリカリ、サクサクになります。

「芋かりん」はお芋の餡で、かなり甘かったです。

そして「柚子かりん」。皮に白胡麻が入っています。餡にはしっかり果肉も入っているので柚子の風味が強く、かりんとう饅頭とはまた違ったお饅頭として美味しく頂けました。


「芋かりん」と「柚子かりん」、ぱっと見中身は似ています。

消費期限は当日です。
今回は「かりんとう饅頭」4個と、「芋かりん」「柚子かりん」それぞれ一つずつの計6個だったので、家族ですぐに食べてしまいましたが、食べきれなかった時は冷凍して「アイスかりんとう饅頭」としてもいただけます。夏などは一晩冷凍してアイスのように食べるのもグッドです。
説明書きもあります。

本当に何年振りかで食べた榎屋さんの「かりんとう饅頭」でしたが、やっぱり美味しい!
私が生まれて初めて食べたのがこちらのものだったので、思い入れもあります。
しばらくご無沙汰していましたが、またちょこちょこ来なければ!と思いました。

ちなみに「かりんとう饅頭」の他に大福やおかきもあります。