専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

顔ヨガの効果はいかに?ビフォーアフターの写真にモヤモヤしながらも変顔を作る。

最近話題になっている顔ヨガ。
たるみ、シワ、小ジワと日々戦っている我らアラフィフ専業主婦の間でも話題になっています。




顔ヨガとは

またの名をフェイシャルヨガという美顔健康法の一つです。
呼吸法などを用いながら、顔の中にある60種もの表情筋を鍛えるトレーニング方法で、血行やリンパの流れを促し、新陳代謝を活発にすることでダラリと垂れ下がった顔筋を蘇らせる効果があるといいます。

ヨガなどと聞くと、どうも心身鍛錬、精神統一など、健康というよりは精神性重視の宗教チックなものをイメージしてしまいます。
私などはそんなものに一旦ハマりでもしたら、毎日三食お肉の代わりに大豆マメと葉っぱしか食べないわよ!と、ハードコアなビーガンになり、事あるごとにヨガの呼吸法を駆使して、心はどこかへワープしているような状態になるでしょう。考えただけで恐ろしく、私にとって安易に足を踏み入れられない領域なのです。

しかし、どうも顔ヨガはそんな通常のヨガとは違い、精神性よりも美容という、ちょっと俗物的雰囲気が前面に出ていて、本来のヨガ精神とは真逆なことが真の目的となっているようなイメージがあるのです。


さて、近頃顔の劣化が著しく、化粧をしてももはや隠しきれないところまできてしまったお顔。
そんな悩みを美容オタのお友達に相談したところ

「顔ヨガよ! 顔ヨガで鍛えて若返りを目指すのよ!」

そう助言されました。

藁をも掴むとはまさにこのこと、もうなんでもいいから出来ることはトライしてやるわ!と、早速リサーチを開始したわけなのです。



1週間で劇的変化! 10秒顔ヨガパーフェクトプログラム



間々田佳子の顔ヨガで即たるみ上げ&小顔 (ぴあmook) [ 間々田佳子 ]

ネットで見るビフォーアフターのトリック

とにかく一番知りたいのは、その効果のほどです。そこでネットなどで「顔ヨガ 」と検索をし、画像をクリック。するとそれに関連する写真が沢山出てきました。

これは家族にすら見せられないぞ!というような変顔が羅列されていますが、その中に出てくるのがよくあるビフォーアフターです。
これだけ効果がありました!とばかりに比較写真が出てくるわけですが、ここで「おや?」と眉間にシワが寄るのは、その写真の違和感によるものです。

そこまでやるか⁉︎ 明暗くっきり。

まず、一番に気になるのが、どれもこれも写真の明るさが違うことです。
ビフォーは黄色味がかった少し暗めの写真ですが、アフターの方は必ず白っぽく陰影を飛ばした写真です。
メイクでもラメ効果やコンシーラー等でお顔の陰影を飛ばし、シワやクマなどを目立たなくしたり、写真でもレフ板こそ立てないもののなるべく明るい光を当てて誤魔化そうとするのはもはや素人でもやっていることです。
これはさすがに反則ではないか⁉︎ とモヤモヤ。

アングルが違うでしょ⁉︎

写真を撮る時の角度が違うものもチラホラと見受けられます。
ビフォーは心持ち顔が下向きですが、これがアフターになると、「見なさいな!」とばかりに顎をあげています。これで頬のたるみを引っ張りあげてない⁉︎とモヤモヤ。
すごいのになると、ちょこっと斜めからのショットだったりと、これじゃ比較にならないわ!といったものすらあります。

引きショットはズルい!

また写真によってはアフターの写真は引き気味にとられていて、お顔が小さく写っています。
これではいくらなんでも比較にはなりません。

目を見開いちゃう⁉︎

こちらも気になるところでして、ビフォーはダランと緩んだ目をしているのですが、アフターになると途端に目ヂカラを発揮します。
目がパッチリとしていれば若々しく見えるのも当然です。

スマイル⁉︎

伏し目がちの無表情と目を見開いたニッコリ笑顔では顔の造作以前に雰囲気も違います。
当然ニッコリ笑顔の方が活き活きとした表情になります。
印象というのはとても大切なもので、朗らかな印象の人は陰気臭い人よりも当然人に与える印象は良いものです。
ビフォーアフターの写真も然りで、それはまるで「こんな欠点が改善されました!」というより、「素敵になって明るくなりました!」とキャプションを打った方がいいのではないか⁉︎と思うほどなのです。

あれこれと難癖をつけてみましたが、つまりビフォーは「正真正銘まんまの顔」に対して、アフターは「白く陰影を飛ばし、顎をあげ気味に、引き気味ショットで、目を見開いて、笑顔を作る」といったテクニックが駆使されているのは明白ということです!


そんな写真を見ては「小細工しなきゃいけないってことでしょ?本当に効果はあるの〜?」「正々堂々と見せられないというのは、効果がない証拠ではないかしら⁉︎」と猜疑心がムクムク。
モヤモヤしてならないのです。



ネットで見るユーザーの検証

このような美容系記事の画像というのは、殆どが宣伝に使用するために撮影されたものと思われます。
美容クリームや機器も同様で、ネットなどで検索をかけてみると、どれも発売元や販促に関連するものばかり。
「私が知りたいのはユーザーの感想よ!」というのがネットリサーチする人の本音だと思うのですが、口コミこそあれ、素人ユーザーがビフォーアフター写真を掲載している記事は本当に少ないのです。
個人のブログにおいてもほとんどがアフィリエイト目的の記事です。『◯◯の効果はあるのか⁉︎ 実際にやってみました!』などと期待をそそるタイトルに釣られて見たものの、記事を読んでも写真を見ても、商品購入サイトへの誘導ばかりが目立ち、確かな効果があったのかなかったのか、「だから、どうだったのよ⁉︎」という感想を持つものばかりです。
そもそも個人ブログで顔出し、しかもノーメイクのビフォーアフター写真などを好んで出す人はほとんどいないと思われます。私なら絶対に無理です!

生の口コミ

ネットでの情報も参考にならないとなると、次に探すのが自分の周りにいる人で実際に実践したという人の感想です。
美容に関してはとりわけ心血注いでいるアラフィフ専業主婦達、話題になっている美容法や美容器具については、誰かしら実践した人がいるものです。
しかし、それも人によって感想は様々、「これは効くわ!」という人がいたかと思えば、「あら、私は全然効果なかったわよ」など、ひどいのになれば「三日坊主で終わったわ」など、参考になるんだかならないんだか。。。といった感じなのです。
また、今回の「顔ヨガ」のようにやり始めたばかりで、まだ効果のほどはわからないなど、生の口コミを得ることも容易ではありません。

自分で検証するしかない!

そうなると、最後の手段は自分で実際にやってみて、どう変化していくかを見るしかないということになります。
そこで、私も「顔ヨガ」始めてみましたよ!
毎日朝晩、変顔を作り眼筋を鍛えまくっています。まだ始めてから1週間ほどですが、変化はありません。
この変化ですが、日々の微々たる変化は毎日見ている分気づきにくいものです。そこで、私もビフォーアフター検証するため、ビフォーの写真を自撮りしましたよ!。
見るに耐えないノーメイクの写真をアップで。それに加えて目の下のクマ、たるみ部分、おでこや眉間のシワ、そしてほうれい線などスポットショットもドアップで撮りました。

自分でもドン引きするような写真をネットで晒すほどの勇気はないのでお見せできないのが残念ですが、数ヶ月後にどうなっているか、モヤモヤするようなサンプルのビフォーアフター写真ではなく、まさに正真正銘のビフォーアフターでいかほどの効果があるか、自らの顔でもって検証します。
もちろんそんな写真をネットで上げるつもりもなく、お役には立てそうにありませんが。。。

Sponsored Link