専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

ダイエットに正解はない!唯一、間違いないのは「食べなきゃ痩せる」それだけだ。

例年冬から太り始めるため、普通であればこの時期はダイエットの佳境を迎えている頃なのですが、この冬は体重を大幅に増やすこともなかったので、余裕綽々としておりました。

しかし、ちょっとでも油断をすると取り返しのつかない事になるのがアラフィフのカラダです。




最近の私ったら、ちっとも太らないわ!と調子に乗って、カレーライス、天丼、鰻重、牛丼などなど、普段はあまり食べない白米を爆食いするという炭水化物祭を行ったところ、なにやらお腹がぽっこり。
そこで久しぶりに体重計に乗ってみたところ、「なんじゃこりゃ〜⁉︎」と、松田優作ばりの奇声を発する事態となったのです(表現が古いわ)。

おかしいわ。。。つい1ヶ月前に炭水化物祭をした際には、太ることはなかったのに。
これまで、自分は炭水化物で太りやすい体質だと思っていたので気をつけていたのですが、1ヶ月前に羽目を外したとき、全く太ることもなく、むしろ体重が落ちたのです。
「これは体質が変わったのかもしれないわ!」
そう淡い期待をもって臨んだ炭水化物祭でしたが、体質など変わっておらず、期待も虚しくしっかりと脂肪を蓄えたのでした。

せっかくダイエットなしで過ごせるわ!と思っていたのに、これから夏本番という時期にきての緊急事態です。わずか1週間程度の炭水化物祭の結果が2キロ強の体重増加という(涙)

いやいや、ウォーキングとかしているし、ひょっとしてこれは脂肪ではなく、筋肉ついたとか?
脂肪よりも筋肉の方が重いって言うしさ。

そんなふうに、現実をなんとか煙に巻こうとする自分を制し、「このお腹、二の腕をご覧なさいな!これは確かなエビデンスよ!」
鏡に向かいて膨らんだお腹と逞しき二の腕を直視したのでした。

新たに出現した脂肪の存在を認めたからには放っておくわけにはいきません。
これまで実践してきた様々ダイエットを思い起こし、即効性があり手間もお金もかからず、なおかつ楽な減量法は?と思い浮かべるも、喉元過ぎれば忘れる性格ゆえ、良いアイディアが浮かんできません。

そこでGoogleさんに尋ねてみることに。もう何かというとGoogle頼りです。
それは期待を裏切らず、思った通り数々のダイエット情報を提供してくれたのです。

しかし、再び記憶の糸を辿ってみると、大した成果もなかったダイエット法ばかりです。
口コミでは「痩せた!」と評価の高い方法も、私には通用しなかったのです。

結局のところ、ダイエット方法などというのは、万人に効果のあるものではなく、人それぞれの体質や生活習慣によるもので、そういう意味では正解はないのです。
自分に合ったダイエット方法をいかに見つけるか⁉︎ それがダイエット成功への道というわけです。

唯一、誰でも痩せられる方法があるとしたら、それは「食べない!」その一言に尽きるのではないでしょうか。

しかしこの旺盛な食欲がそれを許しません。
そして、産まれてきたからには、この世にあるありとあらゆる美味しいものを食べたい!という欲は、たとえ美と対峙した時でさえも、衰えることはないのです。
「食欲」と「美」、この二つをいかに折り合いをつけながら、バランスよく満足させていくか?
これは私の永遠のテーマと言っても過言ではないなでしょう。

ここで結論が出てしまいました(笑)
とりあえず、「美」のために食欲を抑え、元の体重もしくはそれ以下に減量した後、食欲を満たせばいいということですね。

摂取したカロリーは脂肪に変身するまでの3日間で始末をつけろ!
体型維持の鉄則です。この機を逃すと、さらに事態は深刻化することになるので、意志を強く持たねばなりません。

そこで、いくつかの決め事をすることにしました。

・スイーツ厳禁
・炭水化物厳禁
・間食厳禁
・食べ過ぎ厳禁

甘いお菓子はもちろん、煎餅やチップスもダメ。食事も丼ものなど炭水化物を多く摂取するものはもってのほか。どんなにお腹が空いても、次の食事までは我慢。そして、お腹いっぱいには食べず腹8分目をキープ。

なにを食べるかはその時食べたいもの。炭水化物さえ多くとらなければ、こだわることなし。米やパン、芋類などはNG。しかしトンカツや天ぷらの衣くらいならOK。
とにかく質よりも量に注意を払うこと!

以上を減量達成するまで継続!

そして実践した結果、3日目には元に戻っておりました。

ほらね、やっぱり食べなきゃ痩せるのよ。というか、これほど早く戻るとは、どれだけ食べていたのよ自分⁉︎
そう思わないではいられません。
量もさることながら、甘い甘いスイーツを控えたのも勝因の一つでしょう!
これからは気をつけます。。。




今回、ダイエットについて改めて思ったのは、自分の体質やコンディションに合わせてダイエットをカスタマイズするのが一番ということです。
それには数々のダイエットを実践しては失敗するという、豊富な経験が不可欠ですが、「万年そんなデブじゃないわよ!」と言いたい人もいるかもしれません。
そんな人は食べなきゃ痩せる!と思っていればいいでしょう。

どうしても痩せたければ、アスリート並みに食べた以上に運動でもすれば確実に痩せます。

それが出来れば誰でもやりますがね。。。
ダイエットとは至極簡単なことなのに、何故こうも苦労が多いのか。全ては「欲」によるものなのですね。
本当に厄介なテーマです。

www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com

Sponsored Link