専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

結婚以外の幸せ。結婚はしないけど、独りじゃない人生を選択したアラフォー女性のお話。

先日、パーティーで出会った婚活アラフォー女子についての記事をアップしましたが、そのパーティーで、全く違う選択をしたアラフォー女子とも出会いました。

www.hw-frankie.com


年齢は40半ばのその女性は、結婚をしない人生を選択したといいます。
お相手はいるものの、結婚という形をとらずに添い遂げる道を選んだそうです。

お相手であるパートナーは彼女よりも一回り以上も年上の男性で、かれこれ10年の付き合いになるといいます。
当初からお互いに「結婚はするつもりない」「子供も持つつもりはない」と決めていたそうで、最初から結婚を視野に入れないお付き合いだったそうです。



現在、彼女はお相手の希望で仕事はしていないといいます。その代わりにプライベート秘書というのか、身の回りのお世話、といっても家事労働ではなく、主にお相手の社交活動のセッティングや同行をすることで経済的な面倒を見てもらっているそうです。
この日のパーティーもお相手男性のお付き合いで来ていると言っていました。
これは老人介護か?というくらいに、男性に寄り添いあれこれとお世話をする彼女。
「すべてはお金のため?」
意地悪な見方をすればそういうことになりますが、この女性はそれを否定します。

「一緒になってから人生が変わったの。自分には縁のないと思っていた華やかな場所に出入りして、これまで口にしなかったようなものを日々食べて、行ったことのない国を旅して、それまでの生活がなんだったの?というくらいに私の人生は激変したのよ」

それまで、男性運がすごぶる悪かったそうで、紐まがいの男のために働き、時には拳で殴られたりと、結婚はおろか男性に対しては希望が持てないような関係しか経験したことがなかったといいます。
それでも「自分が至らないせいだから」「自分は美しくないから、こんな生活も仕方ない」「お付き合いしてくれる男性がいるだけ幸せ」そんな風に思っていたといいます。
まるでドラマのようですが、本当にそう思い込んでいたといいます。
しかし現在のパートナーと出会ってから、それが間違っていたことを知ったそうです。
女性は大切にされるべき存在だと、初めて教えてくれたのがお相手の男性だったそうで、話を聞いている限り「恋」というよりは「尊敬」といった感情の方が強いように感じました。
それはそれで、よいパートナーシップなのでは?と思えましたが、難を言えばパートナーが彼女よりもずっと年上だという点でしょうか。老後を共にするのはおろか、末はお相手の介護を担う役割をする可能性もなきにしもあらずです。

ここで気になるのが、もしもこの男性と別れることになった時の事です。
仕事を持たない上、法的に財産贈与などの権利も当然ありません。
余計なお世話ですが、その辺のことも突っ込んでみました。

「その時は、長距離のトラック運転手かなんかになって、一人で生きていく!」

そんな答えが帰ってきました。

「自分で選んだ人生だから、どう転がっても自分で始末をつけるわよ」

なんとも力強いです。

私ならパートナーが元気なうちに、生涯経済的に困らないくらいの保証はしてよ!などと、何がしらのものを頂こうと、画策するでしょう(笑)
と、そんな言葉を発すると、「実はね。。。」と本音を漏らしました。
実際はすでに頂いているといいます。万が一、パートナーの男性と別れることになった時にも、経済的に困らない程度のものを。。。
仕事を辞めろと言われた時に、そのあたりの保証を取り付けたというわけです。しかも前払いで。
男に従順なだけの女性かと思いきや、案外しっかりした女性です。

こんなケースなら、無理矢理結婚を求めることもないわよねと、思わず納得しました。これは稀に見る運の良さといいますか、いいお相手に巡り会えたからと言えます。
実際はここまでうまい具合にはいかないでしょう。




なんの保証もなく、ただ男の子守だけならいくら愛情があっても不安です。
しょうもない男と結婚するくらいなら、生涯独りで自由を満喫した方がいいわよ!などと思っている私ですが、この女性を見ていると、ちょっと別のことも考えるようになりました。

結婚はしてもしなくてもどっちでもいいのですが、パートナーと呼べるような人がいてもいいのではないか?というものです。
それは彼女の言った「人生が変わった」という点です。
違う人と共に過ごすことで、これまで知らなかった世界を見たり、そこまで大袈裟なことでなくても、新しい趣味や楽しみを見つけるきっかけになるなど、一人では作れなかった人生を得ることができるのではないか?と考えたのです。

この女性の場合、パートナーが裕福であることが、大きなキーとなっているようですが、もしも女性にある程度の収入があるなら、お相手の年収1000万以上などと言わず、たとえ稼ぎは多くなくても真面目に働いていて、人としてまともな感覚を持った優しい人で、さらには共通の趣味なんかがあれば、それでいいではないかと思うのです。
お相手男性の年収がたとえ300万でも、自分に収入があれば生活は成り立ちます。

女だから家事をしろとか、男だから生活費を出せとか、そんなお約束など関係なく、お互いフェアな立場で共に人生を楽しむ相手。そして万が一どちらかが病気にでもなったりした時は、支えとなりできるサポートをし合えるパートナー。そんなのが理想ですが、これは都合が良すぎるのでしょうかね?

専業主婦の分際で言うのもなんですが、一生男のパンツを洗って暮らすくらいなら、こんなフェアな関係の方がよほど楽しいと思えます。

冒頭の女性に関しては、ちょっと特殊ケースとも言えますが、結婚することが全てではなく、まったく違う生き方によって幸せになることもできるのだなぁ。。。と思ったのでした。

Sponsored Link