専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

白金高輪『GAZTA(ガスタ)』のバスクチーズケーキ を食べながら、サンセバスチャンでの旅を思い出す。

先日、白金高輪にオープンしたバスクチーズケーキ の専門店『GAZTA(ガスタ)』へ行って参りました。

バスク、サンセバスチャンと言えば私にとってとても思い出深い場所の一つです。

今から30年近く前にお友達を訪ねて旅をした土地です。
当時、日本人にとって「バスク地方」はほとんど馴染みのない場所でした。私もお友達がいなければ知りもしなかったようなところで、なんの期待もなくお友達に会いに行ったのですが、それはそれはあまりに素敵なところで感動したものです。

それは雑誌などで見るヨーロッパの可愛い田舎町といった感じて、その街並みの美しさを今でも鮮明に思い出すことができます。

訪れたのはちょうど夏。ヨーロッパから多くの観光客がバカンスを楽しむために滞在していましたが、当時は日本人観光客などほとんどいなかったのでしょう。あちらこちらで物珍しくガン見されたり話しかけられたりしたものです。
そこに住む人たちはとてもフレンドリーで、どこへ行っても親切にして頂き、本当に楽しい思い出がいっぱい出来た街でした。

そんな素敵な街からやってきたチーズケーキなら食べないわけにはいきません。

サンセバスチャン滞在中は、毎日昼に夜にとあちこちのバルをハシゴしていたので、どこで何を食べたのか思い出せません。そもそも30年近く前のことなので、ただただ何を食べても物珍しく「美味しい!」と、そんな記憶しかないのです。

最近、ネットのレシピサイトなどで「バスクチーズケーキ」を時折見かけ、その度に果たして私は食べたのかしら?と思い出そうとするのですが、まったく記憶は戻りません(笑)

もしかしたら、食べてみれば思い出すかも⁉︎
そう思って、『LA VINA(ラ・ヴィーニャ)』直伝だというバスクチーズケーキ を食べてみよう!と思ったのです。




それが『GAZTA(ガスタ)』です。
場所は白金高輪、「ガトーバスク」「マカロンバクス」などで知られる『maison d'Ahni(メゾン・ダーニ)』のすぐ近くにあります。

朝は9時からオープンしていて、都心のお店としては早い開店なのが嬉しいところ。

話題のお店なので、沢山人がいるかしら?と思ったのですが、まだ大丈夫でした。

店舗は人が3人も入ればいっぱいになってしまうようなこじんまりとしたもので、ショーケースの中に沢山のバスクチーズケーキ が並んでいました。
サイズは2種類で、私は小さな方を4つ購入してみました。

小サイズ (約8センチ)¥700
大サイズ (約15センチ)¥4000
(ともに税別)

4個入りの箱もありますが、私はコンパクトに持ち歩きたかったので、あえて2個入りの箱二つに分けてもらいました。

かなりしっかりとした箱入りなので、持ち運ぶ際も安心です。
包装もかなりおしゃれに、丁寧にされています。

持ち運びは常温で、帰宅したら冷蔵庫で保存してくださいとのことでしたが、中には保冷剤が入っていました。


こちらの小さなサイズ、直径8センチほどですが、かなりの重量感があります。2人で分けて食べてもいいくらいのボリュームはありそうです。


箱の中にある説明書きに、「冷蔵庫から出して10分程常温に戻してからお召し上がりください」とあります。
常温の方がチーズの風味と食感がより堪能できるとのことです。

一口食べてみて、普通のベークドチーズケーキに比べて軽い?と思ったのですが、実はかなり濃厚です。最初に思った通り、半分で十分に満足できるくらいのテイストと量でした。

お味はチーズと卵の風味が強く、素朴なお味という印象を受けました。
食感も硬くもなく柔らかくもなく、いい塩梅でとっても美味しかったです。

これは間違いなく、定番のチーズケーキになるわ!

何十年後にも変わらず食べられる定番スイーツになって欲しいと強く思いました!
それくらい美味しくて、気に入ったということです(笑)

こちら常温のまま、頂いたもの。



冷蔵庫で一度冷やしたもの。


見分けつきませんね(笑)
見た目は同じなのですが、やっぱりお勧め通り、常温で頂いた方が風味がより楽しめて美味しかったです。

gazta.jp


実際にバスクチーズケーキ を食べてみましたが、やはり30年前の記憶は戻りません。
食べたことがあるのか?ないのか?それすらわかりません(笑)

しかしサンセバスチャンのバルで食べたものはどれも美味しくて、それだけはしっかり記憶に残っています。

機会があれば、また訪れたい街の一つです。その際は、バスクの食を存分に楽しめたらと思いながら、チーズケーキを完食したのでした。

ちなみに以前、下記のような記事を書いたのですが、その時のスペインでのエピソードは、このサンセバスチャンでの出来事なのでした。


www.hw-frankie.com