専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

震災への備え。地震で停電になったときのために、スマホの乾電池式充電器を用意しました。

今朝、北海道で大きな地震がありました。
遠く離れた地で起きた震災ですが、他人事ではありません。この東京にもいつそんな大きな地震が起きるかわからないのですから。



朝からニュースや情報番組をみていましたが、画面に映し出される現地の給水所や大型スーパーには、長い人の列ができていました。
電気も水道も、ライフラインは完全にストップ。井戸水すら出ない状況らしいです。

このような時、本当に必要な物はどんなもの?

実際にその危機に直面した人の言葉はとても重要です。どんな些細な言葉もしっかり聞いておくことで、いつか来るかもしれない震災に備える助けとなります。

今回、私が急いで買いに走ったのは、乾電池を使用するタイプのスマホ充電器です。

「水と電池を買いに来ました。スマホの充電に使用する電池です」

インタビューに答えるある男性の言葉に、「水はOKだけど、乾電池式の充電器は持ってないわ!いざって時にあれば絶対に使えるはず!」と思ったのです。

震災時の情報収集にはラジオが一番!と、最初からスマホは使用できない前提でいた私は、ここで初めて乾電池でもスマホの充電が出来ることを知りました。

今や沢山の充電器がありますが、家電量販店などでも乾電池式の物は見たことがなかったので、ノーマークでした。

選択肢があるのなら、情報収集に有益なのは、ラジオよりやはりスマホです。しかし、電気が止まってしまったら、いつものように充電はできません。
たとえ普段使用している充電器があっても、その電気がなくなればまたどこかで充電器自体をフルにしなければなりません。

これを解決してくれるのが乾電池です!
アナログ力というのか、こんな時こそ力になるのは、不便だった時代に使用していたものなのです。

乾電池ならわずかでも、そのボディーに貴重な電気を内包しています。
たとえ電気の供給がなくても、スマホの充電くらいならできます。

早速、家電量販店へ行ってみました!
地震の影響なのか、充電器売り場は結構な人がいました。みなさん、店員さんをつかまえては、あれこれと手に取って選んでいるようでしたが、乾電池式のものを手に取っている人はいませんでした。

「もしや、私の読みは見当外れ?」
などと、一瞬思いはしましたが、自分の感とアナログ力を信じることにしました。

店員さんがなかなかお手隙にならないようなので自力で探したものの、無数にある充電器の中に電池式がありません。
ようやく店員さんを捕まえることができ、尋ねてみると。。。
ほんの3種類程度の充電器が片隅に。。。
でも、それで十分です。電気が復旧するまでの間、最低限の役割を果たしてくれればいいのですから。

結局3つの中から、ケーブルなど付属品の何もついていない一番シンプルで安いものをチョイスして、2つ購入してきました。


私のスマホはi phoneですが、どこのメーカーのものでも対応できるらしいです。

普段使いするわけではなく、あくまでも非常用なので、この程度のもので十分だと思います。

思い立ったら吉日とばかりに買いに走りましたが、「今度、ついでに」などと思っているうちに忘れてしまうことも多いものです。
地震はいつ起こるか誰にもわかりません。
だからこそ、普段からできる備えはできる時にさっさと整えておかなければと思うのです。

単3乾電池を補充する予定が、充電器に気を取られて、すっかり忘れてしまいました(汗)

また明日、買い出しに行ってきます。
こんな時、いつでもフラフラできる専業主婦って便利です(笑)

www.hw-frankie.com