専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

専業主婦に手帳は必要なのか?もう紙の手帳は卒業しようと思います。

早いもので9月も下旬になりました。
そろそろ来年の手帳がチラホラと店頭に並び始めています。

毎年この時期になると、来年はどんな手帳にしようかな?と、ロフトやハンズといった店で大量に並ぶ手帳をウキウキと手にとっては手帳選びをしていたものです。



昨年も「専業主婦はどんな手帳がおすすめか?」といった記事を書き、なかなかのアクセスを集めてくれているので、同じように手帳選びを楽しんでいる人も多いのでしょう。

www.hw-frankie.com


しかし、この一年で考えが大きく変わってきたました。

専業主婦と手帳

専業主婦とはいえ、趣味のお教室に通っている、PTAなどの役員で忙しくしている、また子供が何人かいて、それぞれお稽古事や塾など送迎が必要であったり、毎日忙しくしている人もいるでしょう。

私もかつてはそんな生活をしていたので、とにかく時間にとらわれていたものです。
数時間おきにいるべき場所が変わるほど予定が入っていて、何時にどこ?と混乱することもしばしばでした。

そんな時に役立つのが手帳です。
もちろん今はスマホのアプリでスケジュール管理はできますが、なんといっても私の子育て最盛期とは、ガラケーからスマホへの移行期でした。
まだまだアプリの数なども多くありませんでしたし、たとえあっても使いこなすには至っていませんでした。

紙の手帳であれば、バッグからパッと取り出し、すぐに記入すれば終わりです。
一目見れば、どこに予定を入れることができるか、また次の約束時間を確認することも簡単にでき、とっても重宝したものです。

専業主婦とはいえ、働いている人と同じくらい、スケジュール管理が必要な時期というものがあるのです。

もう紙の手帳は必要なし⁉︎

この一年、私は買った手帳をほとんど使用しませんでした。予定くらいは書き込んでいましたが、毎日外出するたびに持ち歩くこともなく、出番が極端に少なくなっていました。

この時期になり当たり前のように、来年の手帳はどうしよう?と考えた時、果たして大層な手帳など持つ必要が本当にあるのかしら?と思ったのです。

子供も手がかからなくなり、家族のスケジュール管理もしなくていいようになりました。特にしているお稽古ごとなど趣味のお教室に通うようなこともなく、仕事もしていません。

つまり、日々家事をする以外は好きなように遊んでいるだけなのです。
遊ぶと言ってもお友達とランチをするとか、気まぐれにぶらぶらとお買い物に行くくらいのもの。
このような生活にスケジュール管理など必要なのでしょうか?

もしも手帳などなくても、不便に思うことはないのでは?と、考えたのです。




予定は一日一件

現在はそんな風に忙しい日々は卒業し、たとえ予定が立て続けに入るような事があっても、なるべく余裕をもって予定を組むようにしています。
子供も自分の事は自分でマネージできる年齢になったので、家族の予定はそれを把握しておけばいいだけで、それは家にあるカレンダーに書き込んでおけば事足ります。
必要なのは自分の予定だけ、しかも私の場合はなるべく一日一件の予定しか入れないようにしているので、それくらいの記憶力はまだあります。

一日に一度、朝起きた時にその日の予定を確認し、一日のタイムテーブルをざっと頭の中でつくれば、もうそれで終わりです。

もう、紙の手帳にあれこれと書くような用件もほとんどないのなら、持つ必要もないというわけです。

スマホアプリを利用

その日の予定は把握できても、数日先、数週間先の予定までは覚えていることはできません。
ダブルブッキングを防ぐためにも、やはり確認用の手帳は少なからず必要です。
しかし、そう頻繁に使うでもなし、ということであれば、スマホアプリで十分です。

カレンダー式の見やすいもの、用件によって色分けできる機能、家族間で予定を共有できる機能など、紙の手帳よりもより多彩な使い方ができます。

しかも、これらが無料で使用できるのですから便利になったものです。

荷物は少ない方がいい

私はとにかく最小限の物しか持ち歩きたくありません。

これまでは、財布、お化粧直し用のコンパクト一つ、口紅一本、ハンカチ、ティッシュ。そして、必要な時だけ手帳とペンをカバンの中に入れていました。

紙の手帳でも、必要なページを網羅しつつ、いかに薄くて小さくて軽いか?を重要視してきました。
しかし、手帳を持たないとなれば、カバンの中にある一つのアイテムが消え、その分荷物が減るということになります。
持たなくていいものならば、あえて加える理由もありません。

時代の流れで使うものも変わる

その時代時代で生活の仕方も変化してくるものです。
昔は紙の手帳が一番使い勝手がいいと思っていても、時代が変わればより便利に使える物も出てきます。

古いやり方にこだわり続けるのも、なかなか粋なことと思いますが、手帳に関してはとにかく私は実用性重視です。



こうして改めて考えると、もはや今の生活で紙の手帳をもつメリットはないように感じます。
自分でカスタマイズしたり、記入することを楽しんだりといった使い方もありますが、そういったことにも興味がなくなりました。

手帳はただ、忘れないように予定を記入しておくという役割限定となったいま、あえて紙の手帳を買い、持ち歩く必要はなくなったということです。

毎年新しい手帳選びを楽しみにしていたので、一抹の寂しさは感じますが、それも来年の今頃にはすっかり忘れていることでしょう(笑)

今年からはスマホアプリのお世話になるとして、紙の手帳からは卒業します。

しかし、まだ『家計簿』があります。
『家計簿』に関しては、依然として手書きにこだわっているので、今年もまた10月になったら新しいものを買ってこようと思っています。

www.hw-frankie.com

Sponsored Link