専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

美味しい市販のモツ煮込み。具沢山必要なし!レトルトならホルモンだけが食べられる!

最近朝晩かなり寒くなってきました。
鍋や煮込み料理が活躍する季節です。
という事で、今回は大好きなモツ煮込みについて。

我が家ではモツ煮込みを食べるのは私だけです。
外国人夫はホルモン系はごく一部のフレンチを除いてはNG。子供達は焼肉のホルモン焼きは食べますが、煮込みは苦手なようで手をつけません。



私はいつも一人で鍋一杯に作ったモツ煮込みを延々と食べることになります。
それはいいのですが、モツ煮込みは作るのに少し手間がかかります。
モツを何度か湯がいてキレイにお掃除したり、柔らかくなり味が馴染むまで延々と煮込んだり。。。その度に部屋中になんとも言えない臭いが蔓延して、家族から「臭いぞ!」と苦情の声が出ます。

部屋は臭いは、文句は言われるは、おまけに手間がかかるとなると、そこまでして作るのもなぁ。。。と思うのですが、食べたいものは食べたい!

と、そんなお話をお友達にしたところ、それなら市販のものを食べたら?と言われ、それも試してみる価値ありかも。。。と、早速いくつかのモツ煮込みを試食してみました。

群馬『だるま食堂』のモツ煮込み

ここのモツ煮は百貨店催事で見つけたのですが、モツがとっても大きくて柔らか。

モツとスープだけなので、自分で好きな具材をいれます。私はモツだけが食べたい!ということでお豆腐だけ入れました。

味噌味のスープがたっぷり、味もかなり濃い目なので、根菜など具材を沢山入れると結構な量になると思います。
私が加えたのはお豆腐一丁だけですが、大き目の椀に3杯分くらいありました。


上州名物『ジャン辛モツ煮』

群馬県高崎市にある「かみなり太郎」さんのものですが、上野東北物産館「のもの上野店」で見つけました。

こちらは袋ごと湯煎するタイプです。
10分間、グツグツと温めます。

具材はモツと蒟蒻です。
見た目はかなり辛そうですが、それほど辛くはありません。ちょっとピリッとくるくらいです。

このモツ煮に関しては、「モツの煮込み」として食べる以外にも、少し手を加えてスンドゥブのようなスープ仕立てにしても美味しいと思いました。
お味がとってもよい上に、辛いものが大好きなので、結構気に入ってしまいました。

銀座の群馬アンテナショップ「ぐんまちゃんの家」でも取り扱いがあるので、早速リピートしちゃってます。

LAWSONの『ホルモン鍋』

こちら、コンビニのLAWSONでお手軽に買うことの出来るモツ煮込みです。
冷凍物が苦手な私にとっては迷うところでしたが、お友達におすすめされたので食べてみました。

レトルトではなく、このようにアルミの容器入りで冷凍されています。

アルミ容器のままコンロにかけて、トロ火でグツグツと煮汁にとろみが出るまで火を入れます。

火が強すぎるとすぐに汁がなくなってしまうので、本当にとろ火でゆっくり、ちゃんと様子を見ながらでなければいけません。

なかなか美味しかったです!
コンビニで買えるというのも手軽ですし、なんといっても安価。これはいざモツ煮が食べたい!という時に使えます!

他にもモツ色々。。。

探してみると、レトルトのモツ煮込みって結構あるものなんですね。
一食分の小さめパックや、ちょっと一味加えた従来のものとは違うモツ煮まで、色々あります。




モツ煮込みが有名な群馬のアンテナショップにも沢山の種類がありましたし、今はスーパーやコンビニでも簡単に手に入ります。

市販か手作りか

味の濃さ、醤油味か味噌味か、具材など、自分好みのものが食べたい!となると、やはりモツ煮は自分で作るのが一番かなと感じました。
お値段も手間がかかっている分、手作りよりはお高めになりますので、余計にそう感じます。

モツ、スープで一袋1キロと考えると、通常家族で食べると一食分です。
お値段は約1000円ほどなので、それほど高いとも言えないかなとも思いますが、主婦感覚で言ってしまえば、一回の食事のおかず一品に1000円かけるのはちょっと贅沢な感じもします。。。

しかしです!私がこれら市販品は使える!と思ったのは、なんと言ってもモツ以外の具材ががほとんど入っていないという点なのです。

私はモツ煮込みに関しては、不健康ながらモツ以外は要らない!食べたくない!と思っているのです。しかし他のお野菜などを入れることによって味が整うのかと、自分で作る際は無理矢理あれこれ入れていたのです。
ところがこの市販品達には、たまに蒟蒻が入っている程度で、ほとんどがモツ完全主役状態。それでいて、しっかりとお味が整っているという!
これは私の好みに合っています。

もしも他の具材が欲しければ、後入れすればいいという点も融通がきいて便利です。



こんな私の個人的好みを差し引いても、一人暮らしの方、また私のように家族の誰も食べないものをわざわざ作るのは面倒くさい!という人には美味しさを考えてもかなり便利だと思いました。

特に具材はモツ以外いらない!となると、ただ温めるだけですぐ食べられてしまい手間がかかりませんので、手抜きをしたい時にも、こんなものが冷蔵庫にあればとっても重宝します。

結構日持ちもするので、私もこの冬は市販のモツ煮込みをあれこれ買いこんで一人で楽しみたいなと思ったのでした。
もう部屋が臭くなる事も、面倒な思いをして作らなくてもいいと思うととっても嬉しいです。

【番外編】牛すじの煮込み

ちょうど『だるま食堂』さんのモツ煮を買った時におすすめされて、牛すじの煮込みも買ってみました。


お店の方は、これをカレーにドバドバ入れるのだそうです。
想像しただけで美味しそうです。。。
モツ煮にしろ、牛すじの煮込みにしろ、とても手がかかるものなので、こんなものを常備しておいて、カレーなんかに入れたいなぁ。。と思いましたが、ちょっと贅沢ですね。