専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

ひな祭りなので、『赤坂 青野』の桜餅(長命寺)、赤のこし餡、白の粒餡をいただきました。

今日はひな祭りです。
我が家にも一応女の子がいるので、毎年この日はささやかながらお祝いをします。

お祝いと言っても、ただ食べたいものを食べるだけですが
(笑)

今年は雨のひな祭りとなりました。いつもは『虎屋』さんで桜餅を買ってくるのですが、今年こそは向島の『長命寺』へ!そう思っていました。しかし悪天候に加え東京マラソンで混んだ街の様子を想像し、心が折れました。。。
そこで桜餅に加えいちご大福でも食べようということになり、急遽『赤坂 青野』さんまで行ってまいりました。

お店の前にはひな祭りのお菓子がディスプレイされています。
よく見ると英語で、ただ見るだけでもどうぞ!ディスプレイの写真も自由にお撮りくださいといったことが書いてあります。


『赤坂 青野』さんは100年以上も続く和菓子の老舗で、有名なところでは「赤坂もち」というくるみ入りのお餅菓子があります。

「赤坂もち」ももちろん大好きなお菓子ですが、こちらは他にも美味しい和菓子がたくさんあります。

残念ながら和菓子は日持ちしないものが多いので、あれこれとお持ち帰りすることができません。
そんなわけで、今回はお目当のみで。。。

桜餅

『赤坂 青野』さんの桜餅は、道明寺粉を蒸した皮で餡子を包んだ関西の道明寺と、薄いクレープ状の皮で餡子を包んだ関東の長命寺二種類あります。

私はもちろん幼い頃から桜餅といえば長命寺です。

青野さんではピンク色の皮はこし餡、白い皮は粒餡と、2種類の長命寺桜餅があります。

ほんのりとピンク色をしたクレープ皮は割と厚めです。

餡子はさらりとした上品な甘さで、安定の美味しさです。

白い皮のほうは粒餡が巻き込まれています。


粒餡も間違いなく美味しいです!
しかし、私の個人的な嗜好からいえば、やっぱり「長命寺にはこし餡が合う」と思うのです。

とはいえ、結局は「両方食べたい!」と思ってしまうのですが(笑)

『青野』さんの手提げ袋は季節ごとに変わり、それもまた楽しみの一つ。
春はもちろん「桜」。デザインも色合いも落ち着いていて素敵です。


千羽鶴の調

ひな祭りだったからか、サービスでこちらのお菓子も頂きました。

初めて頂いたお菓子でしたが、玉子の風味濃厚な、とっても美味しい甘いおせんべいで、とっても気に入ってしまいました。

鶴の焼印があるので、お祝い事のギフトにもぴったり。何かの折には是非贈答品に!と思いました。

訪れたのが遅い時間だったので残念ながらいちご大福は売り切れていましたが、美味しい桜餅を頂けて満足しました。

ちなみに甘いものだけでなく、一応ちらし寿司も食べました。子供が大きくなるたび、年々手抜きのひな祭り。。。
とりあえず、鮪だけ乗せておけば文句は言われないだろうといったところです(笑)

www.hw-frankie.com

akasaka-aono.com


www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com