専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

向島へ行かずとも、銀座や新宿のデパ地下でも『長命寺』の桜もちと出会えます。

ひな祭りまえから、ずっと「食べたい。。。」と思っていた向島にある山本やさんの長命寺桜もち

なんだかんだと毎日何かしら用事があったり、外出する気になれなかったりと、依然として向島までは行けていません。

そんな時、デパ地下で偶然発見しました。
銀座や新宿のデパ地下にある銘菓を扱うコーナーでは、曜日によって様々な和菓子や洋菓子が入荷しますが、長命寺の桜餅もその一つです。

しかし、いつもあるわけではありません。入荷する日が決まっているため、タイミングが合わないければなかなか手にすることができません。

今回はたまたまタイミングよく、入荷日に当たったようで、偶然にもデパ地下で出会うことができました。

箱を開けると、大きな桜の葉に包まれた桜餅が6個。しっかりと詰まっています。


大きな桜の葉が3枚。くるりと桜もちを包み込んでいるのが、向島長命寺桜もちの特徴でもあります。

真っ白な薄いクレープ状の生地で、さらりとしたこし餡を包んであります。

葉をつけたまま食べる人もいますが、私は葉っぱを外して食べます。
大昔に一度、試しに葉っぱごと食べてみたことがありますが、やはりお餅と餡子だけの方が美味しいです。
実際、お店の方でも桜葉は香りづけと乾燥防止のためにつけているため、外して食べることをお勧めしています。


初めてデパ地下で買ってみましたが、やはり向島のお店で頂くのとは若干違います。
もちろんお味の方は同じなのですが、皮の柔らかさが感じられず、まったく同じとはいかないようです。。。

それでも、向島まで行けない時、近場のデパ地下で買えるというのはとっても便利ですね。

ここのところ、ずっと「向島。。。いつ行けるかしら?」と頭の中で悶々と考えていたので、食べたかった桜餅を食べて、ひとまず気持ちが落ち着きました(笑)

www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com