専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

専業主婦こそ人脈が大切な理由。その友達付き合いが仕事に子育て、生き方、あらゆるところで生きてくる。

最近、またお仕事を始めたアラフィフ専業主婦です。
今日も張り切ってお仕事してきました。

一昨年の暮れに知人の紹介で3ヶ月ほど短期のお仕事をしましたが、繁忙期のみのお手伝いだったので、その後はまた専業主婦に戻りました。

しかし1年半近く経ってまたまた何かしたいわ!お仕事がしてみたいわ!とウズウズしてきたのです。

そこで種蒔きをした結果、希望のお仕事を始めることができました。
それもこれも、長きに渡る専業主婦時代に培った人脈のおかげです。

前回の短期でお仕事をした時も感じましたが、20年以上のブランクというハードルは決して低くはありません。そんな中、また楽しいと思えるようなお仕事ができるのは、あれこれとお仕事の斡旋をしてくれた友人知人のおかげでもあります。

こんな時、いかに人脈というものが大切であるのかを改めて実感します。

たとえ長年専業主婦として生活していても、人脈は作れるものなのだなぁ。。と思ったものです。




専業主婦は社会から切り離された存在

世間一般ではそんなイメージがあります。
確かに社会の動きに対して疎いところはあります。
毎日家事育児に追われていれば、生活のパターンも決まってきますし、会う人間も同じような面子ばかりです。

情報もネットやテレビ、また家族から話を聞くという間接的なものであり、自己の経験として肌で感じることもありません。

でも、それは専業主婦生活では普通のこと。そして生きる上ではなんの不都合もありません。

社会から置き去りにされていると、自分がまるで生産性のない生き方をしていると焦りを感じている専業主婦もたくさんいるようですが、逆に言えば専業主婦だからこそその時間を有効に使うべきだとも思います。

その一つが人とのお付き合いです。

人との繋がりは時に自分の人生を助けてくれるものです。人と知り合うことはたとえ専業主婦であっても自分次第でいくらでも友達の輪を広げて行くことはできるもの。

そしてそんなお付き合いの中で得られるものは決して小さなものではありません。

楽しみながら情報収集

専業主婦といえば、奥様ランチです。
私も例に漏れず、週に二度はお友達とランチに出かけています。

今でこそ子供達も成長し、教育問題などはすでに語られることはなくなりましたが、過去にどれほどこのランチ会から得られる情報に助けられたことか。

学校関係からお稽古事はもちろんのこと、どんな教育を施して行けばいいのか迷った時には、お友達のもたらす情報やアドバイスはとても参考になったものです。

気心の知れた仲だからこそ教えてもらえる情報もあります。
特に受験期などは誰もかれもがライバルになり得るので、そう簡単に美味しい情報は得られません。
井戸端会議で語られるようなお話は、ネットでググればいくらでも出てくるようなことばかりです。

そんな誰でも得られるような情報ではなく、実際の体験や裏どりしてあるような情報は、信頼関係の築かれた仲間同士だからこそ共有できるものなのです。

最近ではもっぱら美容関係ですが(笑)
しかし、それもエステなり化粧品なり、どんな方法が有効か、おすすめのサロンやコスメなど、様々な生きた情報を得ることができます。

しょっ中集っているにも関わらず、話題は事欠くことがなく、常に面白い情報がゲットできるランチ会。日頃のストレスを美味しいお料理とお喋りで発散しながら、お役立ち情報が得られる!
これは専業主婦だからこそです。

人脈を作るには外に出ること

専業主婦もただ家にこもっているだけの生活は、とてももったいないことです。
時間がたくさんあるのなら、たまには家の外に出て、人間関係の構築に勤しむべきではと常々思っています。

なにかの催しやお食事会、ただお茶を飲みましょうというお誘いまで、私は多少面倒でもなるべく都合をつけて顔を出すようにしています。
友達の輪ではありませんが、お友達のそのお友達など、新しい人脈ができることもあります。
そこで色々な話をし、自分の人となりを知ってもらうことが新しいチャンスを呼び込む可能性を生み出してくれるからです。

また過去の人間関係に助けられている人もいます。若い頃に友人であった人、また一緒に働いていた同僚など、人によっては若かりし頃の元彼などとも、結婚して専業主婦に収まった後も友人関係を続けている人もいます。

その時はただ楽しく集っているだけと思っても、のちのちその人間関係が役立つ時がきます。

人脈があれば可能性が広がる

たとえば仕事。子供も大きくなったし、また何かやろうかしら?と思っても、長きブランクのあった専業主婦がそうやすやすと希望の仕事にありつけるわけではありません。
求人を見て応募しても、ことごとく不採用になるなどということも決して珍しい話ではありません。

そんな時、仕事を直接紹介してもらう、またどんな風に仕事を得たのかなど、生の情報を流してもらうなど、人脈から得られる恩恵というものがあります。

私も仕事がしたい!と時折発作のように思うのですが、そんな時は求人を見る前に、友人知人に「そろそろまたお仕事がしたいのよね」などと種蒔きをします。
すると、「知り合いの会社、手伝わない?」「こんなビジネス始めようと思っているのだけど、一緒にやってみない?」「あそこの会社で募集してたわよ」「私のいる会社に聞いてみようか?」などと、声をかけてくれる人が出てきます。

この全ては専業主婦として生活していた中で得た人脈からです。

こんな時、専業主婦だからといって閉鎖された世界の中で生きていたのではないと気付かされます。





誰彼付き合う必要はない

普通に家で家事育児だけしていたら、専業主婦には人脈などできません。

人脈など必要なし!
一人でも問題なし!

そんな人は無理して人脈に頼るようなことをしなくてもいいでしょう。
そもそも人脈とは意識して作るというよりは、自分が楽しんだ末に気づいたらできていた。。。ということがほとんどです。
自分が好きな人達と楽しい時間を過ごしたことの副産物として得られたのが、結果的に人脈になったということですから。。。

我慢をして無理をして作った人脈など何の役にも立ちません。
専業主婦がお友達付き合いの中で作る人脈とは、相互扶助が基本です。
これはどんな人間関係においても言えることですが、誰かが困っていたら手を差し伸べ、自分が困ったら助けてもらう。これは、お互いに良い関係を築いてきたからこそできることです。

性格的に合わない相手、好きになれない相手、一緒にいて居心地の悪い相手、そんな人脈ならない方がいいくらいです。

自分が外に出て行く中で出会った人達の中には、必ず長くお付き合いできる人がいるものです。

一緒にいて楽しい、心地いいと感じるお友達付き合いを長く続けることができる。そんな中で人が人を呼び繋がっていく。それが人脈というものなのです。

そしてそれは必ずしも社会に出て働いていなければ得られないというものではありません。
専業主婦であっても自分が行動範囲を広げることで出会いの場所は生まれます。
私自身、仕事をしていた時には出会えなかったような人達と、専業主婦になって初めて繋がることもできました。
どんな場所にいても、違った何かが得られます。それは人脈も然りなのです。