専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

ロダスのショートブレッドとファッジをDemerara Bakerry(デメララベーカリー)で。クロテッドクリームを使ったお菓子。

イギリスの粉物代表といえばスコーンを想像される方が多いと思います。
優雅なアフタヌーンティーなどで供されるそれは、クロテッドクリームやジャムが添えられ、それはそれは美味しそうです。

しかし、私はどうも苦手です。。。
イギリスにいる頃も、残念ながら美味しいスコーンに巡り会うことができず、そのイメージをずっと引きずったまま今に至ります。

ただ一つ、例外は麻布十番にある『ポワンタージュ』というパン屋さんのスコーンです。
初めて食べた時、「こんな美味しいスコーンもあるのね!」と感動し、以来時折食べていますが、そのスコーンが好きというだけで、「スコーン」というお菓子(?)が好きになったわけではありません。

www.hw-frankie.com


さて、相変わらず長い前置きですが、本題はスコーンではありません。スコーンのお供「クロテッドクリーム」です!





Rodda'sのクロテッドクリーム

クロテッドクリームはイギリスで大昔からある伝統的なクリームで、スコーンには欠かせないもの。

ちょうどバターと生クリームの中間くらいの、濃厚でそれでいて柔らかさもあるクリームです。

そんなクロテッドクリームと言えば、なんといってもイギリスはRodda's社のものでしょう。

日本では「中澤」さんのものが多く、ロダスはあまりお見かけしませんが、さらっと調べてみたところ、今はネット通販などでは入手できるようです。

そんなロダス社のクロテッドクリームを少し前に訪れた『Demerara Bakerry デメララベーカリー』さんで見つけました。

『デメララベーカリー』さんといえば、言わずと知れたスコーンの専門店です。
イギリスの天才生地職人と言われるライアン・スメドレー氏がプロデュースしたという店で、ライアン氏のレシピによる本場のスコーンが楽しめるお店です。

その1号店が新宿駅ナカの「Newman」にあります。

スコーンがメインのお店ですが、冒頭でも述べた通り、私はスコーンにはなかなか食指が動くことはありません。
ところがたまたま足を止めてみると、スコーンだけではなく、なんとも魅力的なお菓子があるではありませんか⁉︎

『デメララベーカリー』へ行ってスコーンを買わないのは邪道?と思いつつも、ロダスのクロテッドクリームを使用したお菓子ときけば、そちらに手が伸びてしまいます。


Short bread ショートブレッド

ショートブレッドとはスコットランドの伝統的なお菓子です。
ショートは「短い」のショートではなく、サクサクといった食感を形容した単語です。

その通り、普通のクッキーに比べるとサクサクとしています。
材料はクッキーと同じ小麦粉、バター、砂糖、塩。それのみですが、作る工程が普通のクッキーとは違うため、食感も全く違います。

こちらがロダスのショートブレッド缶です。
細長い筒状の缶が素敵です!

一缶200g入りで¥1,800(税込)

このショートブレッドの生地にクロテッドクリームが練りこまれています。

ショートブレッドはかなり厚めのものが多いのですが、こちらはほどほどの厚み。その分一枚がかなり大きいです。


たっぷりのバターとクロテッドクリームまで入っているのにこのサクサク感!
もう材料だけで美味しいのは当たり前ですが、とにかく美味しくて家族であっという間に完食です。

私はクッキーよりもショートブレッドの方が好きなので、かつては自分でもよく作りましたが、最近は面倒で食べたくなると有名な『Walkers』のものを買ったりしていました。

それでも自分好みの味とはちょっと違っていて、やはりホームメイドが一番?と思っていましたが、このクロテッドクリーム入りのショートブレッドは好みで、新たなショートブレッドを開拓できてご機嫌です。

fudgeファッジ

ファッジもまたイギリスの伝統的なお菓子です。

砂糖とバターと牛乳で作られた、見た目はキャラメルのようなお菓子ですが、食べてみれば食感は全く違います。

コンデンスミルクとバターの風味でお砂糖を固めたという感じをイメージして頂けばいいと思います。
口に入れるとサラサラとほどけ、溶けていきます。


ファッジもショートブレッドと同じデザインの缶に。


一缶175g 入りで¥1,680(税込)

こちらはクロテッドクリームとゴールデンシロップを使った濃厚ファッジ。

甘いです!けれどもものすごく美味しい!
クリームのまろやかさとシロップのコクが際立っていて、お口に入れると、粉雪のようにサラサラと溶けていきます。

ショートブレッドが1,800円、ファッジが1,680円となかなかのお値段です。。。ちょっと普段使いのお菓子にはそぐわないかなと感じましたが、その分手土産やプレゼントなどにしたら喜ばれると思いました。

しかし、とにかく美味しいのですよ。。。
プレゼントもいいけれど、自分でも食べたいわ。。。

これはどうにか自分で作れないものかしら?と思わず考えてしまいました(笑)

子供達が幼い頃はチョコレート入りのファッジなどをよく作っていたので、チョコレートをクロテッドクリームに変えればどうにかなる?

気が向いた時にでも挑戦してみようと思います(笑)

衝動買いしたバッグ

たまたま店頭にあった小さなコットンバッグも思わず衝動買いしてしまいました。

日本人ですがユニオンジャックが好きで、若い頃は自室に大きなユニオンジャックの旗をはためかせ、「あなたは一体何人のつもり?イギリス人ではないでしょう!」と、両親に言われていたものです。
(日の丸を掲げている方が奇妙な子供だと思うのですがね。笑 )

裏はこんな感じです。

このバッグを見た時、ついつい反応してしまいました。
いつどこで使える?と考えると、特には思いつきませんが、可愛いからいいでしょう!





私もパンを焼いたりクッキーを作ったり、時にはケーキを焼いたりとよく小麦粉を使いますが、安定して満足なものを作るのは非常に難しいことです。

それがスコーンときたらなおさらです。いまだかつてまともなスコーンが作れたことがない私なので。。。

しかし、この美味しいクロテッドクリームのお菓子を食べて、スコーンが食べたくなってきました。

またNewManを通りかかった際には、ショートブレッドとファッジはもちろん、今度こそスコーンとロダスのクロテッドクリームを買い込んでお試ししてみようと思ったのでした。。。

店舗情報

JR新宿駅 NewMan エキナカ2階

営業時間 8:30〜21:30

※こちらのお店は「駅の中」なので、電車できた方は改札を出ずに、また改札の外から行く場合は乗車券又は入場券を買って駅構内へ入ることになります。