専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

新橋・三田『文銭堂本舗』曜日限定の豆大福と大仏の粒々頭みたいな大粒餅(道明寺大福)。

新橋の和菓子屋さんといえば、少し前にご紹介した『切腹最中』の新正堂さんが有名かと思いますが、こちらの文銭堂さんも御使い物でお目にかかることの多い和菓子屋さんです。

本店は新橋ですが、三田の慶大お隣にも支店があります。
今回は初めて三田のお店に行ってみました。


豆大福(つぶし餡)

こちらの豆大福の販売は毎日ではなく、曜日限定になっています。

このつぶし餡は火曜日のみ、

こし餡は木曜日・金曜日のみの販売です。


一個 ¥180
消費期限 当日

割と小ぶりで皮も薄めですがモチモチ〜と柔らかく、それでいて弾力があります。

赤えんどう豆は少なめで、ほんのりと塩気を感じる程度。つぶし餡も甘さ控えめでさらりとしているせいか、とても優しいお味のする豆大福です。

これまでつぶし餡しか食べたことがありません。こし餡も一度は食べてみたいのですが、木曜と金曜は何故か予定があったりでタイミングが合いません。。。
今後、こし餡にありつけた際には追記したいと思っています。





大粒餅(道明寺大福)


一個 ¥180
消費期限は当日と書かれていますが、お店の方によると、翌日までなら美味しく頂けるとのこと。もちろん和菓子は早く食べるにこしたことはありませんが!

つぶし餡

大仏様の頭のように、粒々とした生地の道明寺大福です。
かつては『だいぶつ餅』と呼ばれていたそうですが、お釈迦様の頭を齧るのは恐れ多いということで、この名前になったそう。


ふわりと柔らかい餅米で餡子を包んだちょっと変わった大福です。

桜餅と同じ?いいえ、食べてみると桜餅よりも米が立っているというのか、もう少し歯ごたえのある感じで、食べた感じはやはり大福の方が近い印象です。

白胡麻餡


白胡麻の香るさらりとした白い餡は上品な甘さで、何故かクセになるお味です。

どちらの大粒餅も非常に食感がよく、私はこの店に限っては、豆大福よりも大粒餅の方が好きです。

豆大福、大粒餅、両方に説明書きが添えられていました。

大粒餅の説明文で初めて知りましたが、大仏様の頭の粒々はお釈迦様の知恵を表現しているそうです。私はてっきり、そんなヘアースタイル(パンチパーマ)かと真面目に思っていました(笑)

店舗情報

【三田店】
住所 東京都港区三田2-13-9
電話 03-3451-6604

営業時間 9:00〜19:30(土曜 15:00まで)
定休日 日曜・祝日(節句などの物日は営業)

アクセス
大江戸線「赤羽橋駅」より徒歩8分
都営三田線「三田駅」A10またはA8出口より徒歩7分
都営浅草線「三田駅」A3出口より徒歩10分
JR「田町駅」より徒歩8分

【新橋店】
東京都港区新橋3-6-14
03-3591-4441

営業時間 8:30〜19:00(土曜 9:00〜16:00)
定休日 日曜・祝日(節句などの物日は営業)

アクセス
JR「新橋駅」烏森口より徒歩3分
都営浅草線「新橋駅」より徒歩3分
都営三田線「内幸町駅」より徒歩3分

www.bunsendo-hompo.com


www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com