専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

『風土菓 桃林堂』夏の定番、生水ようかんとおもたせに人気の小鯛焼。表参道、上野、銀座松屋のデパ地下でも買えます。

世の中は今日からお盆休みに突入です。
東京の街もどことなく閑散としていますが、お盆でもお正月でも甘いものにお休みはありません!(笑)

今日もまたつるりんとしたお菓子です。
ブログ的にはもっとバリエーションが欲しいところですが、暑いとどうしてもそうなってしまいます。





表参道交差点すぐの246沿いに居を構える『風土菓 桃林堂』さん。

本社は大阪府八尾市ですが、東京には表参道のほか、上野と銀座松屋に店舗があります。

こちらの人気商品といえば、やはりこちらでしょう。

小鯛焼


1個 ¥270(税別)
消費期限 4日

普通の鯛焼きの半分にも満たないミニ鯛焼きで、とっても可愛らしくおもたせなどにも重宝されているお菓子です。

姿は小さいですが、この鯛焼きは丹波大納言を使用した粒餡がたっぷり。

一枚一枚手焼きされているという、ちょっと贅沢な鯛焼きです。

こちらは結婚式の引き出物などにも使われているそう。見た目も可愛くて、なおかつ「オメデタイ」お菓子なのでした。





さて、今回のお目当ては「小鯛焼」ではなく、こちら。。。

生水ようかん


1個 ¥300(税別)

この「生水ようかん」は夏の看板商品の一つといっていいでしょう。

このペーパーボックスの中に水羊羹が入っています。

開くとこんな風になっています。
風車みたいでちょっと素敵です。


小豆

「生水ようかん」という名前に違わず、柔らかめのとろんとした水ようかんです。

ひんやりと口どけよく、小豆の美味しさが口いっぱいに広がります。
夏はやはり水羊羹に限るわ〜。

抹茶

白小豆と抹茶を使った水羊羹。
冴え冴えとした抹茶色に負けず劣らず、抹茶の濃厚な風味が楽しめます。

抹茶か餡子か?と問われれば、間違いなく餡子といいたいところですが、こちらの水羊羹に関しては、珍しくも抹茶の方がお気に入りです。

この「生水ようかん」もお味はもちろん包装も素敵なので、おもたせなどに使いたい一品です。
ただ、要冷蔵で冷たさをキープしておかなければ風味が変わってしまうそうなので、保冷剤をつけてもらってもタイムリミットは2時間程度。
この冷たささえキープ出来れば、最高のおもたせになるでしょう。

店舗情報

青山表参道本店
東京都港区北青山3-1-12
03-3400-8703
・東京メトロ表参道駅
みずほ銀行青山ビル1F

上野店
東京都台東区上野桜木1-5-7
03-3828-9826

松屋銀座店
東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座B1
03-3535-7688


www.tourindou100.jp


www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com