専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

名古屋『山田餅本店』古代米おはぎ、草餅、栗おこわ。自然の色彩を目と舌で味わうことの贅沢。

昨今では「インスタ映え」を求めてスイーツの食べ歩きなどをする人もいるようですが、若い人が多いせいか、どうしても洋菓子の方が目につきます。

たしかに芸術品のような佇まいの上生菓子は別として、我々が普段いただいているような和菓子は、白と黒の大福や、茶色のお饅頭やどら焼きなど、餡子からなる暗い色が多く、インスタ映えとは程遠いと思われがちです。

しかし、中にはあるのです。
表向きはとっても庶民的なのに、一皮剥けばいきなりのゴージャスを見せてくれるお菓子が!

それがこちら。。。
名古屋の『山田餅本店』さんの餅菓子です。






古代米おはぎ

ぱっと見、おはぎには見えませんが、れっきとしたおはぎです。
氷餅の下に古代米の小豆色が見え隠れしています。

さらにズーム

表面に氷餅がまぶされていてキラキラとしていますが、ここまでは割と地味です。

しかし、一皮剥くと。。。

とても鮮やかなライトグリーン!
ずんだ餡です。

ほのかな甘さと塩気のあるずんだ餡は、とにかく枝豆の味と香りが濃く、枝豆そのものを味わっているよう。

古代米の粒々っとした歯応えと、もちっと柔らかな餅米の食感がずんだ餡といい感じで合っていて、とても食べやすくなっています。

このてのおはぎで思い出すのは、青山『まめ』さんの『黒米おはぎ』ですが、そちらは餡子に黒米がくるんであります。
こちらもまた美味なり。。。

白いもちもちとしたおはぎも美味しいけれど、古代米などを使ったおはぎはまた違った美味しさを味わえます。

それにしても、この古代米の小豆色とずんだの緑。この色の組み合わせはまさにジャパンビューティー。。。

インスタ映え間違いなしです。

草餅

『山田餅本店』さんの看板商品でもある草餅。こちらも負けず劣らずに綺麗な色をしています。
色もさることながら、形も栗のようにツンとツノがあって、なんとも愛嬌があります。

よもぎの香りをふんだんに蓄えたお餅は、もちもちと柔らかくて、中の粒あんはあっさりとジューシーな感じ。

屋号が「餅店」というだけあって、このお餅がとても美味しいです。


庶民的な和菓子も派手さはないけれど、十分に美しく、上生菓子までいかずとも、目で舌で味わえる和菓子もあるのです。







さて、普段よく行く和菓子屋さんでは、お赤飯をお持ち帰りすることも多いのですが、こんな美味しい餅菓子をお作りしている「山田餅店』さんです。もちろんおこわも美味しいはず!と、こちらも。

栗おこわ

栗はほくっと柔らかく、甘く炊いてあります。おこわもしっかりとした歯応えがあり、「餅米食べてます!」という満足感が得られます(笑)

私はお赤飯が大好きなので、是非こちらのお店のお赤飯も食べてみたい!

やっぱり名古屋まで行かなくちゃダメかしらね。。。『一朶』さんの豆餅もすでに恋しくなっているし。。。

年内になんとか行けないものかしら?

ああ、無理だわ。。。

うわぁ〜、でも行きたい!

などと、カレンダーと睨めっこしています(笑)


www.yamadamochihonten.co.jp


www.hw-frankie.com