専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

仕事を辞めてまた完全専業主婦生活始めました。これからはのんびり、ゆっくり過ごします。

今日の東京はとても穏やかな良いお天気でした。
極端に寒くなったり、暖かくなったり、着る服にも迷ってしまい、「なんだかイマイチだわ。。。」などと思いながらもお出かけしています。

さて、ここのところ和菓子、それもお大福ばかりの記事になっているので、ちょっと休憩して近況など。。。







実はお仕事を辞めて、12月からまた無職の専業主婦に戻りました。
辞めたというよりは、たまたま契約更新月だったため、契約更新をしなかっただけなのですが。。。

働き始めてからずっと、毎日楽しくお仕事していたので、契約更新するのが当たり前と思われていたのでしょう「なんで⁉︎ なにが嫌なの?」
などと、会社では部署を飛び越えて別の方からも面談の呼び出しがあるなど、なかなかすんなりとはいきませんでしたが、最後は理解して頂き円満に退社しました。

今はパートタイマーなども雇用される際に、契約期間が定められていることが多いものです。
思うに、これは昔のように「貴様!クビだー!」という事が公に罷り通らなくなった社会となったため、企業側の防衛手段としてできたシステムではないかと私は思っているのです。

これは企業側のみならず、雇用されている側にとっても、仕事を続けるか否かを選択できるという事と理解しています。
つまり両者にとって、都合のよい約束事ということです。
これはとても気持ちを楽にしてくれるもので、私としては仕事を辞めるという意識ではなく、契約更新はいたしません。という気持ちでいられたからです。

「他の部署に移動も可能だから更新したら?」など、現状に不満を持っているのかと、かなり深読みされ、ありがたいことに待遇面でも色々なオファーをしていただきましたが、決してそうではありませんでした。
仕事内容も職場環境も待遇も、契約内容にはなんの不満もありませんでした。

それでも一度決めたらもう気持ちの切り替えはできません。
そんなとこ、とても不器用なのです。

仕事は楽しかったですし、人間関係も問題なし。少し前までは、還暦になるくらいまで働いてもいいかも。。。などと思っていたくらいです。

側から見れば辞める理由は見当たらないといったところなのでしょうが、私にはちゃんと理由がありました。







それは「健康」と「時間」です。簡単に言ってしまえば、もう少し自分の時間が欲しかったということと、体調不良を整えるためということです。

専業主婦として担っている家事はなによりも優先すべきことで、それ以外の時間で仕事なり趣味なり好きなことをして過ごすというのが私の立場です。

前にもブログにちらりと書いた事があったのですが、仕事を始める前は、家事が済めばあとはすべて自由でした。その中で人と会ったり、美味しいものを買いに行ったり、好きなことをして過ごしていたのですが、仕事を始めてからもそんな生活を変えたくなかったのです。

フルタイムならまだ考えたでしょうが、扶養控除内のパートタイマーという半端さから、時間がないようであるというのか、あるようでないというのか、全て出来そうな気がしてしまったのです。

実際にできてしまうのが逆に悪かったと言いますか、あれもこれもと欲張った末、かなり疲れてしまったようなのです。

私としては家事など、手抜きできるところはしっかり抜いていたつもりだったのですが、抜き足りなかったようです(笑)
身体の方が先に根を上げてしまいました。

ここ数ヶ月間、少しでも疲れが溜まったり寝不足になったりすると、目眩がして一晩治らないといったことが時々起きるようになりました。きっと更年期の影響もあるのでしょう。
これは少しゆっくりすることが必要だわ!と温泉にでも行こうかと思っても、仕事と家族の都合を考えると、なかなかそんな時間を持つこともできません。

そうなると、ストレスも溜まってきます。性格的にやりたいと思ったことをすぐに実行できないとダメなのです。
ストレスが溜まると、余計に不調を感じるようになるという悪循環で、さらに目眩がクルクル。。。

そんな様子を見兼ねてか、外国人夫からは「健康第一!あれこれと欲張らず、余裕のある生活をせよ!」と苦言を呈されていました。

仕事がしたいのなら、他のことはほどほどに!他のことが思い切りしたいのなら、仕事を辞めるべき。
そんなことをいつも言われ、確かにそうよね〜と自分でも思うようになりました。

考えてみれば、50を過ぎてから子供に手がかからなくなったことも手伝って、元気なうちに色々なことがしたいと迷走気味だったのかもしれません。

仕事もまたしてみたい。。。

趣味も欲しい。。。

お友達とも楽しく遊びたい。。。

美味しいものもいっぱい食べたい。。。

旅行もしたい。。。

etc。。。

確かに欲張りです。。。

これまでは、「二兎追うものは一兎も得ず」という考えは一切なく、欲しければ何兎でも追いかければいいと思ってきましたが、年齢がそれを許さなくなってきたのでしょう。
あちこち走り回り、欲しいものを追いかけ回す体力自体がなくなっていたのです。

結局のところ、自分が一番欲しいものはなにか優先順位をつけてみた結果、一番は健康で、次は遊ぶこと(笑)

もうお仕事はいいんじゃないかしら?という結論になりました。

若い時からずっとお仕事を続けてきた方などの中には、そろそろお仕事は終わり。そんな人も出てくる年代です。

私ももう働くことよりも、他のことをゆっくりと楽しんでいこうかという気になりました。
やらなければ後悔は残ったでしょうが、ある程度やったことで諦めもつきました。







11月の後半は有給の消化などでほとんどお休みしていました。
その間、家事のかたわら外国人夫の仕事のサポートしたり、お買い物へ出かけたり、子供達と遊びに行ったり、お友達といろいろなお店に食事に行ったりと、なかなか楽しく過ごしていました。
もちろん甘いものもたくさん食べました(笑)

久しぶりの時間に追われない生活はなかなか快適で、「専業主婦も悪くないわね」と、今は心の底から思いながら生活しています。

幾つになっても身体の動くうちは働くべき!という意見もありますが、私はやはり一度大病を経験しているので、身体のことは最優先です。
それを踏まえた上で、この歳だからこそできることをゆっくり楽しもうと思っています。

人によって生き甲斐は様々です。仕事であったり、趣味であったり、人は自分の生き方を自分で選ぶことができます。

私にとっては専業主婦として家のことをしながら、好きなことをして、ゆったりと過ごすこと。それが今の自分にとって一番の生き甲斐なのかなと今は思えます。







とかなんとか言いつつ、またいつ気が変わるかわからない気紛れな性格なのですが(笑)
またどこで気持ちが変わるかはわかりませんが、その時々選択する自由というものだけは持っていたいと思います。

外国人夫も子供達も、私がいつでもヘルプできる状態にあることは都合がいいようで、「もうお仕事はしません」と言ったところ、かなり喜んでいました(笑)

今時の若い人は共働きが当たり前。旦那さまも奥様が働くことをよしとする方が多いと思いますが、我が家はまだまだ昭和感覚なようです。

家事も雑用も全部やってくれて、臨時のヘルプも頼める。そんな専業主婦は忙しい夫にとっては便利なようで、早速あれこれとおつかいを頼まれています(笑)

ゆっくりできる時間ができたことで、体力的にはずいぶんと楽になりました。目眩の方もほとんど起きなくなりました。
その変わり、ちょっと太ってきそうな予感が。。。
それだけが難点ですが、なかなかいい生活なのではないかと、満足しています。

これからはもう少しブログに費やす時間もできそうです。
ちょっとマンネリ化している気もするので、新しいことでも考えてみようかなと思っています。


そんな生活の変化はありましたが、ちゃんとお菓子は食べています。
ダイエット中なので控えてはいますが、完全にはやめられません。

今日のお菓子はジョアンのミニカヌレです。

楊枝の長さを見ていただければ、カヌレの大きさがわかるかと思います。

こうしておくと、家族がパクパクと摘んでいきます。

おちびさんですが、中もしっかり美味しいカヌレです。