専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

京都 鳴海餅本店『栗餅』『栗赤飯』。ちょっと遅くなりましたが、来年も楽しみに!ということで。

今日の東京は前日から雪の予報が出ていたとおり、とても寒い一日でした。
お隣の横浜では雪が散らついたようですが、東京は雨模様ではありましたが、雪は降らなかったようです。

秋から急に真冬になってしまったような感じです。。。

そんな気まぐれな季節の移り変わりに迷わされたのか、のんびりしているうちに、この栗餅の季節も終わってしまいました。
もっと早く記事にできればよかったのですが、タイミングを逸してしまったようです。。。

それがこちら、京都の『鳴海餅本店』さんの栗餅です。

今年は数日前に終わってしまいましたが、記録としてアップしておきます(笑)






『鳴海餅本店』さんは、創業が明治8年という老舗ですが、私がこのお店を知ったのは、いつもお世話になっている高島屋さんの『京都航空便』でした。
この歳になるまで何度も京都を訪れていますが、一度もその暖簾を潜ったことがありません。

栗餅

真っ白な丸い綺麗なお餅は鏡餅に見えなくもありません(笑)

蒸したて、搗きたて、出来たてを提供という、美味しいお餅を使ったお菓子です。

ほくっと柔らかく炊かれた渋皮付きの栗が丸々一つ。
サラリとした瑞々しいこし餡を、コシの強いモチモチのお餅が包んでいます。

きな粉をつけて頂くというちょっと変わった食べ方。東京ではあまり見かけないのですが、これが思った以上に美味しい!

さすがお餅屋さんです。お餅ときな粉の相性が抜群で、栗よりもむしろこちらが主役?と思えるくらいでした。






栗赤飯

和菓子屋さんのお赤飯って、ほとんどがとっても美味しいのですが、こちらはその中でも格別。

佐賀県ヒヨクモチにこだわった糯米はふっくら、もちもち具合が絶妙で「さすが。。。」と思わず呟いてしまう美味しさ。

実のところ、栗餅よりもこちらの方が本命です(笑)

ふっくら、柔らかく炊いた大粒の小豆は丹波大納言。これがとにかくゴロゴロはいっています。

栗も余計な甘ったるさがありません。よく栗おこわなど、栗の甘露煮をつかっているものも多いのですが、私はどうもそれが苦手で。。。

こちらは栗本来のもつ自然の甘さだけなので、とても好みに合っていました。

面白いなと思ったのが、付属の胡麻塩が白胡麻だったことです。東京ではお赤飯といえば黒胡麻です。
白胡麻の方が香りが柔らかいせいか、より風味が活きて、全体的に優しいお味になっていました。

とはいえ東京人としては、あの黒胡麻のガツンと濃厚な香もたまりません(笑)

これからお赤飯を食べる際は、一緒に頂くおかずによって、黒胡麻と白胡麻を使い分けてみようと思いました。

栗の季節が終わった後も普通のお赤飯はあるので、来年まではそちらを頂こうと思っています。
そして、いつかこちらのおはぎも食べてみたい!

https://www.narumi-mochi.jp/index.html

www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com