専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

東大前『一炉庵』の甘納豆。お豆の美味しさそのまんま楽しめる、しっとり食感の甘納豆です。

甘納豆を食べるのは年に数回です。
その割には好きなのですけど(笑)

美味しそうなものと出会った時だけ買ったり、ごくたまーに知人からの手土産で頂いたりするくらいです。

『一炉庵』さんの甘納豆も以前友人から頂いたことがあり、その時にとても気に入ったものでした。

つい先日、久しぶりに『一炉庵』さんへ行った際、その甘納豆の美味しさを思い出し、和菓子と共にお持ち帰りしてきました。

甘納豆は全部で4種類あります。
甘納豆といえばちょっとドライなものを思い浮かべますが、こちらの甘納豆はしっとりとしています。

丹羽大納言

丹羽大納言小豆というだけに、とにかく一粒一粒が立派です。
甘さを控え、小豆の風味を最大限に引き出した絶品甘納豆です。


虎豆

ツヤツヤとした大ぶりなお豆は、名前のとおりの虎柄。
キュッとした歯応えを残した皮、中はほくっとしていて、虎豆だからこその食べ応えがあります。
雑味のないスッキリとした味わいのお豆です。


青豌豆

うぐいす色の舌触りの良いお豆は、小豆とはまた違ったえんどう豆独特の風味が楽しめます。
ビタミン、鉄分、繊維質など栄養価も高い上に美味しいお豆です。


丹羽白小豆

小さな白小豆は豆自体が控えめで品の良い甘さをもっています。口に含むとコクのある小豆の旨味が広がり、ついついもう一口、もう一口と進んでしまいます(笑)
白小豆だからこそ出せる味わいといえます。


こうして4種類一緒に頂いてみると、それぞれ違った個性が見えて、食べていてとても楽しい!

どれが一番美味しい?と言われても、本当にそれぞれが違った美味しさで、これは比較してはいけないものだと思います。

この甘納豆がとっても美味しいので、自分でもお豆を炊いてみたくなりましたが、それぞれのお豆の個性を最大限に引き出し、ここまで美味しく炊き上げるのは、やはり熟練の技が必要なのだろうなと。。。

一口食べるごとに諦めの気持ちが大きくなっていったのでした(笑)







冷蔵で1週間日持ちがするので、私は毎日全種類、少しずつ少しずつ楽しみました。

ちょうど年末年始に向けて、胃袋にお休みを与えているところ(つまりダイエット)だったので、甘いものが欲しいときに、ほんの少量ずつ口にするのに最適でした。

お豆の甘さと美味しさが存分に堪能できる、とても上質な甘納豆。
上生菓子なども美味しいですが、甘納豆もおすすめです。

店舗

東京都文京区向丘2-14-9
03-3823-1365

アクセス
地下鉄南北線「東大前」より約5分
地下鉄千代田線「千駄木」より約7分


www.hw-frankie.com