専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

京都 中村軒『黒豆大福』。これは期待以上の美味しさ!豆大福におけるお豆の役割を再確認できる大福です。

最近たびたび登場していた高島屋さんの『京都航空便』ですが、これが今年最後の京都のお菓子です。

12月の航空便では、最近アップした『鳴海餅本店』さんのよもぎ大福、そしてこちら『中村軒』さんの黒豆大福がお目当てでした。

黒豆大福

大きさは割と小ぶりのお大福ですが、その分黒豆がポコポコと目立ちます。

初めていただきましたが、一口食べてビックリ!
とにかく黒豆の美味しさが秀でています。

大きくてわずかな歯応えを残す程度に炊かれたお豆は、黒豆独特のコクがあって、ものすごく美味しいです。

皮はもちもちっとした弾力があり、黒豆の風味と歯応えをさらに際立たせてくれます。

餡子は粒あんで、甘さはとっても控えめ。

あまりに黒豆の存在感が大きいので、餡子がかすむ?とも思いましたが、合わせて食べてみれば、なんとも美味しくまとまっていました。

このようなものを食べると、「豆大福」におけるお豆の役割がどれほどお味を左右するか、よくわかります。

これは期待以上の美味しさでした。

今年の『京都航空便』では初、つまり今年最初で最後だったので、どうしても食べてみたかったのですが、並んだ甲斐は大いにあった!と思えるほど気に入ったお大福なのでした。

来年またお目見えの際は、必ずゲットします!







この日、こちらもまたお持ち帰りしてしまいました。。。

『出町ふたば』さんの豆餅です。

何度も食べたことはあるし、今回はいいかな。。。と思いつつも、見かけるとついつい買ってしまいます。

それもこれも、この硬くコリっと炊かれたお豆と、あのコッテリとしたこし餡のせいです。
こちらもまた、お豆が生きているお菓子の代表格といっていいでしょう。
何度いただいても美味しい豆餅です。

ちなみに我が家の外国人夫も、この豆餅は大のお気に入りです。


www.nakamuraken.co.jp

www.hw-frankie.com

www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com