専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

京都 寛永堂の『干支薯蕷 子』。お年賀でいただいた新年のおめでたい紅白饅頭。

久しぶりの餡子ネタです。

年が明けてからというもの、羊羹以外は毎日洋菓子をいただいていましたが、そんな中、お正月にお友達からお年賀のお饅頭を頂きました。

1630年創業、京都に本店をかまえる老舗の和菓子店『寛永堂』さんの紅白饅頭です。

東京にも青山や麻布十番など、路面店から百貨店の中までたくさん店舗がありますが、思えば私はお買い物したことがありませんでした。







そんな寛永堂さんのおめでたい『干支 薯蕷 子』です。

紅白饅頭は子供達が小学生くらいまでは、学校行事があるたびにいただいていました。そんな近所の和菓子屋さんで作ってもらっていたのは、白いお饅頭は粒あん、ピンク色のお饅頭がこし餡でした。

粒あん好きの私ですが、お饅頭に関してはこし餡も負けず劣らず好きです。
子供達はこし餡が好きなのか、私はいつも白いお饅頭を食べていた記憶があります。







さてさて、こちらはどんなお饅頭か。。。
今年初の餡子、そして初の寛永堂さんのお菓子です。

今回は紅白両方いただきました。

山芋と米粉を使用した生地はしっとり、もっちりとしています。

今年の干支である「子」。ねずみの形はどんなお菓子になっても可愛らしく、食べるのがためらわれます(笑)

餡子は白も紅も甘さを控えたシンプルなこし餡です。


なんせ久しぶりの和菓子でしたので、とっても美味しくいただきました。
やっぱり餡子は美味しい!

パッケージはエイジレス(脱酸素剤)入りなので割と日持ちはするようですが、一度開けたらすぐ食べたいもの。
不在がちの家族には分け与えることなく、一人で食べました!

前を通りかかるたびに、ちょっと気になっていたお店だったので、思いもかけずいただくことができ嬉しかったです。
ごちそうさまでした!


www.kaneido.com