専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

巣鴨『すがも園』の開運塩大福とあわ大福、お赤飯。イートインで焼きそばも食べてきました。

前回に引き続き巣鴨の『塩大福』連投です!

今回は『巣鴨地蔵通商店街』に入って少しいったところにある『すがも園』さん。

向かって左手に和菓子の並んだカウンター、そして右手には昔懐かしい和菓子屋さんのお食事の食品サンプルが並んだショーケース。

のり巻き、ラーメン、おうどん、焼そば、あんみつからクリームソーダまで。。。

見ていたら、焼そばがたべたくなって思わず入ってしまいました。






イートインで焼きそば

店内は昔懐かしい雰囲気。
よくある下町の和菓子屋さんに併設された甘味処とお蕎麦屋さんを合わせたような感じです。

入口のレジで食券を買い、好きなテーブルに座ると、お茶が運ばれてきて同時に食券を半分切って回収していきます。

私がオーダーしたのは「焼きそば」です。
麻布十番の浪花屋さんの焼きそばなど、こんなお店の焼きそばが大好きです。

中華料理が盛られてきそうなチャイナな器。
紅生姜はお約束ですが、なんとカラシつき。冷やし中華のようです。

具材はキャベツにもやし、細切れ焼豚、ナルト。上には青海苔がパラパラっと。
麺は焼きそばの割には太めの麺です。

見た目よりもお味はあっさりしていますが、お好みでおソースが足せるように用意されています。

半分普通に食べ、お味に飽きがきたらおソースをたっぷりかけていただきます。

焼きそばにカラシという組み合わせは初めてでしたが、これが意外なことに美味しかったのです!
ちょっと衝撃でした。私は初めてでしたが、他にもこんなお店ってあるのでしょうか。
自宅でも次回からはカラシ付きにします。

ボリュームもたっぷり。これで¥600って、どれだけ良心的なお値段なのでしょう!
このようなお店でお食事をしたのは久しぶりでしたが、やっぱりいいですね。

ちょうど昼時でしたが入った時は2組しかお客さんがいなかったのですが、焼きそばをすすっているうちに、あっという間にいっぱい。
お年寄りから若い人まで、寒かったせいか、周りではおうどんを食べている人が多かったです。

焼きそばを完食した後に、あんみつでもと思っていましたが、あまりにお腹いっぱいになってしまったので席を立ちました。

去り際、カウンターに並んだ大福をチラリ。。。
やっぱり甘いものは素通りできません。

さっき、他のお店で塩大福を買ったばかりでしたが、ついつい。。。

少しだけお持ち帰りして、家でいただきました。






塩大福

割と歯応えのあるお餅生地に硬めに炊かれた赤えんどう豆が適度に入っています。
そこにかなり強めの塩っぱい粒餡が詰まっています。

実は塩大福をきちんと食べたのは今回の巣鴨滞在が初めてでした。
普段、こんな塩気のある餡子はいただくことがないので、最初はちょっとビックリしましたが、とても美味しかったです。


あわ大福

あわ・きび好きにはこれも見逃せません。

生地は粒々としたタイプではありません。
ちょっぴりクリーミーさが感じられるスムーズな生地です。

餡子は塩豆大福に入っているのと同じ塩っぱい粒餡でした。


お赤飯

そして、いつもながらのお赤飯。

前のお店で1パック、こちらで1パック。
食べ比べではありません。大好物なので見ると買ってしまうだけです(笑)

ふっくらお豆がたっぷりで嬉しい!

こちらのお店では、とっても可愛いお婆ちゃんが店頭にいらして頑張っていました。

かなりのお年とお見受けしましたが、しっかり注文からお包み、お金のやり取りまでチャキチャキとこなしておられ、このお年ですごいな!と。。。

こんな方を見て、ここを訪れるお婆ちゃん予備軍のおばさま達は元気をもらうのでしょうね。
(私もその年齢に着々と近づいていますが。。。)

『巣鴨地蔵通商店街』には、何軒かの和菓子屋さんがあります。
どこのお店も『塩大福』を看板商品に掲げているので、次回訪れた際にはまた違うお店のものをお味見してみなければ!と思ったのでした。。。


www.sugamoen.com

www.hw-frankie.com