お菓子を巡る暮らしの雑記帖

アラフィフ主婦が美味しいお菓子とともに過ごす毎日を思いつくまま綴るブログ。食、家事育児、国際結婚、ブログなど。。。

Sponsored Link

巣鴨『ファイト餃子』の定食とテイクアウト。行列ができるホワイト餃子がいただけるお店。

巣鴨に行った際には絶対に行こうと思っていたお店があります。
巣鴨の行列店の一つである『ファイト餃子』さんです。

ちまたには人気の餃子店が全国各地にありますが、この餃子もまたその一つ。

元々は千葉県野田市に本店を構える『ホワイト餃子』さんという全国にチェーン展開している餃子専門店なのですが、こちら『ファイト餃子』さんは支店ではなく「技術連鎖店」になります。

これは本店と同じメニューでの営業をしていない店をそう呼ぶそうで、ホワイト餃子を提供すると同時に別メニューでの営業をしているお店のことだそう。

『ファイト餃子』さんも、本店や支店にはない炒飯やラーメンを提供しているため「技術連鎖店」となります。

このお店、結構な人気店で行列ができることでも知られています。

私が訪れたのは週末の12時半くらいでした。オープンが11時半からなのですが、その時、既にお店の前には行列ができていました。

他にもちょっと寄りたいお店があったので、少し時間をずらして1時間後に訪れた際、運良く空席があり、待たずに入店できました。







餃子定食

ひょっとして混むのはお昼時だけ?と思いきや、その後続々と人がやってきて、また行列ができはじめていました。

さて、周りを見渡すと餃子と共にラーメンやチャーハンを食べている人が多くいました。

しかし、私は「餃子定食(8個)』をオーダー。餃子には白米です!

10分程度でしょうか、餃子が焼き上がりご飯、お味噌汁、お漬物と共に登場です。

こちらの餃子は「焼く」というよりは、たっぷりの油で「揚げ焼き」してあります。
なんとも美味しそうなゴールデンブラウン。間違いなく美味しい「色」です(笑)

餃子の形も従来のものとは違い、コロコロっと丸くてずんぐりとしています。

お味噌汁はおネギとワカメのシンプルなもの。

ご飯は半分にしてもらうつもりがいい忘れてしまいました。。。
結構盛りがいいのですが、女子でも完食できる量。もちろん私もお米一粒残さず食べました!

お漬物もついてきます。壺漬けと青物野菜の塩もみ。

この餃子、皮が厚くてしっかりしているので、水餃子でも美味しいかも!と思いました。具材も野菜が多くてふんわりと軽い。

中国で餃子は具よりも皮を楽しむものだそう。こちらの餃子はまさにそんな感じです。

テーブルにはお醤油、お酢、胡椒、ラー油、唐辛子が用意されています。

ちなみにお水もセルフです。

私は餃子を食べるとき、お醤油は使わずにお酢と唐辛子、ラー油で食べます。

美味しかった!
餃子10個でも余裕で食べられたなと、控えめにしたのを後悔しました。

満腹になり、そのあとはよい気分で商店街をウロウロ。運動です!






アクセス

駅からぶらぶら歩いて行くと10分弱でしょうか。私は寄り道しながら歩いていたので、ちょっと詳しい距離は申し上げられないのですが、遠くはありません。

駅からは「地蔵通商店街」を通っていきました。

途中、人気の定食屋さん「ときわ食堂」さんに長い行列ができていました。
カキフライやアジフライとか食べたい。。。とちょっと心が動きます(笑)

そのままさらに奥へぶらぶらといくと、右側にジャノメミシンのお店があります。ここを左に入って行くと、遠くに見えてきます。

30メートルくらい?
オレンジ色で『ファイト餃子』と書いてあり、たいがい店頭に人が待っているのですぐわかります。


テイクアウト

お店に向かって左の方がイートインの入口、右側の小窓がテイクアウトです。

小窓のすぐ向こう側で餃子を焼いているので、ここで必要な数をオーダーします。

・焼き餃子 8個入 ¥480(税込)

・生餃子(冷凍)16個入 ¥650(税込)

・自家製ラー油 中 ¥100、大¥200

こちら、生餃子(冷凍)。16個入、2つ。
上に8個、下にも8個、冷凍されて入っています。

くっついていますが、一つずつ手で外せます。これをフライパンに隙間を開けずに入れて焼きます。

通常の餃子の焼き方とは若干異なるのですが、包装紙に焼き方が書いてあるので、ご家庭でも簡単に美味しい餃子が焼けます!







ホワイト餃子

私が初めて『ホワイト餃子』を食べたのはもう何十年も前のことです。
キッコーマン醤油で知られる千葉県野田市に当時住んでいた知人から、「美味しいから」といただいたのが最初でした。

以来、何度かいただいたのですが、もう何年も前から、以前のようなお付き合いもなくなり、同時にこの餃子とも疎遠になっていました。
それでも時折思い出しては、「また食べたいなぁ。。。」などと思っていました。

食べたければ買いに行けばいいのですが、全国に支店があるとはいえ、どこも我が家からは遠く、なかなか足が向きません。

巣鴨にも『ホワイト』ではなく『ファイト』という名の同じような餃子がある!というのは知っていました。
それほど遠くはないけれど、近いとも言えない巣鴨。。。しかもあまり馴染みのない街でもあります。

なかなか重い腰が上がらずにいたのですが、今回偶然にも巣鴨を訪れることになり、その時真っ先に頭に浮かんだのが「とげぬき地蔵」ではなく、この「餃子」だったのです(笑)

今回訪れてみて、巣鴨は思ったよりも近いこと、そしてここへ来ればいつでも美味しいホワイト餃子にありつけ、テイクアウトもできることがわかりました。

これからホワイト餃子が食べたくなったら、外国人夫を『ファイト餃子』さんへ走らせます!

彼も『ホワイト餃子』が大好きなので(笑)


www.white-gyouza.co.jp

www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com