専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

両口屋是清の定番3種詰め合せ。変わらない思い出の味、よも山、旅まくら、志なの路。

名古屋のお菓子にはあまり馴染みがないと言いましたが、ありました!
あまりに当たり前のような存在で、しかも東京でしか食べたことがなかったので、名古屋のものという感覚がなくなっていました。

あの有名な『両口屋是清』さんです。

子供の頃、家にはいつもこの店のお菓子がありました。
貰い物だったのか、父が買ってきたものなのか、とにかくいつも手を伸ばせば、このお菓子があったのです。

先日、そんなお菓子を久しぶりに買ってみました。






志なの路

昔から3種類の中で、この『志なの路』が一番好きでした。
フガっとした柔らかい皮が香ばしくて、子供にとってもとっつきやすい、一番美味しさが感じられるお菓子でした。


よも山

パッケージが変わった?ビニールに包んであるのをペリペリっと剥がすタイプだった気が。。。
でも、この方が日持ちしそうです。

カサカサっとした皮の表面が所々お砂糖でコーティングされていて、見た目がきれい。

昔は、これが一番贅沢に見えていました(笑)
『志なの路』が一番好きなのに、わざとこっちを食べたりして。。。
こっちも美味しいんですけどね。


旅まくら

上下、左右で違う皮。上下には黒胡麻が練り込まれています。左右はお砂糖でシャリっとした食感。
黒胡麻と餡子の相性の良さ、このお菓子で初めて知りました。

こちら一番小さな詰め合わせで、志なの路が6個、よも山が2個、旅まくらが6個入っています。

自宅でいただくおやつ用には十分なサイズ。また、ちょっとしたプチギフトにも対応できるかと思います。

結婚前から我が実家へ出入りしていた外国人夫も「懐かしいなぁ。いつもお義父さんの家にあったよね」と、相変わらず大きな口を開けて、ポイっと摘み食いしていました。
この食べ方、見るたびに「もっと味わって食べられないのっ⁉︎」と、カチーン!ときます。。。

何はともあれ、このお菓子は昔から変わらない味ですね。


www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com