専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

『ラ・サブリジエンヌ』ミニ扉缶エキゾティック(塩バターキャラメル)。本場フランスのサブレをお取り寄せ。

今年の4月から、普段のおやつはほとんどお取り寄せしています。それまではもっぱら店舗やデパ地下でのお買い物しかしませんでしたが、新型コロナのせいでそれもできなくなり、渋々といった感じで始めたのですが、一度二度と繰り返すうちに、すっかり慣れました。

お菓子はもちろん、美味しそうな食材やお得な物を見つけてはポチポチ。。。

中でもクッキーはたくさんお取り寄せしました。
日持ちする上に、我が家の面々は毎日でも食べたい!というくらいクッキー好きなので、いい加減作るのも面倒になり、それなら!と趣味と実益を兼ねてポチポチしました。

とりわけ可愛いクッキー缶は見るとすぐポチッとしたくなります(笑)

こちらもその一つ。思わずビジュアル買いしたサブレです。






ラ・サブリジエンヌ

『サブリジエンヌ』はサブレ発祥の地と言われるフランスの西部、サブレ=シュル=サルトに本店を構えるビスケットの製造メーカーです。

「サブレ」といえばマドレーヌ侯爵夫人のレシピが元となっていると言われるお菓子ですが、こちらのお店のサブレも、いまだそのレシピで忠実に作られている本物のサブレです。

本店の工場でのみ作られているサブレは、着色料や保存料などは使用せず、すべて自然素材で作られた素朴な味わいが特徴です。

そして、なんと言ってもここのお菓子はとにかくパッケージが可愛く、箱や缶も素敵なものがいっぱいなのです。

こちらは一目惚れで思わずポチリしたお菓子。

ミニ扉 エキゾティック (塩バターキャラメル)


1個 200g 入り 3,132(税込)

4枚のサブレが入ったパッケージが8個、缶の中に詰まっています。

バターがほんのりと香るサブレは、キャメルの風味とわずかな塩気があります。

サブレ生地の中にキャラメルの粒がはいっていて、ザクザクとした食感です。甘いキャラメルは主張しすぎることなく、サブレ本来の味わいは残したまま。
素材の味が堪能できるプレーンもいいけれど、これもまた美味しい!

缶のデザイン

品名の通り、缶の表面に扉があります。
缶の蓋を開けてとってもよし、扉から出してもよしのグッドデザインです。

上蓋を開けるとこんな感じ。

缶の側面も4面それぞれ違った図柄になっていて、とても素敵。

こちらは正面

左脇はピンク地にお店のロゴ。

右側はまた違ったイメージの幾何学模様。

そして、裏側は綺麗なブルー地に鳥の柄があしらわれています。

とてもデザイン性のある缶で、食べ終わった後も「何に使おうかしら」と二度美味しいサブレ缶なのでした。

お取り寄せ先とお値段

『ラ・サブリジエンヌ』のサブレは、『シャルマン・グルマン』のサイト、又は『婦人画報』のお取り寄せサイトからもできます。

青山にあった『シャルマン・グルマン』の店舗ですが、残念ながら先月閉店になってしまいました。しかし、まだオンラインでお買い物ができます。


www.c-gourmand.jp


今回はこちらのサイトでは品切れになっていたので、『婦人画報』からお取り寄せしてみました。

お取り寄せを始めてから、よく見るサイトで、何件かお買い物をしましたが、かなり人気のサイトのようですね。
たまにレアなお菓子なども登場するので、物によっては争奪戦というくらい、あっという間にソールドアウト。。。
私も何度も涙をのんでおります(笑)

それでも『ラ・サブリジエンヌ』のサブレは種類も豊富で、比較的買いやすいのでおすすめです。
素敵なお菓子がたくさんあります。

今回のお取り寄せ料金
本品 ¥3,132(税込)
送料 ¥770
合計 ¥3,902


fujingaho.ringbell.co.jp


まだまだ自粛中にお取り寄せしたクッキーが、いくつも後に控えています。
のんびりとアップしていく予定です。