お菓子を巡る暮らしの雑記帖

アラフィフ主婦が美味しいお菓子とともに過ごす毎日を思いつくまま綴るブログ。食、家事育児、国際結婚、ブログなど。。。

Sponsored Link

京都『白(ハク)』とち餅。春を思わせる贅沢な大人の和菓子。

先週末、大阪へ行く用事ついでに京都へ行き、美味しいお菓子を堪能してきました。
前回の投稿は洋菓子だったので、今回は和菓子を。

京都の有名な料亭『高台寺和久傳』さんが手がけるおもたせ専門店『白(ハク)』さん。

こちらのお店、以前から京都を訪れるたびに、お目当てのお菓子を予約しようと何度か試みたものの、予約がすでにいっぱいであったり、定休日と重なってしまったりと、タイミングが合わず何度も諦めてきました。
今回こそはと大阪行きが決まってすぐに京都行きも計画し、2週間前に予約をしておきました。



祇園四条駅から徒歩で約5分。祇園町の南側、多くの人で賑わう表通りの喧騒から逃れるように、横道へ入っていくと、一見どんなお店かわからないような一軒家があります。

入口も『白』と書かれているだけ。
知らなければ美味しいお菓子があるとは想像できません。。。

入口には「むしやしないと和菓子のお店」とあります。
店構えが一見さんにとっては入りにくそうな雰囲気ですが、この一文が『白』さんのホスピタリティーを物語っています。

こちらの入口から入り、短い階段の先がすぐ店舗。

店内は落ち着いた和の空間。
お菓子やむしやしない(お弁当)が、綺麗にディスプレイされています。

店内に入り、予約しておいた旨を伝えると、「お茶を召し上がって行きませんか?」とお声をかけていただいたので、カウンターに座ってゆっくりお茶を頂きました。

お茶と一緒に、こちらで購入できるお菓子もお味見。
とても美味しかったので、お土産にお持ち帰りしました。

こちらに幾つかのお茶が並んでいますが、私が頂いたのは「紅烏龍茶」。とても丸みのある美味しいお茶でした。

ゆっくりお茶を楽しみ、お写真を撮らせていただいたあとに、予約していたお菓子を用意していただきました。

今回は2つのお菓子を予約しておきましたが、そのうちの一つがこちら。
すでに売り切れになっていたので、やはり予約しておいてよかったです。

是非ともお味見してみたいと思っていたお菓子なので。。。



ホテルへ持ち帰ってから頂いたので、照明の塩梅で少し暗めですが、包装も素敵です。

大きな葉に包まれたお菓子。

開くと小さな四角いとち餅が3つ並んでいました。






とち餅


3個入 ¥1,500
消費期限 当日

「蕗のとうに香る春のにがみと白味噌あんを栃の実の風味で包みました」
そんな説明書きがあります。

とちの実を使った生地は木の実の香ばしい風味。ほんのり甘さがあり、とても柔らかく、もちもちっとしています。
もうこれだけで美味しい。。。

中の白味噌あんは甘さを控えた上品な味わいで、「ああ、なんと美味しいあんこか。。。」としみじみ。
しかし、これでは終わりません。
白味噌あんに蕗のとうが混ぜ込んであるので、さらに春のにがみが追いかけてきます。

これがなかなかしっかりと苦味を効かせていて、これまで経験したことのない、まさに大人の味わい。

とちの実の香ばしさと上品な白味噌あんが苦味に包まれ、まさに春を感じるお菓子でした。

一度味わってみたいと思っていたお菓子を堪能し大満足でした。

私は予約をしておいたので午後ゆっくり行きましたが、人気のお品はすでに売り切れていました。いつも開店前から予約なしの方が並んでいるそうなので、これぞというお菓子がある場合は予約をしておくことをお勧めします。

今回はもう一つ、『白』さんといえば「おはぎ」が人気ですが、そちらも一緒に予約し存分に楽しみました。
そちらのレビューはまた次回ということで。。。


haku.kyoto.jp