お菓子を巡る暮らしの雑記帖

アラフィフ主婦が美味しいお菓子とともに過ごす毎日を思いつくまま綴るブログ。食、家事育児、国際結婚、ブログなど。。。

Sponsored Link

秋田『川口屋』金のバターもち。秋田名物バターを使った餅菓子。

バター餅というもの、初めていただきました。
お餅が好きなのでネットなどでアレンジレシピなどを見るのですが、その際にバター餅のレシピも時折出てきて、ちょっとばかり興味を持っていました。
実際はカロリー高そうだなと躊躇していて、いまだに作ったことはありませんが(笑)
そんな気になっていたバターもち、元々はマタギの携行食だったそうですが、いまでは北秋田の名物です。

こちら『川口屋』さんの『金のバターもち』は、パッケージにもあるように2019年には「東日本お土産グランプリ」で、特別賞を受賞しています。

どんなお味のお菓子なのか、未知なる「美味しい」を求めてお餅(持ち)帰りしてみました。





金のバターもち


1個 ¥648(税込)
消費期限 購入してから1週間でした。

秋田県産の餅米を使用して作られたふんわり柔らかく、のびのよいお餅で甘さは控えめ。

純粋なバターというより、お菓子っぽいバターの風味が第一印象。
しかし、食べているうちにバター特有の芳醇な風味がお口の中にふんわりと広がります。

軽めのお菓子かなと思いましたが、そこはバターです。
かなりこってりと、後味にもしっかりバターを感じさせてくれます。

一口サイズのお餅4個というミニサイズのパッケージなので、初めてお試ししてみたい!という時などはありがたい分量です。またちょっとした秋田土産にも喜ばれそうですね。

kawaguchi-ya.jp