お菓子を巡る暮らしの雑記帖

アラフィフ主婦が美味しいお菓子とともに過ごす毎日を思いつくまま綴るブログ。食、家事育児、国際結婚、ブログなど。。。

Sponsored Link

青森『旭松堂』ビスケット饅頭。その名の通り、和洋折衷の味わいが楽しめるお菓子です。

ビスケットなのか、お饅頭なのか、なんとも見た目ではわからないこのお菓子。
先月の『和菓子縁日』で見つけ、どんなものが知りたくて、手に取ってみた『ビスケット饅頭』。

創業100年を超える青森弘前市の老舗『旭松堂』さんのお菓子です。

『ビスケット饅頭』もなかなか珍しいお菓子かと思いますが、『バナナ最中』という人気商品もあるそうで、面白いお菓子をお作りするお店のようです。

『和菓子縁日』ではバラ売りされているお菓子も多いので、お初のお菓子の場合はちょっとだけお試しできるのが嬉しいところです。




ビスケット饅頭


1個 ¥121(税込)

封を開けるとふんわりと甘い香り。「ビスケット」というように、これは洋菓子?

ところが薄い生地はビスケットというよりも、洋風の桃山風といった感じ。柔らかくきめ細かい生地です。

中は白あんですが、こちらも少しこってりとした味わいです。

バターや牛乳が使用されているので、全体的に洋菓子っぽい印象のお菓子でしたが。。。

かといって、ビスケットでもないし。。。お饅頭と言われれば、そんな気もしないでもない。。。
このネーミング、まさにその通りで、和洋折衷菓子という味わいのお饅頭でした。