専業主婦という生き物

〜フランキーの日常茶飯〜

Sponsored Link

写真に撮られた後ろ姿と寿司。

夫がお休みの日に、家族で近所へ食事に行った時のこと。

なにを思ったのか、夫が前を歩く私と娘の写真を撮り、目的の寿司屋へ到着してからも、その写真を凝視していました。

「そんなもの見てないで、さっさと食べたいネタを注文なさいな!」

などと声をかけながら、私が旬の白イカに舌鼓を打っていると。。。

「もう、これ以上は痩せなくていいよ。今くらいがちょうどいい。ダイエットなんかせず、しっかり食べなさい」

いつになく真剣な顔で言う夫。

やだわ。この2ヶ月以上にも及ぶダイエットの結果が、後ろ姿にでてるってわけ⁉︎
頑張っているのに成果がなかなか出ずに、どうしたものかしら?と少しだけ悩んでいた私は、ちょっと嬉しい気持ちになりました。
そんな照れを隠すように、エンガワの握りを頬張り謙遜する私。

「え〜、もう少し痩せないと美しくないわよ。あなたは自分の太っちょ従姉妹たちと比べてない?うふっ!」

しかし、そんな私の言葉を無視している夫。その視線の先には娘が。。。

えっ?私のことじゃないのかっ⁉︎

「ちょっとその写真、もっとよく見せてみなさいよ‼︎」
と、無理やりスマホを奪いとってみると。。。

そこにはなにやら、だらりとした締まりのない後ろ姿をした中年女と、スラリとした美しい娘の姿が並んで写っていました。

そうなのです。夫が痩せなくていいと言っていたのは、私ではなく娘にだったのです。。。





なんという屈辱‼︎
十代のピチピチJK、しかも腰位置高い長身のハーフ娘と、アラフィフで生粋のジャパニーズを比べることは無謀ですが、なにげに頭にきます。

だから、後ろからは決して写真は撮るな‼︎って言ってるのよ!
改めて怒りがわいてきます。

こんなに私が怒っているのに、当の夫は何食わぬ顔です。それがさらに怒りを助長させるのです。

もし夫が、その場を取り繕うためだろうが、なにかしら言い訳でもすればまだ許せるものの、私に関してはノーコメントで、サーモンの握りばかり食べまくっているのです。

「おまえ、もう少し痩せた方がいいぞ!」
とか
「このままでいいよ」
など、なんでもいいのです。
しかし、夫にとっては私が太ろうがどうでもいいようなのです。
それよりもサーモンの方が大切なのです。

いちいち痩せろ!と言われれば、それはそれでムカッときますが、なにも言われないのも気に入りません。

「あなたさぁ、私に関してはなんにもないわけ?」
あまりにムカついたので、大トロの握りをバクバクと食べる私。

「ん〜、痩せてもないけどデブでもない。。。っていうか、後ろ姿に歳がでてるよ。くっくっくっ。。。」
笑っているではありませんか⁉︎

娘までが
「見せて!見せて!くっくっくっ。。。」

「だからさ、何度も言ってるわよね? 後ろ姿の写真はNGだって!」

「いや、フランキーちゃんが勝手に入ってきただけじゃん。ほら、よく見てごらん。フォーカス外れてるだろ?」

知るか⁉︎ 写ってるじゃないか!

「もうね、あなたのせいでせっかくの寿司が不味くなったわよ!」

そう言いながら、次々に寿司を平らげていく私。

「マミー、怒りに任せて食べるのはよくないよ。お寿司って、酢飯に砂糖もたくさん使うし、炭水化物もたくさん摂ることになるから太るんだよ」
そう言いながら、腹八分目で止める娘。なんと意思の強いこと!

そうなんです。私はストレスを食で発散させる女なのです。

「なんか、ババくさい(爆笑)」

どこでそんな日本語覚えてきたのだか、写真と寿司をツマミに上機嫌で笑うオヤジの腹だって、人のことは言えないと思いますがね。。。

Sponsored Link