専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

ハウスワイフ

専業主婦でいることが不幸だと感じるのは、自己肯定感の低さと承認欲求の強さにある。

専業主婦といえば、もはや世の中の敵か⁉︎ というくらいに厄介者扱いされる存在と成り下がっています。 ただ無給で家事育児を、そしてPTA活動から町内会など地域でのお役目、それに加えてボランティアなどしているだけなのに、なぜにそうも風当たりが強いのか…

パーソナルタイムの必要性。専業主婦こそ早起きをするべし!朝型生活で一人の時間を作れば家事育児も楽になる。

日本では朝5時までに起床する人の割合は約1割だといいます。10人に一人が早起きをしているということです。私も毎朝4時に起きる生活をかれこれ10年以上続けていますが、かつては昼夜逆転の超夜型人間でした。 当時を知る人からは、一体どうしちゃったのよ⁉︎ …

知らぬが花という事もある。専業主婦が働くことの楽しみを知ってしまった結果。

梅雨の晴れ間(曇り?)に集ってランチ会に勤しむ専業主婦。お天気がパッとしなくても、あいも変わらずパワフルに食べて喋りまくっています。そこで話題になった本日のお題「世の中知らない方が幸せなこともある!」たとえば、欲。 美味しいものがそこにある…

家事育児を罪悪感なく手抜きできる主婦は幸福度が高いと思った件。

時折お買い物を兼ねてお友達とデパートランチを楽しむことがあります。 ブラブラと色々な売場を見て歩き、レストラン街で食事をし、そのままお茶へなだれ込み、最後にデパ地下へ寄るというパターンです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({})…

主婦が「自分の時間」を生きるということは、家族のためにならないことなのか。。。

今年に入ってから半年かけて、ようやく自分のペースを取り戻しつつあります。この半年間、大袈裟にいうならば、私はまさに「空虚」とお友達になったような気持ちでいました。その理由とは、たった3ヶ月間だけしたお仕事のせいです。 短期パートとはいえ、20…

専業主婦でよかったわ!と、実感する瞬間とは? 悪いことばかりでもない専業生活の実態。

専業主婦のイメージといえば昔から「三食昼寝付き」といったところでしょうか。 ところが、当の専業主婦達からは「そんな楽じゃないわよ!」という声があちこちから飛んできます。確かに楽ではありません。いつも家族の都合に合わせて動かなければいけないし…

全ての引きこもり専業主婦が不幸なわけではない。求めた結果の引きこもりならば。

専業主婦の引きこもりが増えているらしいです。 私のお友達の中にもあらゆる理由で家からは出たくないという専業主婦もいますが、そんなお友達を世間一般で呼ぶところの「引きこもり」と認識したことは正直ありませんでした。それは見ていてネガティブな感じ…

デパ地下の楽しみ。専業主婦は全国銘菓のセレクトショップで美味しいものを探す。

専業主婦をしていてなにがいいかと言えば、時間的な拘束がないことです。 あそこで10時から美味しいものが発売される! あそこのランチはものすごく美味しいらしい! そんなお話を聞いて、行きたいわ〜と思った時に、よほど常識はずれな時間でない限りいつで…

PTA役員選抜ターゲットとなる専業主婦。また今年も役員になってしまった件。

ゴールデンウィークもようやく終わりました。お天気も悪い事だし、ダラダラと読書などをしながらのんびりまったりしていた私の元にあるお便りが届きました。差出人は次女の学校です。 「また教材費や行事費の請求書か⁉︎」 と思いながら封を切ると、PTAの年間…

働きたい気持ちはあれど、中年専業主婦にとってはいいことなしの現実。子育てを終えた後では遅いのよ。

最近は老いも若きも男も女も、みーんなしっかり働いて下さい!といった社会になってまいりました。 専業主婦であることが罪悪であるかのようなご意見を目にすることもあります。 そんな中、変わらず働かずにいる我ら専業主婦。別にダラダラと怠けた生活をし…

専業主婦が夜お出かけをするのはいけないこと?自分時間を持つ大切さは主婦も同じです。

ここ数年、すっかり夜の外出が億劫になり、お友達からのお誘いなどは「眠いから無理」とお断り。家族での外食以外は夜外に出ることは滅多にしなくなりました。しかし先週はなんとなく成り行きで、週のうち3度もお友達と出かけ、夜の街へ繰り出したのです。 …

空の巣症候群とは無縁といえど。子育てを卒業した専業主婦が、次にしたいこと。

「あと4年!」 これは最近、私と外国人夫がお互いを励ますが如く、合言葉のように繰り返している言葉です。 なにがあと4年なのかというと、子育てを卒業するまでということです。現在今年大学生となる(合格すれば)長女と、高校生になる次女がいます。この…

パート主婦と専業主婦の軋轢。パート社会の闇はまさにドラマの世界だった。

昨年末、3ヶ月間限定で仕事をしてきましたが、無事にお勤めを無事終了し、また本業の専業主婦に戻りました。このまま社員として働いちゃったら?パートでも構わないからこれからも来ない? そんな温かいオファーの言葉もありましたが辞めました。 この歳にな…

専業主婦やパート主婦は夫に依存しているという論争について。それはお互い様ではないの?と思った件。

このような話題が世間で議論されるたびに、もう人の生活なんてどうでもいいのではないの?と思うのですが、一応『専業主婦という生き物』なので、ブログネタとして食いついてみました(笑)この議論はあるパート主婦が夫から「依存している。離婚しても困ら…

専業主婦が『専業主婦』を客観視してみたところ、これはやっぱりお気楽に見えるなと思った件。

昨年は20年ぶりに専業主婦を脱し、少しだけお仕事なんてものをしてみたのですが、大層な社会勉強となりました。いいこと、悪いこと色々ありましたが、新しい経験を重ねることができたのはまったくめでたいことと感じております。そんな専業主婦ですが、忙し…

中年専業主婦はネットで稼ごうなどと考えず、ブログでも書いていればいいって話。

一時期、なんだかこぞって「お仕事するわよー!」と色めき立っていた我らアラフィフ専業主婦達ですが、様々な苦難に直面し、すっかりトーンダウンの様子。 先日のランチ会でも、すっかり諦めモードの面々。しかし、このまま同じ生活を続けていては、問題解決…

ブランク専業主婦の再就職。うまく潜り込んだものの、自ら身を引くはプライドのため。

20年ものブランクを持ちつつ、「再就職するわよ!」と意気込んでいた我ら専業主婦。 いの一番にお仕事をゲットした、マダムから「ランチ付き合って〜」と連絡がありました。 「あなた、仕事はどうしたのよ?」 そう問うと、詳しい話は会ってからねとのお答え…

結婚した男友達とは、もはや友達でいることはできないみたいです。

知り合いの若い子達から、今日は男友達と飲み会なんだ!なんて話を聞くと、私にもかつてそんなことがあったなと少し悲しい気持ちになります。 というのも、今の私には気軽に遊びにいける男友達がいないからです。私は子供の頃から男みたいな性格だと言われて…

専業主婦が期間限定で『なんでも屋』兼業の巻。猫の手ていどにお仕事を。

以前、「新しいことが舞い込んできた」と、ちらりと触れた件について。 ブログに記録として残すほどのことではありませんが、世の中の専業主婦達の参考になればとの思いで、書いておくことにします。 www.hw-frankie.com 最近、ちょこっと仕事をしています。…

後悔したくなければ結婚や人生にコスパなんて求めず、思うがままに生きるべし。

思いもかけず専業主婦になり、軽〜く20年近く経ってしまいました。 かつては絶対に嫌だと思っていた『専業主婦』としての生活がこんなに長く続くとは、人生とは不思議なものです。 専業主婦にはなりたくない‼︎ 若かりし頃は仕事もせず家庭に収まるなど、考…

専業主婦神話、崩壊!アラフィフ、アラフォーが働く時。

夏休みも最終週となり、にわかに騒がしくなってきた専業主婦界隈。 東京脱出組が続々と帰還し、そろそろランチでもどうかしら?などと、ゴソゴソと集まり始めたのですが、なにやら以前と空気が違います。そんな一見呑気なアラフィフ、アラフォー専業主婦達で…

専業主婦になってはいけない!専業主婦歴20年の私が思うこと。

専業主婦歴20年の私が言うのもなんですが、私は自分の娘達には専業主婦になる教育はしておりません。 いま、専業主婦として楽しく過不足のない充実した生活を送っていますが、それでも若い人達には「専業主婦なんて目指すんじゃないわよ!」と言いたいのです…

『名もなき家事』名前はおろか完全無視される家事のあれこれ。

私はいつも夫や子供たちに言います。 「あなた達がトイレで尻が拭けるのは、誰かがトイレットペーパーを用意しているからよ‼︎」 この意味がお分かりでしょうか? トイレットペーパーは一人でひょこひょこ歩いては来てくれません。誰かの手によって備え付けら…

暇な専業主婦の長電話は毒にしかならない。

(今日は少し毒を吐きましょうか)夏休みです。そのせいか未だに東京に残っている残留組の知人から、電話がかかってくることがあります。 普段はフラフラ遊んで回っている専業主婦も、夏休みになると子供が家に居たりするので、思うように外出できず暇を持て…

専業主婦の夏休み。そして、誰もいなくなった。

中学生の頃、アガサ・クリスティーの『そして、誰もいなくなった』を読みました。内容よりもそのタイトルのインパクトが強過ぎて、周りから人が消えると、いまでもその言葉が頭に浮かびます。 一人、また一人と。。。 専業主婦の夏 なにもしない夏 近場でサ…

アラフィフでもお互いを「ちゃん」付けで呼び合う理由。

自分がこの歳になると、必然的に周りに集う人々も中年の男女です。 暇な専業主婦がランチなどで集うと、 「あら、フランキーちゃん、髪切ったの〜?若返ったわね〜」 「やだ!梅子ちゃん、なんか痩せたわね。抜けがけ狡いわ〜」 「松子ちゃん、今日もすごい…

おしゃれ心を捨て、私服を制服化する。

只今、街はSALE真っ盛りでございます。 こんな時、専業主婦は強いです。SALE初日にいの一番に乗り込んで行けるのですから。 今日も蒸し蒸しと暑い中、お友達とランチついでに午前中からフラフラとあれでもないこれでもないと、ショッピングへ行って参りまし…

専業主婦と職業欄

専業主婦は職業欄になんと書けばいいのでしょうか? 先日、ペットが病気になり動物病院へ行った時のこと。問診票にペットの種類や色、性別などを書くわけなのですが、それ以外に飼い主の名前や住所などを記入する場所がありました。 元々は夫が連れ帰ってき…

プロフィール & プライバシーポリシー

プロフィール ブログ主:Frankie(フランキー) 東京生まれの東京育ちのアラ50専業主婦。 1990年頃から日本と海外を行ったり来たりしていましたが、そんな海外遊学中に知り合った外国人夫と国際結婚し、現在は二人の子供と共に家族4人で暮らしています。 …

about ブログ『専業主婦という生き物』

このブログは二十年近く専業主婦として暮らしている中年女の日常茶飯がメインテーマとなっています。 日々の生活に役立つ情報というよりは、専業主婦の日常やその心の内といったところです。 専業主婦と言っても様々なタイプの人がいます。 家族が快適に暮ら…

Sponsored Link