専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

スイーツ

浅草の大学芋専門店、千葉屋の『切揚』がやめられない美味しさ!和スイーツならこれです!

浅草で大学芋と言えば、『おいもやさん興伸』さんか『千葉屋』さんでしょう。両店共に文句なしに美味しい大学芋を頂けるお店ですが、私は父が興伸さんを贔屓にしていたため、自然とそちらを食べる機会が多かったのです。 父が亡くなった今でもそれは変わらな…

お詫びの手土産では定番!新橋 新正堂の『切腹最中』と美味しいお饅頭「からすの知恵袋」。

先日の豆大福に続き、またまた新橋は新正堂さんの和菓子です。新橋の駅から徒歩で約10分ほど。 平日の午前中でも店内にはサラリーマンの姿があります。そして皆さんのお目当といえば、もちろん『切腹最中』です!ご存知の通り、この『切腹最中』はサラリーマ…

銀座シックス限定、ISHIYAのフワリ(バターオムレット)。バタークリームとお酒のふんわりお菓子。

北海道のラングドシャといえば石屋製菓さんの『白い恋人』でしょう。 北海道土産はもちろんのこと、百貨店の北海道展でも必ず目にする有名なお菓子です。 このブログでも過去に書いたことがあったような。。。www.hw-frankie.com そんな石屋製菓さんがプロデ…

新橋 『新正堂』の豆大福と麩饅頭。切腹最中と一緒に楽しみたい老舗の和菓子。

新橋界隈へ出向いた時は、だいたい小川軒さんに寄っておやつを調達するのですが、どうしても和菓子が食べたい!というときはこちらまで足を延ばします。新橋の『新正堂』さんと言えば、「切腹最中」で知られた老舗の和菓子屋さんですが、私が自分で買いに行…

赤坂『しろたえ』のおすすめケーキ。美味しいのはレアチーズケーキやシュークリームだけじゃないのよ。

少し前にご紹介した赤坂にある『西洋菓子 しろたえ』さんの続編です。 早めにアップしておかないと、キープしてある写真がすぐに後ろ後ろへと流れて忘れてしまいますので。。。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); こちらのケーキはもちろ…

赤坂 溜池山王駅そば『浅田家』の餡子が美味しい豆大福とおはぎ。ついでに桜餅とお赤飯も!

「あゝ、美味しい豆大福が食べたい!」そう思った時、幾つかの豆大福が頭に浮かんできます。都内には何店もの美味しい豆大福を作っているお店がありますが、その中でも自分の好みに合うものは?といえば、かなり絞られてきます。さて、どこの豆大福にするか…

生のスペアミントの葉を使った冷たいドリンク。夏にぴったり、簡単で手軽なホームメイドドリンク。

前回はミントの生の葉っぱを使ったお茶のお話でしたが、今回は冷たいドリンクについてです。www.hw-frankie.com 我が家では朝に飲むオレンジジュース以外、甘いジュース類は常備していません。冷蔵庫にあるドリンクといえば、お茶とコーヒー、水、炭酸水、牛…

生の葉を使ったミントティー。家で簡単にできるおすすめハーブティーの作り方。

早いもので、あっという間に6月です。 これからムシムシとした梅雨を迎え、その先には暑い夏が待っています。我が家でも温かい飲み物から冷たい飲み物へと移行していますが、私は夏でもなるべく温かい飲み物をとるようにしています。この歳になると、氷の一…

上野風月堂『東京カラメリゼ』と『シューケット』。東京の名物土産にとの思いで作られたキャメル菓子。

これまで、特別にキャラメル好きという訳ではなかったのですが、最近はキャラメルを使った美味しいお菓子がたくさん出ていて、すっかりキャラメル贔屓になりました。いつもながら少し前のこと(つまり食べてから記事にするまでが長い。。。)、渋谷の百貨店…

赤坂『しろたえ』行列のできる洋菓子店のレアチーズケーキとシュークリーム。

東京でレアチーズケーキといえば、なんと言っても赤坂の『西洋菓子 しろたえ』さん。 東京のチーズケーキ好きさんなら、一度は口にしたことが、またその名前を耳にしたことがあるのでは?という老舗洋菓子店です。創業は1978年と言いますから、かれこれ40年…

東京三大花林糖、浅草 小桜のかりんとう『きさかた』はお土産によし、おやつによし!

浅草の老舗料亭「福し満(ふくしま)」の手土産から生まれたという 『浅草 小桜』さんのかりんとうは、東京では誰もが知る有名なお菓子です。浅草本店以外にもデパ地下の銘菓を扱うコーナーで購入することもできるので、美味しいかりんとうが食べたい!と思…

長崎「西善製菓舗」島原名物のとらまきとカステラ。新宿駅ナカ NEW MANのえんなりで見つけたお菓子。

「贈物で迷った時はカステラにすべし」昔、知人が教えてくれたことです。 カステラとは老若男女、嫌いな人がほとんどいないお菓子だそうで、なにを贈っていいのか迷った時は、カステラを選べば間違いないといいます。真意のほどはともかくとして、確かに頂く…

GODIVA(ゴディバ)のチョコレートリキュール。お菓子作り、アイスクリームのソースにも使える一本です。

チョコレートリキュールとはカカオのリキュールにクリームを混ぜた、甘いお菓子のようなリキュールです。チョコレートリキュールといっても色々と種類はあるようですが、我が家では定番のGODIVAです。 手に入りやすいという点、そして美味しいチョコレートを…

真夜中の甘い誘惑。『スタアバックス』のケーキとドーナツに抑えられなかった理性。

いつの頃からか、健康のために夜遅い時間の食事やデザートは控えるようにしています。 しかし、時にそんな理性が吹き飛ぶ瞬間というものがあるものです。ある夜、珍しく家族が全員揃ったので、外で食事をしようと近所の焼肉屋さんへ行きました。いつものよう…

『小倉山荘』のおかきとチョコレート。百人一首へのこだわりが食べて美味しい、詠んで楽しい。

ほとんど毎日のようにお菓子を食べていて、美味しかったらそのうちブログ記事にしようと念のために写真を撮っておくのですが、時折その存在を忘れます(笑)あとで暇に任せて美味しい写真を眺めている時に、ふと「あれ?そういえばこれはブログに書いてなか…

レクラン・ドゥ・ルコルテのレーズンサンドグラン。北海道発の濃厚レーズンバターサンド。

またまた新しいレーズンバターサンドを見つけました。 そして、これがとにかく美味しい!北海道は札幌に店舗を構えるLecrin de Recolte (レクラン・ドゥ・ルコルテ)さんの『Raisin Sand Grand(レーズンサンドグラン)』です。残念ながら都内に店舗はなく…

叶匠壽庵『令月 あも』。令和を迎えたお祝いに発売された、梅酒を使ったあも。

お友達から季節限定の『あも 蓬』が出てるわよ〜との知らせを受け、外出ついでに早速某百貨店の叶匠壽庵さんへ寄ったところ。。。令和元年を迎えた祝い菓子として作られたという『令月 あも』を発見。「ああ、どうしましょう。。。」両方食べたいけれど、二…

大角玉屋『いちご豆大福』の元祖をデパ地下で発見。昭和の時代に初めて食べた味を令和元年に再び。

いちご大福なるものを初めて食べたのは、まだ10代の終わりか、20代になったばかりの頃だったでしょうか。 遠い昔過ぎて忘れました。。。「大福の中にいちごが丸ごと入っているんだって!」当時、かなり話題になったものです。今ではいちごと大福のコラボは和…

Honolulu Cookie COMPANY(ホノルルクッキーカンパニー)のクッキーを食べながら思い出すアロハな休暇。

ハワイのお土産でよく頂くこちらのお菓子。『Honolulu Cookie COMPANY』のクッキーです。パイナップルの形とデリシャスなフレーバーは見ているだけでアロハな気分になります。ハワイ。。。最後に行ったのはいつのことでしょうか。若い頃、周りのお友達が「ハ…

モンロワールのリーフメモリー。バラマキ、個別、ギフトに使えるリーズナブルな一口チョコレート。

知人へ渡すギフトを買うためにゴールデンウィーク前、久しぶりにモンロワールへ。『チョコレートハウス モンロワール』は神戸に本店を構える日本のチョコレート専門店です。こちらのチョコレートのよいところは、お味がよい上にとってもリーズナブルな点です…

六本木ヒルズ HARBS(ハーブス)のケーキをテイクアウト。フルーツたっぷり、一個でお腹も心も満たされる。

娘と夕飯を外で食べた帰り道、ケーキが食べたいわね。。。という話になり、六本木ヒルズ内にある『HARBS(ハーブス)』へ寄ってみたところ、ゴールデンウィーク中とあってか夜でも満席状態。この店舗、普段の週末でも人が並んで待っているという人気のお茶ス…

梅園の『あわぜんざい』。デパ地下のテイクアウトでも絶品です。そして端午の節句なので柏餅もいただきました。

「よもぎ餅が食べたい!」とデパ地下をふらふらしていたのですが、ふと5月のお節句は柏餅だわ!と思い立ち、それならばよもぎを使った柏餅をと見てみたところ、ちょうど梅園さんの店頭に3色の柏餅が並んでいるのを見つけました。今日のデザートはこれにしよ…

鎌倉土産にはこれ!豊島屋洋菓子舗 置石『ウィンナーワッフル』がおすすめです!

我が家の誰かが鎌倉へ行くというと、必ず買って帰らねばならないものがあります。それが豊島屋洋菓子舗さんの『ウィンナーワッフル』です。豊島屋さんと言えばなんといっても鳩サブレーです。しかし今では鎌倉へ足を運ばずとも百貨店などに常設店があるので…

六花亭の『マルセイバターケーキ』はバターサンドに次ぐ北海道土産の定番。

百貨店の北海道展などでよく見かけるこの『マルセイバターケーキ』というお菓子。 もはや六花亭さんの定番となっているようですが、私は食べたことがありませんでした。いつも見かけるたびに「どうしょう。。。」と足を止めるものの、迷いつつも見送っていた…

CANOBLE カノーブルの「食べるバター」。コーヒーやお酒のお供に最高なフレーバーバター。

食べるバターと言えば古くはレーズンバターで、幼い頃からの大好物でした。冷蔵庫の中にあるそれをナイフで1センチほどの厚さに切って、パクっと口に放り込んだ時の至福。。。 未だにスーパーなどで見かけると、ついつい手にとってしまいます。しかし、平成…

家で簡単チャンキー(かたまり)グラノーラのレシピ。手作りが断然安くて美味しい!

我が家の朝食に味噌汁や納豆、焼魚などは登場しません。 作っても誰も食べないからです。普段、私以外はみんなパンかシリアルといったものを食べています。 おかげで楽をさせてもらっていますが、これだけは必ず手作りで用意しておくというものがあります。…

浅草 亀十のお隣『龍昇亭 西むら』のどら焼き。地元民おすすめの浅草スイーツ。

どら焼きで有名な『亀十』さんのお隣に『龍昇亭 西むら』さんという老舗の和菓子屋さんがあります。こちらでも『亀十』さんに負けず劣らず美味しいどら焼きがいただけます。 浅草で生まれ育った私のお友達などは、「浅草で一番美味しいどら焼きは間違いなく…

食材の良さが感じられる、北海道発「きのとや」のミルククッキー、札幌農学校が美味しすぎ!

久しぶりに思い切りストライクゾーンのクッキーに出会いました!それが北海道の洋菓子店、きのとやさんの作る北海道ミルククッキー『札幌農学校 』。です。以前アップした「バタークリームとりんごをサンドしたクッキー」に使用されていたミルククッキーです…

浅草の行列和菓子店 『亀十』。黒糖菓子「松風」がおすすめ!どら焼きなら断然白餡あんが美味しい!

前回アップした記事に書いた通り、知人のお付き合いで東京観光ガイドと化していた外国人夫が、浅草へ出向いた際に甘いものをお土産に買ってきてくれました。www.hw-frankie.com それが『亀十』さんのお菓子です。『亀十』さんと言えば、雷門そばにある和菓子…

湯島 『つる瀬』といえば豆!ふんわりお豆がごろごろ。豆大福に豆餅。

久しぶりに上野で用事があったので、またまた甘いもの散策してきました。この界隈は上野方面から、あんみつの「みはし」さん、「みつばち」さん、どら焼きの「うさぎや」さん、かりんとうの「花月」さんと、甘いものが選り取り見取り。 いつもどこへ寄って行…