専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

ライフ

賃貸か持ち家か? 都心暮らしではどちらが得か、マンション更新を機に考えてみた。

先日、現在住んでいる賃貸マンションの更新がありました。賃貸派を自称する私ですが、年齢とともに先のことも考えるようになり、このまま賃貸住宅で暮らすのか、または戸建なりマンションなりを購入するか。。。一体どちらがお得であるのか真剣に考えたので…

若さ以外なにも持っていない外国人と国際結婚した時こそが、私の自立の時でした。

東京は雨です。外出の予定もキャンセルになったので、そんな空き時間を利用して、たまには『今週のお題』でも書いてみましょう。自立といえば、学校を卒業して働き始めた時?海外で一人暮らしを始めた時? 思い巡らせてみましたが「自立したわ!」という自覚…

ただの思いつきで海外留学しちゃったおばさんのアドバイスが凄すぎた話。

先日、都内某カフェで待ち合わせまでの時間潰しにお茶を飲んでいた時のこと。横の席に20代半ばと思われる女の子2人、そして40半ばは過ぎていると思われるおばさんの3人がおりました。 どんな関係かは分かりませんが、どうやら親子ではないようです。 別に盗…

パーソナルスペースを知らない女達を見て、専業主婦が嫌われる理由が一つわかった気がした。。。

今日もお天気が良かったので、ふらふらと買い物に行っておりました。お友達へのプレゼントを探すのと、欲しかった雑貨や秋冬物のバッグなどを物色するためです。ところが途中ですこぶるテンションの下がるようなことが数回続けてあったため、イライラして帰…

アラフィフとは女にとって最も美しくない年代ではないかと思った件。

アラフィフともなると、子供も大きくなり手がかからなくなるので、仕事をしていない専業主婦は時間がありあまっています。 そのせいか、昼時になると、そこかしこに中年主婦軍団が、ランチを楽しんでいるのを見かけます。自分がその中の一人である時は気づき…

専業主婦の心のうち。思い通りの人生を生きようだなんて妄想は、そろそろ捨てようかと。

「自分はこれまで、思い通りの人生を生きてきたわ」そんな事をつい最近まで平気で言っておりました。 しかし、よくよく考えてみれば、そんな思い上がった考えは身の程知らずであったと思う今日この頃。何故そう思うに至ったかといえば、それは暇だからでしょ…

「シンプルな暮らし」「ミニマルライフ」とお金の関係について考えていたら、豊かさの本質がわかった気がした件。

9月になり、あの猛暑はとりあえずひと段落したような、カラッと涼しい気持ちの良い朝が多くなってきました。カフェのテラス席などに座っていると、ちょっと肌寒さを感じたりすることもあり、そろそろ衣替えの季節だなと、ざっとクローゼットなどをいじり始め…

どんなに恋い焦がれた人でも物でも、それは記憶の美化によって神格化されている可能性があることを忘れてはいけない。

前回、上野の街についての記事を書きましたが、私にとって最も忘れ難き上野の思い出は『モナリザ』です。www.hw-frankie.com 1974年、上野の森美術館にレオナルド・ダヴィンチの『モナリザ』という絵画がやってきました。メデイアでもこぞって取り上げ、当時…

変わりゆく東京の街の中で、上野がなかなかの頑張りを見せていると思った件。

先日、知人のお見送りをするため、かなり久しぶりに上野駅へ降り立ちました。お隣の湯島界隈くらいなら行くことも度々ありましたが、上野駅まで侵入する機会は本当になかったので、その変わってしまった風景に戸惑うばかりてした。 自分がどこを歩いているの…

震災への備え。地震で停電になったときのために、スマホの乾電池式充電器を用意しました。

今朝、北海道で大きな地震がありました。 遠く離れた地で起きた震災ですが、他人事ではありません。この東京にもいつそんな大きな地震が起きるかわからないのですから。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 朝からニュースや情報番組をみて…

ライブチケットなどの当落に見る運のいい人、悪い人。運を引き寄せるために出来ること。

ライブチケットなどを取得する際、我々昭和の時代はまさに早い者勝ちでした。 アラフォー、アラフィフエイジの方なら誰でも一度は経験があるでしょう。『チケットぴあ』を片手に、発売開始時間ちょうどに電話をかけまくるという行為。電話が早くつながれば繋…

嫌な事ばかりを繰り返し思い出してしまう鬱な夜、私はこうしてやり過ごす。

同じ失敗を二度と繰り返さないために、そしてこの世知辛い世の中で上手く生きていくために、どんなに悪い出来事も絶対に忘れないようにしよう!まるで小動物のようだなと思いながらも、若い頃から常にそう心してきました。 しかし、私とて人間です。時に「そ…

話題の『だんなデスノート』に驚愕。女は怖いなぁと思った話。

『だんなDETH NOTE』というサイトがあります。ネットで情報サイトを見ている時に偶然見つけて覗いてみたのですが、なかなか面白く、これを見た世の旦那様方が何を思うのか?と、意地悪くも読むのがやめられなくなりました(笑) (adsbygoogle = window.adsby…

人に騙されないよう心しておく幾つかの事。簡単な儲け話などあるわけないと思うべし。

新宿という街は、昼間でも怪しげな輩がウロウロとしている街です。 なにを生業としているかわからないような、いわゆる胡散臭い大人がそこら中にいるということです。 気をつけなければいけません。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 先…

恋愛、結婚の本質は等価交換だそうな。お相手選びの秘訣は、相手から何を得られるかだけでなく、何を与えられるかを考えるべきというお話。

台風が一つ去ったと思ったら、また暑い日が戻ってきました。 しかしひとたびランチのお呼びがかかればいそいそと出かけていくのがヒマな専業主婦というもの。先日は某婚活現場で働いていたマダムMに呼び出され、近所にある小洒落たお蕎麦屋さんで集会が開か…

真夏の早朝ウォーキングで見た街の風景。パラレルワールド然とした街で時の不思議を思う。

連日の猛暑にすっかり出不精になっていますが、日課のウォーキングだけはなんとか継続しております。「熱中症には気をつけて!無理して屋外には出ないようにしてください」そんなニュースキャスターの言葉を言い訳に、「休んでしまおっかな〜」などと毎日思…

キラキラ女子の闇。ブランド品で身を飾っても女としての価値は上がらないどころか下がる事すらあるという話。

先日、スペアルームの断捨離を敢行したところ、若い頃に使っていたブランドもののバッグがいくつか出てきました。 当時の物はほとんど処分してしまいましたが、ロングセラーの定番モノだけは取っておいたようです。モノがいいだけに(高かった)今でも充分に…

「もう一生ゲームはやりたくない」と思うほどインベーダーゲームをやらされた話。

今週のお題「ゲームの思い出」昭和の人間にとってゲームといえば、『インベーダーゲーム』です。 ただ上にいるUFOを撃ち落とすだけのゲームですが、じわじわと侵略してくる敵の攻撃をかわしながらちょこまかと動かなければならず、まだ中学生だった私にとっ…

スイーツを追いかける男子は確実に増えている。専業主婦の聖域を脅かすスイーツ男子達。

甘くて美味しいものを求めて、よくフラフラと街を歩いている専業主婦ですが、最近ふと気づいたことがあります。それは甘いものハンターとも言うべき男性を多く見かけるようになったなという点です。 話題になったスイーツのお店にいち早く並び、お宝を手にす…

結婚以外の幸せ。結婚はしないけど、独りじゃない人生を選択したアラフォー女性のお話。

先日、パーティーで出会った婚活アラフォー女子についての記事をアップしましたが、そのパーティーで、全く違う選択をしたアラフォー女子とも出会いました。www.hw-frankie.com 年齢は40半ばのその女性は、結婚をしない人生を選択したといいます。 お相手は…

どんなに好きな人でも会わなければ忘れてしまう。そして自分もまた忘れられていく。

最近、よく亡くなった父の夢を見るわね。。。と思っていたら、ハッと気づきました。「命日、忘れていたわ。。。」結構、ショックでした。忘れるなんてあり得ないと思っていたのに。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 父が亡くなってもう1…

結婚したいアラフォー女子達の夢を砕く。結婚もいいことばかりではないのよ。

先日どこにでも顔を出したがる外国人夫から「気軽なホームパーティーだから」と連れ出され、とあるパーティーに参加してまいりました。その日のホストは海外在住の外国人で、日本には遊びがてら年に数回来日しては、こうしてパーティーなどを開き、大騒ぎを…

招き猫体質、人招き体質というのがあるらしいが、誰でもなれるんじゃないかというお話。

私には勝手に先輩と慕っている同年輩のご夫婦がいます。 頻繁に会うような間柄ではなく、何かあった時に顔を出す程度なのですが、そのご夫婦に会うと、別れた後にまでとてもいい気分になる大好きな人達です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push…

誰でも簡単に早起きの習慣ができる方法。!1ヶ月あれば完全に超夜型から朝型に変われる。

前回、早起きは最高よ!といった記事をアップしました。www.hw-frankie.com よくお友達などから「早起きしたいけど絶対に無理だわ」「どうやって起きられるようになったの?」と、そんな声を聞くことが多いのですが、ふと私はどうやって早起き生活にシフトし…

パーソナルタイムの必要性。専業主婦こそ早起きをするべし!朝型生活で一人の時間を作れば家事育児も楽になる。

日本では朝5時までに起床する人の割合は約1割だといいます。10人に一人が早起きをしているということです。私も毎朝4時に起きる生活をかれこれ10年以上続けていますが、かつては昼夜逆転の超夜型人間でした。 当時を知る人からは、一体どうしちゃったのよ⁉︎ …

『SOUTH CLUB 』サウスクラブのライブを懐かしの新宿ロフトで観てきた話。

今日はまさに35年ぶりにライブハウスへ行って参りました。新宿ロフトといえば、10代の半ばから終わりにかけて、足繁く通った、まさに青春の思い出詰まる場所です。もう二度と足を踏み入れることはないと思っていましたが、たまたま娘の聴いていた音楽が気に…

男性が誤解している格好いい男の定義。女はそんなこと気にしちゃいない!本当のいい男とは。

先日、大学生の娘と外出するため支度をしていた時のこと、つけっぱなしだったテレビから薄毛に悩む男性の嘆きが聞こえてきました。「電車に乗っていても、みんなが自分の頭を見ているような気がして。。。」「婚活カウンセラーからケアをしろ(植毛やヅラ装…

若者の海外留学記、旅行記ブログを読んで思ったこと。一期一会の出会いから得るもの。

昔から旅行記などが好きで、よくそんな本を読んだりしていたものですが、最近はもっぱらブログなどで見るようになりました。 インターネットという便利なものができたおかげで、海の向こうでの生活がリアルタイムで見られるのですからたまりません。特に興味…

男って可哀想な生き物だわ。と、悟った修学旅行の夜。

今週のお題「修学旅行の思い出」我が修学旅行の思い出といえば、まさにバイオレンスの一言に尽きます。昭和の時代、修学旅行の行き先はといえば、東京の中学校はほとんどが京都・奈良でした。お約束のように奈良公園の鹿に餌をやり、京都では寺を回り、清水…

見極める事の難しさと、受け入れる事の苦しさ。諦めることを選んだある男性のお話。

少し前の投稿で「諦める」ということについて記事を書いたのですが、これにはあるきっかけがありました。www.hw-frankie.com 知人の独身アラフィフ男性が「好きになった女性を諦めることにした」と口にした際にふと考えたことです。その男性、同じ職場で働く…

Sponsored Link