専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

専業主婦でいることが不幸だと感じるのは、自己肯定感の低さと承認欲求の強さにある。

専業主婦といえば、もはや世の中の敵か⁉︎ というくらいに厄介者扱いされる存在と成り下がっています。
ただ無給で家事育児を、そしてPTA活動から町内会など地域でのお役目、それに加えてボランティアなどしているだけなのに、なぜにそうも風当たりが強いのか。



「働かざる者食うべからず」

働いてもいないくせに、大きな顔をして人一倍食べているではないか、お前たち⁉︎

などと思われているのでしょうか(笑)

冗談はともかくとして、今の社会はそうした目に見えない圧力が強くあるものです。どうしてこうも人の動向にああだこうだと言う輩が多いのか、他人のことなど放っておいてよ!といったところですが、右へ倣えの日本人は流れに逆らう者を容赦しません。
社会が「女性も働け!」と動けば、人の気持ちもそちらへ流れていきます。
一昔前まではそんな風潮はありませんでした。しかし、今は働いていない主婦は役立たずの寄生虫扱いです。
もうネットなどを見ていると、そこかしこで専業主婦バッシングに出会います。
こうした世間の冷たい視線を受けるせいか、専業主婦であることに引け目を感じたり、不幸だと感じている人が増えているようです。

アラサー専業主婦

現在私の周辺には30代から50代の専業主婦がおりますが、とりわけ不幸感を抱えているのはアラサー世代の若い専業主婦達です。

世の中が冷え切った就職氷河期を経験してきたせいか、まだまだ起死回生できるわ!と諦めの境地に辿りつけない年齢のせいなのか、とにかくどこか生きづらさを感じているように見受けられます。
堅実さや異常なまでの危機管理が加わって、心の中に常にカオスを飼っているような状態です。

アラフィフの能天気さも「それでいいの⁉︎」と思うこともありますが、アラサー専業主婦達を見ていると、もっとリラックスしてもいいのではない?と感じます。

自己肯定感

自己を肯定する感覚、つまりは自分を認めるということ。

私はこれでいいのだ!
まるでバカボンパパみたいですが、そのように自分の存在を、そして言動を認める感覚です。

これは専業主婦にとっては非常に重要な要素です。
誰からも評価されることのない家事育児を生業としている専業主婦にとって、一番の理解者とは自分自身なのです。
たとえ誰からも労われたり評価されたりしなくても、自分自身が「これでいいのだ!」「私のしていること正しいのだ!」そう思えれば、心に影が落ちてくることもありません。

自己肯定感の低い人は、自分を必要以上に卑下し、物事を素直に受け止めることができません。

「私は社会から疎外されている」
「誰も私を必要としてはくれない」

そんな思いが頭の中にあるために、今ある生活が不満だらけ、周りにいる人と自分を比較しては不公平感に苛まれ、どんどんネガティブな方へ心を偏らせていきます。

年代の違いということもあるかもしれませんが、我らアラフィフ世代は比較的自己肯定感の高い人が多いように感じます。
まぁ、開き直れる年齢というのもあるのでしょうが、専業主婦であることを100%といわないまでも、90%くらいは肯定して生きています。そのせいで、働いていないという負い目も、社会から疎外されているという感覚もほとんどありません。

刺激のない生活を物足りなく思う事もあったりはしますが、それは社会や他者との関わりとは関係のない、自分自身の充足感の問題なので、自分を卑下するという行為には至らないのです。

承認欲求

文字通り、「誰かから認められたい」という欲求のことです。

これは専業主婦に限らず、年齢問わず、全ての人間がもっている感情であると言われていますが、問題はその欲求の強さです。
承認欲求が強すぎる人というのは、つねに人の視線を気にして生きています。
なにをするにも「誰かに認められたい」というのが根本にあるため、自分の思うように行動できなくなります。
人に認められたいと行動したところでそうそう上手くいくことばかりではありません。他人の感情をコントロールすることなど出来ませんから、時に自分の努力虚しくも、周りからソッポを向かれるなんてことも往々にしてあるものです。
そんな時「私はこんなに頑張っているのに、どうして認めてくれないの⁉︎」などと身勝手にも不満を抱えることとなります。

特に専業主婦などは、ただでさえ「お前達は人の稼いだお金で暮らしているのだから、家事育児などは完璧にやって然るべきなのだ!」などと思われています。
そんな当たり前とされていることをどんなに懸命にやったところで、認めてもらえることなどないのです。

自己肯定感を持つことと同様、自分で自分を認めてあげられない人は、日々モヤモヤと不満を溜め込むことになります。

家事育児などというものはやったらキリがありません。それこそ毎日栗原はるみさん並みの料理を一日3食作り、断捨離のコンマリ(近藤麻理恵さん)さながら整理整頓されたスッキリなお家をつくり、育児は子供3人東大に合格させた佐藤さん並みにと、家事育児に全身全霊傾けるという主婦もいるのですから。
しかし殆どの専業主婦はそんな風には暮らしていないでしょう。
たまたま雑誌やテレビで観た「丁寧な暮らし」などに憧れたところで、三日坊主がいいところです。
毎日ダラダラと煎餅を齧り寝っ転がって韓流三昧とまでは言いませんが、「大変だ、大変だ」と言いながらも適当に手抜きしながらのんびりやっているものです。

そんな専業主婦が承認欲求を満たそうと思うこと自体、まったく図々しい考えなのです。
専業主婦が満たすべきは、承認欲求よりも自己満足なのです。

今日はいつもより念入りに床拭きしてやったわ!

今日はポークリエットを手作りしちゃったわよ!

ああ、私ったら頑張ったわね!

そんな風に、誰に褒められずとも自分で自分を褒めちぎり、褒美に美味しい大福の一つでも食べて満足すればいいのです。

それが出来ない人は、やはり外で働くべきなのです。
なに振り構わず仕事に没頭し成果を上げれば、専業主婦をしている人よりは世の中から評価されるチャンスも増えるでしょうから。



くだらないプライド

私は常々、承認欲求をもつことほど馬鹿らしいことはないと思っています。
人から認められたとこで一体なにがどうなるのか、さっぱりわかりません。
「すごいわね!」
「あの人は出来る人だわ!」
そんな評価を頂いたところで、自分のお腹は膨れません。ただ、その時ちょっといい気分になるだけ(つまり承認欲求が満たされた状態)で、そのあとは更に大きな評価を求めるようになり、くだらないエンドレスゲームにハマったような気になるからです。

承認欲求とはプライドと密接な関係があるのではないでしょうか。
「こんな高学歴な私が認められないのはおかしい!」
「こんなに日々努力出来る人間がなぜ認められない?」
「現役時代は営業成績トップだった私なのに、専業主婦になったらこの評価?」

そんなすごい人間(と自分では思っている)に対して世間が評価しないのは、なんでなのよ⁉︎ そう思うのは、持っているプライドのせいなのです。

くだらないプライドさえ持っていなければ、「まぁ、こんなもんよね」と受け入れることは簡単です。
自分がどんなにすごいと思っていても、殆どは大したことはないのです。
今自分がどんな立ち位置にいるかを見れば一目瞭然です。
その人が本当にものすごく頭脳明晰、高学歴のすごい人であれば、世の中に貢献するような仕事を成し遂げていることでしょう。日々素晴らしい努力を続けている主婦ならばテレビに出ちゃったり、本の一冊でも出版しちゃったり、注目を浴びていることでしょう。もしくはものすごい玉の輿にのり、この世の春を謳歌しているなど、目に見える結果としてそこにあるはずです。
もしも、今目の前に不満タラタラの生活しかないとしたら、それがその人の実績であり評価なのです。

認められたことにより、給料が跳ね上がるとか、褒美にダイヤモンドでも頂けるのなら、いくらでも承認欲求を満たすべき努力をするでしょうが、ちょっといい気分になる程度の褒美しかないのなら、承認欲求などある方が損をした気分にすらなります。

「自己肯定感」を高め「承認欲求」を捨てる。
専業主婦に限らず、どんな立場の人もそれさえできれば、かなり人生は楽なものになるはずです。

www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com

加賀麩 不室屋の『生麩まんじゅう』東京にもあった!西武池袋本店で見つけた生麩のスイーツ。

夏になると食べたくなる麩まんじゅう。
デパ地下や和菓子屋さんで見つけるたびに買う和スイーツの一つです。

生麩自体も大好きなのに、そこに漉し餡を包んじゃうなんて、すごいアイデアだわと思わずにいられません!
誰が考えたのかしら⁉︎




加賀麩 不室屋さんといえば金沢の老舗お麩屋さんで、都内のデパ地下などにも出店しているお店です。
ところが、私がよく足を運ぶ百貨店にある不室屋さんでは、生麩などは扱っておらず、麩まんじゅうにもお目にかかったことがなかったのです。

それが西武池袋本店にはあったのです!
たまたまデパ地下をふらふらしていて発見したのですが、生麩まんじゅうも生麩もあるではありませんか!
ああ、こんなところにあったのか。これまで知らずに通り過ぎてきた後悔といったら!

5個入りで ¥800 (税別) と、お値段もお手頃です。

少し小ぶりで大粒のくるみ大といったところでしょうか?
一つずつ笹の葉に包まれています。

写真では2つですが、これは私が一気に2個食べるからです(笑)

ほんのりとよもぎが感じられる生麩は、もちもちというのでもなく、「生麩!」という食感としか言いようのない、なんとも弾力がありつつ柔らかといった感じで、言葉にするのは難しいです。。。彦摩呂に変わって欲しいわ(笑)

餡子は漉し餡でサラッとした甘さ控え目なものです。これがまた生麩の美味しさを邪魔しない奥ゆかしさがあっていいですね〜。

生麩まんじゅうだけでなく、生麩も当然ゲットしてきました。
デパ地下で気軽に生麩が買えるとわかって、今後は池袋まで行く機会も増えそうです。
苦手な街でしたが、好きになりそうだわ。。。

www.hw-frankie.com

キラキラ女子の闇。ブランド品で身を飾っても女としての価値は上がらないどころか下がる事すらあるという話。

先日、スペアルームの断捨離を敢行したところ、若い頃に使っていたブランドもののバッグがいくつか出てきました。
当時の物はほとんど処分してしまいましたが、ロングセラーの定番モノだけは取っておいたようです。

モノがいいだけに(高かった)今でも充分に使えるコンディションです。しかし、一目でここのブランドだ!と主張しているようなバッグはもう持ちたくはありません。
使わないものは処分しよう!と思っていたところ、大学生の娘が「私にちょうだい!」と声を上げました。



「学生がブランドバッグなんか持っても格好悪いわよ。こういうバッグはヨーロッパではマダムと言われる年代の女性が持つものよ」

娘にそう言ったのは、まさに私が海外で外国人友達から指摘された事です。

「でも、大学のお友達とか結構みんなブランドのバッグ使ってるよ!」

娘はそう言います。
自分も若い頃、嬉々としてそんなバッグを持っていたのでそれもわかります。しかし、若い娘が何十万円もするバッグを日常的に使うなんて、よく考えたら普通ではありません。

「みんな、学生なのになんでそんなバッグが買えるの?」

「バイトしてるんだって」

そこからどんなバイトを週にどれくらいしているのかなど根掘り葉掘り聞いてみました。

「それがね、ガールズバーとか、美人の子なんかは会員制のラウンジとかでやってるんだってよ」

やはりそうか!
そもそも大学1年生は毎日のように学校があります。そんな中で1日数時間バイトしただけではそれほど稼げるわけがありません。
しかし時給5000円以上もするような仕事ならそれも可能です。

20歳にも満たない女の子が夜の仕事をするというのは稼ぐ以上のデメリットがあります。
どんな高級なところでも、水商売は水商売。人はそう見るものです。

「でも、きちんとしたお客さんばかりで、ちゃんとしてるからお触りとか一切ないって」

娘は割と肯定的です。
これは私が年寄りだからでしょうか?時代は変わったのでしょうか?

「あなたもそういうバイトやりたいの?」

思わず尋ねてしまいましたよ!
大学生になり、私服でウロチョロとするようになってから、そういったお店からスカウトを受けることが多いらしく、度々そんな話をしていた娘です。

「いや、私はやらない。スカウトされた話とかボーイフレンドにすると、やめてよねって嫌がるから」

「お友達の彼氏とかは何にも言わないのかしら?」

「彼氏には内緒だってさ」

やはり時代は変わっていませんでした。。。
男性が自分の女にはさせたくないと思う仕事なのです。
男の目を気にして仕事を選べというわけではありませんが、将来どんな人との出会いがあるかはわかりません。本当に一緒になりたいと思った相手が出来た時、過去に足を取られるなんて損なことです。
気にしない男性もいます。しかし話が結婚ともなれば、外野(家族、親戚一同)も黙っていないでしょう。
とりわけ、家柄の良い家などに嫁ぐ事態になったときには、問題になる可能性もあります。

実際に専業主婦社会でもあるのです。とってもお金持ちで美人で、良きママとして頑張っている人も

「あの人、元ホステスよ。店で今の旦那さんと知り合ったんだって」

「だからなんとなく品がないのね」

などと噂されたりするのです。
その奥様、客観的にみてとっても上品で丁寧な方です。
どこといっておかしなところもないのに、「過去」にかこつけてそうしたことを言われるのです。
セレブな奥様達からは軽蔑をもって格下扱いされ、平民奥様達からは「そういう仕事をしなければ生きていけないほど貧しかったのかしら?」などと嫉妬半分に井戸端のネタにされたりと、表向きはともかく裏では不愉快なことを言われているのです。
どんなに美しく裕福でもマウンティングされれば一番下の位置に落としこまれてしまいます。



お洒落をしたいのも女なら当然のこと。素敵な服を着て、高価なバッグにアクセサリーを身につけ、ドヤ顔で歩くのも気分がいいでしょう。それは若いからこそ楽しめることとも言えます。
しかし、自分を美しく保つこと、キラキラさせるのためにはお金がかかるものです。その資金をどうやって調達するか。そこで短時間に高額稼げるバイトとなるのでしょうが、それはマテリアルしか考えていないのです。
メリット、デメリットを天秤にかければ、そういう判断にはならないはずです。
しかしながら、自分の女としての価値を貶めてまで身を飾らないと満足できないというのは、心の何処かに闇を抱えているせいではないでしょうか。

ブランド品で身を飾らなくても、若さは充分に女を魅力的に見せてくれます。あれこれと付け加えて美を作るのは、歳をとってからすることです。
それを実感できないのは、心になにかしら問題があるのです。
ありのままの自分でいられないというのは、つまり自分に自信がないからです。誰にでも劣等感はありますが、それ以上に誇れる部分があると自分で認めることが出来れば、余計なアクセサリーはなくても生きていけます。

どんな仕事を選ぼうが、その人の自由です。誰も非難する権利などありません。
たとえガールズバーだろうがラウンジだろうが、若くしてその道で成功を収めている人もいますから、それはそれで天晴れとも言えます。ある意味人の目など気にせず、自分の道を進んでいった結果となれば、その強さに感服するくらいです。

しかし、人は様々な出会いによって考え方も生き方も変わっていくものです。
将来、どんなことがあったとしても、自分のしてきたことを後悔しない生き方を娘にはして欲しいというのが親の願いなのです。

結局、例のブランドバッグ含め、その他使わなくなった品々は娘が使うということで自室へ引き取っていきました。
スペアルームがスッキリしたので、よしとしましょう!

『松風庵 かねすえ』のわらび餅。池袋へ行ったら買いたいおすすめのテイクアウト和スイーツ。

池袋はあまり得意な街ではありません。10代の頃はお友達が住んでいた関係で時折遊びにいったりもしていましたが、大人になってからは積極的に出向くこともなくなりました。
ただ、お友達に池袋を指定された時と、百貨店の催事があるときは別です!
しかし足を運ぶ場所と言えば、駅直結の西武デパート、東武デパートのみなので、よく知らない街なのです。



つい最近もお友達から呼び出されて行ってきたのですが、お目当てのお菓子は特にありません。デパ地下スイーツなどは他の場所でも買えるので。
しかし手ぶらでは帰りたくありません。せっかく普段あまり行かない街へ行ったのだから、サクッと買えるものはないかとキョロキョロ。

そこで目についたのが、『松風庵 かねすえ』さんのわらび餅です。
以前、外国人夫がお友達から頂いたと持ち帰ってきたのを食べた際、とても美味しかったのを思い出したのです。

『松風庵 かねすえ』さんは四国、高松の和菓子屋さんで、東京ではあまりお見かけしませんが、地元ではかなりの人気店のようですね。

東京には池袋駅の他、羽田空港や町田駅にも店舗があります。
池袋店は駅改札の中と外にあるそうで、どのみち駅から出ない私にはもってこいです。

持ち運びは常温で、帰宅してから冷たく冷やしてお召し上がりをとのことだったので、そのようにして頂きました。
こちらは小さなサイズで450g入り。お店の方はこれで2人分くらいと言っていましたが、3人くらいでも十分な量でした。

きな粉がたっぷり。大きさの不揃いなわらび餅は思いのほか腰が強く、さすが本わらび粉使用といった食感です。


黒蜜は特製の和三盆蜜(180円)。こちらは別売りとなっていますが、とっても濃厚で上品な甘さがわらび餅とよく合いますのでおすすめです。



お値段も一箱1200円と、量を考えればとてもリーズナブル。普段使いできるお値段が嬉しいところ。
これからは池袋へ行くたびにリピートしてしまいそうです。
以前ご紹介した『一幸庵』さんとはまた違った美味しさを感じさせてくれるわらび餅でした。

www.hw-frankie.com

この日は他にも甘いものをゲットしてきました。
帰りには東武デパートの催事で出ていた北菓楼さんの『開拓おかき』が最終日だったので、そちらもまとめ買い。
自分でも「どれだけ好きなんだ⁉︎」というくらいに大好き。万年中毒状態です(笑)

www.hw-frankie.com

干菓子ならこれ!吉野の葛菓子『吉野懐古』松屋本店。吉野葛の味わいと和三盆香る奈良の逸品!

私が食後に甘いものを食べる習慣ができたのは、外国人夫と結婚してからです。
私の実家では食後に必ずフルーツを食べていましたが、ケーキなどのお菓子を食べる習慣はありませんでした。

晩御飯を食べた後に「何かない?」とゴソゴソしだす夫に「これだけ食べさせてもまだお腹いっぱいにならないの⁉︎」と思ったものですが、探していたのは「別腹」に入るものだったのです。
以来、必ず甘いものを用意するようになりました。豪勢なものでなくてもいいのです。たとえチョコレート一欠片でも甘いものが別腹に入れば満足するので。

いくら甘いものが好きな我が家とて、いつもいつもケーキなどがあるわけではありません。
そんな時に重宝するのが「干菓子」です。




「干菓子」は日持ちもしますし、ちょっと甘いものが欲しい時に一口ポイっと食べられるのがいいところです。
このような繊細なお菓子って、何故かたくさん食べずとも満足できるので、ケーキなどのようにあまりカロリーを気にする必要もありません。

私は虎屋さんの干菓子が大好きなのですが、こちら『吉野懐古』もデパートの全国銘菓売場などで見かけると、思わず手にとってしまうお菓子です。

www.hw-frankie.com


干菓子ってビジュアルの美しいものが多いです。
この『吉野懐古』も、桜の名所として名高い吉野山の桜をイメージして作られたというように、見ているだけで満足できるくらいに綺麗なお菓子です。


吉野葛と阿波の和三盆糖を使用したこの干菓子、お口に入れると解けるように溶けていきます。葛の風味を和三盆の柔らかい甘さが包みこんでいくような淡白で上品なお味で、ついつい「もう一つ、もう一つ」と手が伸びてしまいます。

我が家の外国人夫も

「この見た目といい、味といい、日本ならではのシンプルな美だ!」

そう言って、ポイポイと口に運んでいます。
そんなパクパク食べて、この繊細なお菓子の良さが本当にわかっているのかしら。。。
そう思うと、あんまりあげたくないわ。と思うのでした。

Sponsored Link