専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

『CAFE TANAKA』サマーサブレは夏限定の爽やかなクッキー缶。これまた美味なり!

自粛中からすっかり夢中になっている『CAFE TANAKA』さんのクッキーですが、こちらは夏限定のサマーサブレ。

オンラインショップでも販売されていますが、(7月2回目 7/15販売分が最終)私は一足お先の5月末に百貨店からお取り寄せをして、6月末に食べてしまいました(笑)





サマー・サブレ缶

f:id:frankie17:20200712141258j:plain

こちらはゴールドの缶に6種類のお菓子が詰まっています。

f:id:frankie17:20200712141248j:plain

どれも安定の美味しさで、蓋を開けてすぐに完食。。。もう、この『CAFE TANAKA』の缶を見ると、我が家の面々はパブロフの犬が如く反応するのです(笑)

f:id:frankie17:20200712141255j:plain

なにぶん宅配便によるお取り寄せなので、柔らかいクッキーはちょっとだけほろっと崩れてしまったものがありましたが、お味の方はまったく問題なしです。

サブレ・シトロングラス

f:id:frankie17:20200712141252j:plain

歯応えのある硬めのクッキーの表面に、白いアイシングがほどこされています。

甘さの中にキレキレの酸味があり、シトロンの香りが豊か。
お花の模様入りが一枚入っていて、あとはシンプルなアイシング。

f:id:frankie17:20200712141231j:plain

マポロン

f:id:frankie17:20200712141238j:plain

大好きなマポロン。表面はサクッとしていますが、中はしっとりと、マカロンを食べているみたい。

ディアマン・シトロン

f:id:frankie17:20200712141234j:plain

サクっと柔らかいクッキーはバターとレモンの香りがします。
甘さ控えめのクッキーの周りにはお砂糖があしらわれていますが、ディアマンとはお砂糖がダイヤモンドのように輝くことから名づけられそうで、見た目のみならず、お砂糖の甘さが美味しさをより高めてくれます。

ディアマン・カフェ

f:id:frankie17:20200712141301j:plain

崩れてしまいそうに繊細なクッキーは、コーヒーのほろ苦い風味がきいています。
シトロンの爽やかさとは対照的なコクのあるクッキー。

サブレ・ココ

f:id:frankie17:20200712141243j:plain

生地はココナッツとアーモンドがミックスされています。
ザクザクと噛みしだくと、バターの香りと共にオレンジの風味もやってきます。

ヴィエノワ・ピスターシュ

f:id:frankie17:20200712141305j:plain

ホロホロと柔らかい生地はピスタチオが濃厚に香ります。
ナッツのコクと繊細な甘さがとっても美味。





今回は「サマーサブレ」というだけに、夏らしい爽やかなクッキーが楽しめました。

本当にこちらのクッキーは、どれをとってもハズレがありません。
大満足のサマー缶でした。

お次はどんなものが出てくるか?
今から楽しみです。

f:id:frankie17:20200712141941j:plain

ちなみに私がお取り寄せしたのはゴールドの缶入りでしたが、『CAFE TANAKA 』さんオンラインショップより7月2回目分は、パステルグリーンの缶になるとのことです。
中身は同じなので、同じ美味しさが味わえることでしょう。

こちらのサイトに詳細があります。
cafe-tanaka.cake-cake.net

www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com

「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」に思う。人の言うことには耳をかさぬが身のため。

f:id:frankie17:20200711172758j:plain

最近、Twitterでトレンド入りした「ポテトサラダ」。

幼児を連れたある母親が、スーパーの惣菜コーナーでポテトサラダを手にしたところ、見ず知らずの高齢男性から

「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」

とかなんとか言われているのを見かけたというお話です。

面白いですね。
こういう話を聞くたびに、なぜ見ず知らずの他人の生活にそこまで干渉できるのか、そのお爺さんがどんな方であったのか興味がわきます。

小うるさい姑かという当たり前の想像を越え、もしかしたら鬼嫁に頭が上がらず、家での鬱憤をよそのお嫁さんで晴らしているようなお爺さんかも。。。なんて想像までしてしまいます。

私はこうした方にはお会いしたことがありませんが、もし言われたら「あなたが私のごはんに口出しするのはどうしてかしら?」また「母親だから手作りしなきゃいけないのはどうして?」などと、まるで「どして坊や」(なんでも、どうして?と聞く子)のように面倒くさい女になってしまうでしょう(笑)

ポテトサラダに関しては、私も断然手作り派です。これは市販のもので好みに合うものがなかなか見つからないせいでもあります。
完璧ではないにしても、好みに近いポテトサラダをお惣菜として出しているお店もあるので、そこへいった時だけは迷わず買いますが、基本的にはカロリー度外視のマヨたっぷり、そして他の人が食べられないくらいお酢やレモン汁を入れた酸っぱ過ぎるポテトサラダを作ります。
市販ではなかなかありません。あれば面倒なので作らず買います(笑)





ポテトサラダ爺さんは、ご自身で作ったことがあるのかどうかわかりませんが、ポテトサラダって割と手がかかるのです。
ポテトを茹でたり、冷ましたり、野菜やハムを切ったりなんだり。。。
難しくはないけれど、割と手間も時間もかかるのです。
ほんの少量なら、買ってしまった方がコスパもいいくらいです。

メインの他にちょこっともう一品あればという時や、ちょっとした付け合わせにポテトサラダをなんて時には、もうお惣菜で十分です。

「時は金なり」ではありませんが、時間をうまくやりくりすることも、賢く生きるために必要なことです。
私のような暇な中年の専業主婦でさえ、余計な手間や時間はなるべく省いて生活しています。

何を最優先するかは、その家庭により違います。他人には分からないことです。
にも関わらず、人様の食卓にまでとやかく言うとは、勘違いも甚だしいとしか言えません。

自戒の念をこめて言わせてもらうなら、歳をとり色々な経験をしてくると、自分が立派な大人になったように勘違いしてしまうことがあります。その挙げ句、自分の経験談を並べて、こうした方がいい、こうすれば大丈夫などと、無責任なことを言ってしまうのです。

しかし、自分はそれで上手く通ってきた道だとしても、すべての人に通用するわけではありません。
こうすれば上手くいくなどというのは、人の人生においては通用しません。

個人の経験はあくまで個人のもの。人はそれぞれ生まれ育った環境も違えば、現在のあり方も千差万別です。
それが、どうして個人の経験をもとにした意見が正しいと言えるでしょうか。

人の経験はあくまでも自分ではない違う人間の経験であり、それは参考になることもあるかもしれませんが、エピソードの一つくらいに考えて聞いた方がいいと私は思っています。

子育てなども然りで、育児本の通りに子供を育てれば立派に成長してくれるでしょうか?
子育ての先輩の言う通りにすれば、良い子に育ってくれるのでしょうか?

もしそうならば、子育てに悩む人はいません。

他人に相談すれば気持ちが多少は軽くなるとは思いますが、根本的な解決にはなりません。

最後は自分で考えて、自分とってより良い解決法を導き出し、実践していくことしかありません。そこで失敗したらまたやり直しですが、そうやって何度も諦めずにトライしていけば、何かしらの出口に辿り着けるかもしれません。

人や人の言葉に頼るほど不安なことはありません。
人は誰しも自分の物差しで物事を測るものです。そして何よりも、自分のことを一番に考えます。

つまり、自分にとって一番信頼できるのは、自分自身に他ならないということ。

ご意見はちょうだいするけれど、アドバイスは聞きません。
私はずっとそんな気持ちで生きてきました。





人を信頼しましょう

人との絆を大切にしましょう

人に頼りましょう

いまは、そんな声が多く聞かれます。
実際に全ての人がそんな気持ちでいれば、素晴らしい社会になるだろうと思います。

しかし、世の中は善人ばかりではありません。いいえ、善人とてまずは自分の暮らしが一番なのです。

どんなに耳に優しい言葉をくれる人でも、実際に困っている人を助けるかと言えば、何にもしない人がほとんどです。

口は出すけれど手は出さない。安全な場所から優しい言葉をかけるだけで、ほとんどは一緒に泥を被ろうという気持ちはありません。共感して励まして、自己満足完結です。

それが悪いということではないのです。人はみんな自分ありきで生きているので、それが当たり前なのです。

ポテトサラダ爺さんも同じです。きっと「子供のためにも手作りのものを食べさせてやれ!」と、そんなことから悪態をついたのではないでしょうか。

口は出しても手は出さないという点では、優しいことを言う人も、ポテトサラダ爺さんも同じです。

これは人を信用するなということではなく、人よりもまずは自分を信じましょうということです。
そうすれば、どこでどんなことを言われても傷つくことはありません。

世の中、意地悪な人や、自分の不満の捌け口を他人に向ける人など、ネガティブな感情を抱いて生きている人もいます。
自分に自信が持てないと、そんな悪意の被害者になり得ることもあります。





ポテトサラダなんて、作りたければ作ればいいし、面倒ならお惣菜を買えばいいのです。
ポテトサラダだけでなく、コロッケでもメンチでも春巻きでもアジフライでも、食べたいものを買えばいいのです。
そこにポテトサラダ爺さんのような人が現れたとしても、それがなんなのでしょう?
自分が作りたいか、作りたくないか、自分が納得していれば、どちらでもいいこと。

いつの時代も人をイラつかせるようなことをわざわざ言ってくる人がいますが、今はSNSなどネットでもそんな話をよく耳に、目にするようになりました。

Twitterでトレンドに上がるほどのことだから何かと思えば、余計なお節介をするポテトサラダ爺さんのお話だったなんて。。。

面白い反面、あれもこれも情報がいっぱいで、面倒くさい世の中になったものだわ。。。と、昭和の人間は思うのです。

散々あーだこーだと言っておきながら、きっとポテトサラダ爺さんも、自分がトレンド入りしているだなんて、知らないのだろうなと思ったら、騒ぐほどのことでもないか。。。そう思ったのでした。

谷中 岡埜栄泉『浮草』。プロの間でもファン多し。生姜の香り際立つ老舗の和菓子。

湿度の高い梅雨時にでもなれば、少しは落ち着くのではないかと言われていた新型コロナですが、今日は過去最高の感染者数となるなど、東京ではまだまだ油断できない状況です。

私も不要不急の外出は避けたいので、趣味の甘いものショッピングもお取り寄せ通販か、スーパーへお買い物がてら近場のお店に頼っています。

少し前にこのブログでも記事にした六本木ヒルズのギフトエリアもその一つで、6月のオープン以来、何度か足を運んでいます。


www.hw-frankie.com


つい先日も荷物持ちの外国人夫とスーパーへ行った帰りに寄ってきたのですが、甘いもの好きの夫にとっては、目移り状態でした(笑)

てっきり洋菓子を選ぶと思いきや、外国人夫がその日のおやつに選んだお菓子は、なんともしぶいお菓子でした。

f:id:frankie17:20200628231456j:plain

こちら、『菓子の記録帖』でセレクトされていた東京の下町、谷中岡埜栄泉さんのお菓子です。

岡埜栄泉さんといえば、虎ノ門などにもありますが、こちらは全く別の「谷中」の岡埜栄泉さん、創業明治33年という老舗の和菓子屋さんです。

こちらの看板商品のひとつである『浮草』。

「プロの間でもファンが多い」という一文か、「生姜」の文字に惹かれたかと一瞬思ったものの、この人漢字読めないし。。。

ただ、なんとなく感で選んだようでした(笑)

しかし、後にこの感が大当たりすることに。。。





浮草

f:id:frankie17:20200705100815j:plain

お店の方に購入する旨を伝えると、袋の中に3つ入ったものが出てきました。
お味見にはちょうどいい量です。

f:id:frankie17:20200705100822j:plain

大きさはゴルフボールくらいでしょうか、割と小振りです。

一口食べると、生姜のスパイシーな風味が広がります。よく香る皮の表面にはアイシングシュガーのコーティングがしてあり、サリサリっとした食感。

f:id:frankie17:20200705100804j:plain

しっかりつぶしてある小倉あんはちょっと甘さ控えめながら、しっかり小豆の風味がします。

f:id:frankie17:20200705100819j:plain

生姜の香りがきいた薄い皮、甘いお砂糖のコーティング、そして控えめながら存在感のある餡子。。。
これらが一つになるとなんとも味わい深く、思わず「美味しい。。。」と声が漏れてしまいました。

f:id:frankie17:20200705100812j:plain

正直言えば、生姜を使ったお菓子は好みではなく、自分では決して選ばない種類のお菓子なのでまったく期待せずに口にしたのですが、思いもよらず美味しくて、ちょっとびっくり。。。

お味としては複雑さもなく、とてもシンプルなのですが、全体のバランスなのでしょうか、ものすごく上品にまとまっていて、その美味しさに感動してしまいました。

このようなお菓子を食べてしまうと、「生姜だし。。。」などと、食わず嫌いをしていては損をしてしまう!と、お菓子選びも考え直すべきと思ってしまいます。

本当にお試ししてみてよかった!と、外国人夫の甘いものアンテナに感謝しました。

『浮草』は必ずリピートしたいお菓子の一つに加わりました。





谷中の岡埜栄泉さんでは、この『浮草』と『豆大福』が看板商品と言ってもいいお菓子です。
なかなか谷中の方までは足を運ぶこともないのですが、『浮草』があまりにも美味しかったので、是非「豆大福」もお試ししてみたくなりました。

f:id:frankie17:20200705100808j:plain

店舗情報

谷中 岡埜栄泉
東京都台東区谷中6-1-26
03-3828-5711

アクセス
JR「日暮里駅」南口
東京メトロ千代田線「根津駅」
各駅から徒歩約8分


www.yanaka-okanoeisen.jp

主婦にとってのエコバッグとレジ袋。有料化でも私が両方を使い続ける理由。ついでにエコとか。。。

f:id:frankie17:20200710161131j:plain

7月からレジ袋が有料化となり、スーパーへ行っても、コンビニへ行っても、エコバッグを手にしている人が目立つようになりました。
そしてレジでは「レジ袋は必要ですか?」などというやりとりが、そこかしこから聞こえてきます。

私は専業主婦なので、いつも大量のお買い物をします。家族4人をお腹いっぱいにするためには重要なお仕事と心して、両腕が千切れるか⁉︎という痛みに耐えながらお買い物をしています。

それはともかく、今回のレジ袋有料化に対する主婦の意見はどんなものなのか?
マイエコバッグを持つか持たないか、レジ袋にお金を払うかどうか、ネットなどでご意見を拝見すると、人それぞれ考え方も異なり、なかなか面白いものがあります。

賛否両論、その意見は多種多様ですが、私はといえば、天邪鬼な性格ゆえ、エコバッグを推奨されようとも素直にその流れにのれるわけではありません。

これはどちらの方がいいのか? 
ちょっと考えたのですが、結論から言ってしまえば、私にはどちらも必要なものといえます。





とても面倒くさがり屋の私なので、たとえ有料になっても「面倒くさい」と、お金を払ってでもレジ袋を使うのでは?と想像されるかもしれませんが、それは違います(笑)

実のところエコバッグは数年前から使用しています。
それも大きさの違うものを2種、常にバッグの中に潜ませているのです。

やっと時代がわたしに追いついたわ!

というのは冗談で、本当のところは今回の有料化に結びついたエコロジーな精神とは関係のない、とても利己的な理由で使用していたのですが。。。

デパ地下でのお買い物には必須

私はコロナ以前までは、デパ地下でお買い物をすることが多かったのですが、日本の百貨店というのは、なににつけてもとにかく丁寧です。

これは包装にも言えることで、悪くいえば過剰包装とも言えるほど、どんな小さなものを買おうが、万全とも言える包装を施してくれます。
百貨店でお買い物をする理由の一つは、その丁寧なサービスですが、包装も然り。しかし、それが私にとってはあまり喜ばしくないことだったのです。

それはなぜか?
ゴミが増えるからです。

ゴミと言っては失礼ですが、使い道のないものは、結局ゴミ箱行きになるので、あえてゴミと言わせていただきます。。。

お惣菜を買えば、プラスチック容器に入ったものをビニールで包み、さらにプラスティックの手提げ袋に入れて手渡されます。

また、たくさんお買い物をした時などは、大きな紙袋に入ってくるのですが、この紙袋は二重に重ねられ、どれだけ重くても大丈夫です!という状態できます。

その結果、どうなるか?
帰宅してから買ったものの荷ほどきをすると、山のようにレジ袋や紙袋が出るのです。

デパ地下には本当にたくさんのお店があり、生鮮食品を買い、お惣菜を買い、お菓子を何種類か買うと、まさに袋だらけ。一山できるほどの量になります。
ある程度、大きさのあるものならゴミ袋として再利用もできますが、それも使い切れないくらいどんどん溜まっていきます。そして小さなものだと使い道もなく、結局はどちらも処分することになるのです。

私はこれを回避するために、エコバッグを携帯するようになりました。

エコバッグさえ持っていれば、汁漏れや匂い漏れを防ぐ最低限の包装だけしてもらい「そのままで結構ですよ」と受け取り、自分のエコバッグに入れることができます。
これだけで、ゴミの量は大きく変わります。

私にとって、ゴミは少なければ少ないほど楽です。
キッチンのゴミ箱に収まらないほどのゴミは邪魔です。しかもゴミ収集の日に捨てに行くのも、大きな袋を両手に持ってでは大変です。

ゴミが少なければ、ゴミ箱の袋だけ取り出して、キュッと縛って、片手でぶらぶら簡単に捨てに行くことができるのです。

結果的にはエコな行いであるのかもしれませんが、地球のことを考える前に、自分にとっての快適さを重視してのエコバッグなのです。





快適さといえば、もう一つ理由があります。それはエコバッグの持ちやすさです。
お米やドリンクなど重たいものや嵩張るものは全て宅配にしていますが、例えばキロ単位のお肉や根菜類、キャベツやカボチャなど、生鮮食品や野菜は自分の目でみて選びたいので、スーパーかデパ地下での調達となります。しかし、これらのものをカゴいっぱい山盛りにお買い物すると、ものすごい重さになり、レジ袋を提げている手がブルブル、もう千切れんばかりになります。

その点、肩掛けできる丈夫なエコバッグに詰めれば、持ち運びはかなり楽になります。
エコバッグは地球のみならず、アラフィフ の身体にも優しいのです(笑)

f:id:frankie17:20200710145408j:plain

再利用できるレジ袋

しかし、そんな私でも全くレジ袋を使わないわけではありません。
近所のスーパーやコンビニなどへ行くときは、お財布だけをポケットに入れ、エコバッグを忘れてしまうこともあります。そんな時はレジ袋がないと困ります。

スーパーなどではたくさんお買い物をすると「M」サイズのレジ袋2枚を渡されることが多いのですが、私はいつも前もって「一つにまとまるサイズの袋にしてください」とリクエストします。

それは「L」サイズ以上のレジ袋であれば、ゴミ袋としても利用できるからです。
とにかくゴミは少ないに限ると思っている私は、断捨離でもしない限り最大で30ℓ、それ以上のゴミ袋は滅多に使用しません。

これは余談ですが、上記のように「一つにまとまるサイズ」と大きなレジ袋をリクエストすると、ごく稀にとても嫌な顔をされる店員さんがいます。Lサイズのレジ袋は希少なのでしょうか?

理由はよくわかりませんが、それを考えると、私にとってレジ袋有料化は喜ばしいことです。大きさによって値段が違うので、Lサイズ分の料金を払えばいいだけで、それはもらったものではなく、買ったものになるので遠慮無く指定できます。

そんな風に、レジ袋も大きさによっては使い道もあるので、私の場合はエコバッグも使用しているけれど、レジ袋も使えるものなら使う。というスタンスです。





エコに対する両極端

以前スーパーで見かけた光景なのですが、30代と思しきある女性客が店員さんに「プラスチック容器だの袋だの使い過ぎ!」とクレームをつけていました。
それはただ袋に入ったお野菜や、トレイに乗せてラッピングしてあるお肉で、日本のスーパーではごくごく当たり前のものでした。

しかしその方は「日本人は環境に対する意識が低すぎる!」「日本人はなぜ世界に目を向けないの⁉︎」と、まるで自分が日本人であることを忘れてしまったかのようなdisり三昧で、やたらと「海外では。。。」を連呼していました。
アメリカの例などを出して、このスーパーもプラスティックの袋やトレイは廃止し、エコバッグを作るべきだ。野菜でもなんでも、客には持参したバッグに直接入れさせればいい!などと訴えていたのでした。

私。。。正直苦手です。エコはともかくとして、なんでも海外が優れていて、日本が劣っていると勘違いしている人。
環境問題を改善しようという姿勢は立派かも知れませんが、アメリカだって決してパーフェクトではありません。食材廃棄の問題などは当のアメリカ人が嘆いているくらいです。
ある一面だけを見て判断しているのだとしたら、それはただの外国かぶれ。

そんなかぶれさんの横で、鋭い視線を向けていた初老のマダム。かなりの資産家とお見うけしましたが、マダムは大量にお買い物した商品を「これとこれは別の袋に入れて下さいな」「こちらは二重にしてくださる?」などと、かぶれさんへの当てつけかと思うほどの過剰包装を要求していました。

色々な人がいるものだわ。。。

何事も極端なのはよくないわよね。

などと思いながらも、私は自分のバッグがジャガイモについた土で汚れ、長ネギの臭いや漏れた肉汁などでバイキンだらけになるのを想像し、「無理!無理!」と、エコよりは自分のバッグが汚れる心配をしたのでした。。。





新型コロナとエコバッグ

スターバックスが紙製のストローに変えたきっかけとなった、ウミガメの映像は私も見ました。
鼻から突き出たストローをペンチのようなもので力一杯引き抜く様は、見ていても痛そうで、さすがの私も「かわいそう。ストローを海に流した不届き者は誰さ⁉︎」などと思ったもので、かなり衝撃だったのを覚えています。

この辺りから日本の社会にもエコロジーに対する広がりが見え始めたように感じたのですが、どうなのでしょうか?

そしていつの間にかレジ袋有料化が決まりましたが、そこにきての新型コロナです。。。

そして現在では、

環境には優しいけれど、細菌付着の可能性があるエコバッグ

VS

エコではないけれど清潔な新品レジ袋

そんな構図が見えます。

あのスーパーで見かけた「かぶれ」さんが声高に連呼していたアメリカの某スーパーでは、現在エコバッグの持参はご遠慮してもらい、代わりに環境に優しい紙製のショップバッグを導入したとニュースで見ました。

どちらがいいのか。。。
単純に考えれば、それほどまでにレジ袋が環境に悪いというのなら、有料か無料かはともかくとして、件のアメリカのスーパーのように環境に優しい素材のショップバッグを導入すれば、地球にも優しくコロナ対策にもなるのでは?と思うのですが。。。

そんな判断にならないのは、コストの面でよろしくないのでしょうか。それとも、もっと誰かの利益に影響を与えるような大きな問題があるのか?

プラスチックのレジ袋を削減したいのなら、有料にして提供するなどという面倒なことはせず、完全になくして別のもので対応すればいいのにと思います。

いずれにしても、私の場合は基準が「ゴミの量」なので、プラスチックであろうが紙であろうが、基本的には変わらずエコバッグを使用するつもりでいますが、新型コロナの問題を併せて考えると、別の対策も必要です。

最近は新型コロナ感染防止、また食中毒などの観点からも、エコバッグの使用が疑問視されているむきもあります。
これは頻回にお洗濯をして、清潔なものを使用すればいいだけのことですが、エコバッグを洗いながら使用するとなると、梅雨のこの時期、なかなか洗濯物が乾かないという問題も出てきます。
生乾きのまま使ったら、さらに菌が繁殖しそうだわ。。。などと、これは複数のエコバッグをローテーションしながら使用する必要があるなと、お買い物へ行くだけで、あれこれ考えなければならなくなってしまいました。

衛生問題のみならず、レジ袋を削減したくらいでは環境改善にはならないという意見もあったり、レジ袋有料化に伴うエコバッグの推奨は賛否両論あり、あまりに情報が多すぎて、いったいなにを基準にしていいのか分からなくなってきます。。。

そもそもレジ袋の環境に対する影響すら、懐疑的な意見が少なくありません。

この情報過多な時代、レジ袋問題に限らず、なにごとも自分で判断することが必要になってきます。

あちらを立てればこちらが立たず、こちらを立てればあちらが立たずと、万人にとって最良の方法などはないも同然。
誰しも自分の立ち位置が変われば意見も変わるものです。

結局のところ、自分がよいと思うことをするのが一番というわけです。

私はこれまで通り、家庭内にゴミを増やさないためにも、エコバッグを使い続けることでしょう。
そして、たとえ有料になろうが、ゴミ袋として再利用できるものであれば、レジ袋の方も使用するつもりです。

人それぞれ、意見は様々かと思いますが、結局のところ、自分の生活に即した使い方でやっていけばいいかのかなと思います。

ところで、理想的なエコバッグを見つけるのって、結構難しくありませんか?

小さく畳めて、軽くて、大きくて、重さにも耐えられて、お洗濯もできて、できれば保冷機能もあって、その上ちょっとお洒落れで、人と被らないエコバッグ。

これを機に新しいエコバッグをさらに買い足そうと探しているのですが、それらの条件を満たすエコバッグがなかなか見つかりません。
たとえ「エコ」バッグとはいえ、ファッショの一部になりえる物なので、素敵なものが見つかるといいなと思っています。

鎌倉紅谷『クルミッ子INN』を六本木ヒルズのギフトエリアで購入。クルミッ子以外のお菓子も並んでいます。

クルミッ子で有名な鎌倉紅谷さんから『petit paquet (プティ パケ)』という新しいクッキー缶が発売されました。

今週の月曜からオンラインの先行販売が始まったのですが、かなりの激戦です。
毎日朝の9時から発売なのですが、1日ごとに限定数が定められているのか、購入希望者が多いのか、あっという間に売り切れの表示。。。

人気のネット通販やチケット購入などではあるあるですが、商品をカートに入れ途中まできても、必要事項を記入などしているうちにソールドアウトといった感じで大人気のようです。

私は3度目のトライでなんとか注文することができました。嬉しい。。。

しかし、他にも食べるべきお菓子がまだ控えているので、到着日は少し先にしておきました。
届くのがとっても楽しみです。





その前に、先日六本木ヒルズのギフトエリアに出店している紅谷さんへ寄ってみました。

f:id:frankie17:20200627230849p:plain

これまで鎌倉紅谷さんのお菓子はデパ地下の銘菓コーナーで買っていたのですが、そこでは『クルミッ子』しかありませんでしたので、ひたすらクルミッ子リピートでした(笑)

しかし、他にも美味しそうなお菓子が沢山ある鎌倉紅谷さんです。色々お試ししたいと思いつつ、なかなか鎌倉まで足を運ぶこともできません。

ところが、六本木ヒルズのお店には、クルミッ子以外のお菓子もあるではありませんか⁉︎

しかも、ずっと食べてみたいと思っていたあのお菓子が。。。
もちろんその場でお持ち帰り決定です。

f:id:frankie17:20200627230842p:plain

クルミッ子INN

f:id:frankie17:20200705100331j:plain

クルミッ子を用いたお菓子らしく、パッケージも可愛いリスのイラスト入り。
細長い箱の上箱をスライドすると、中にもう一つの箱。

f:id:frankie17:20200705100341j:plain

長細い『クルミッ子INN』が姿をあわします。普通のパウンドケーキの半分くらいの幅ですが、なんといっても中にはクルミッ子がINNされているので、ずっしりとした重さがあります。

f:id:frankie17:20200705100335j:plain
f:id:frankie17:20200705100315j:plain

コーヒー風味のパウンドケーキは、ほろっとした食感、その中にクルミがたっぷり。

そして、底に近い部分にクルミっ子がイン。
くるみとキャラメルの美味しさが、お口いっぱいに広がります。

f:id:frankie17:20200705100338j:plain

歯応えのあるクランブル、おせんべいみたいな粒が入っています。

f:id:frankie17:20200705100318j:plain

クルミッ子のキャラメル部分だけでなく、スポンジにもくるみがあしらわれていて、コーヒーとナッツの香ばしさ、そしてキャラメルのまろやかさが一緒に楽しめます。

f:id:frankie17:20200705100324j:plain

個人的な好みから言えば、もう少しクルミッ子が多く入っていたら。。。

と一瞬思ったのですが、外国人夫がすかさず、

「そうなってはINNというより、BIGクルミッ子のようになってしまうではないか⁉︎」

f:id:frankie17:20200705100321j:plain

なるほど、そう言われてみればそうですね。。。

このお菓子はクルミッ子は脇役であり、主役はパウンドケーキだ!
そう思わなければいけませんね。





こちらの店舗では、もちろん『クルミッ子』も色々なサイズ取り揃えてあります。

f:id:frankie17:20200627225406j:plain

他に焼菓子のお取り扱いも。
ここに『プティ パケ』とかあると、嬉しいのですが、どうやら現在先行販売のネットか、その後も鎌倉のお店でないと手に入らない様子です。

f:id:frankie17:20200627225402j:plain

六本木ヒルズ店ではお取り扱いがありませんが、鎌倉紅谷さんでは要冷蔵のお菓子などもあり、そちらも興味があります。

以前、鎌倉へ遊びに行った娘に頼んだことがあるのですが、夕方に行ったため売り切れだったそう。。。
クルミッ子のみならず、紅谷さんのお菓子は人気なのです。

コロナのせいで近くて遠い鎌倉になってしまいましたが、一段落したら是非いまだ未訪の本店を覗きに行ってみたいものです。

f:id:frankie17:20200709211620j:plain

店舗情報

八幡宮前本店・本社
神奈川県鎌倉市雪ノ下1-12-4
営業時間 9:30〜17:30
(土日祝日は18:00まで)
定休日 年中無休

六本木ヒルズ店
東京都港区六本木6-2-31
六本木ヒルズ ノースタワーB1
営業時間 10:00〜20:00 (当面の間は11:00開店とのこと)
定休日 六本木ヒルズに準じる

注文・お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-25-2187
(注文受付時間 月〜金 10:00-16:00)

他にも神奈川県内に店舗が多数ありますので、お店のサイトをのぞいてみてください。

www.beniya-ajisai.co.jp


公式通販サイト

www.beniya-ajisai.co.jp


www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com