専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

京都 鳴海餅本店『栗餅』『栗赤飯』。ちょっと遅くなりましたが、来年も楽しみに!ということで。

今日の東京は前日から雪の予報が出ていたとおり、とても寒い一日でした。
お隣の横浜では雪が散らついたようですが、東京は雨模様ではありましたが、雪は降らなかったようです。

秋から急に真冬になってしまったような感じです。。。

そんな気まぐれな季節の移り変わりに迷わされたのか、のんびりしているうちに、この栗餅の季節も終わってしまいました。
もっと早く記事にできればよかったのですが、タイミングを逸してしまったようです。。。

それがこちら、京都の『鳴海餅本店』さんの栗餅です。

今年は数日前に終わってしまいましたが、記録としてアップしておきます(笑)






『鳴海餅本店』さんは、創業が明治8年という老舗ですが、私がこのお店を知ったのは、いつもお世話になっている高島屋さんの『京都航空便』でした。
この歳になるまで何度も京都を訪れていますが、一度もその暖簾を潜ったことがありません。

栗餅

真っ白な丸い綺麗なお餅は鏡餅に見えなくもありません(笑)

蒸したて、搗きたて、出来たてを提供という、美味しいお餅を使ったお菓子です。

ほくっと柔らかく炊かれた渋皮付きの栗が丸々一つ。
サラリとした瑞々しいこし餡を、コシの強いモチモチのお餅が包んでいます。

きな粉をつけて頂くというちょっと変わった食べ方。東京ではあまり見かけないのですが、これが思った以上に美味しい!

さすがお餅屋さんです。お餅ときな粉の相性が抜群で、栗よりもむしろこちらが主役?と思えるくらいでした。






栗赤飯

和菓子屋さんのお赤飯って、ほとんどがとっても美味しいのですが、こちらはその中でも格別。

佐賀県ヒヨクモチにこだわった糯米はふっくら、もちもち具合が絶妙で「さすが。。。」と思わず呟いてしまう美味しさ。

実のところ、栗餅よりもこちらの方が本命です(笑)

ふっくら、柔らかく炊いた大粒の小豆は丹波大納言。これがとにかくゴロゴロはいっています。

栗も余計な甘ったるさがありません。よく栗おこわなど、栗の甘露煮をつかっているものも多いのですが、私はどうもそれが苦手で。。。

こちらは栗本来のもつ自然の甘さだけなので、とても好みに合っていました。

面白いなと思ったのが、付属の胡麻塩が白胡麻だったことです。東京ではお赤飯といえば黒胡麻です。
白胡麻の方が香りが柔らかいせいか、より風味が活きて、全体的に優しいお味になっていました。

とはいえ東京人としては、あの黒胡麻のガツンと濃厚な香もたまりません(笑)

これからお赤飯を食べる際は、一緒に頂くおかずによって、黒胡麻と白胡麻を使い分けてみようと思いました。

栗の季節が終わった後も普通のお赤飯はあるので、来年まではそちらを頂こうと思っています。
そして、いつかこちらのおはぎも食べてみたい!

https://www.narumi-mochi.jp/index.html

www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com

iPhoneの「はてなブログ」アプリが落ちて記事の編集ができない !! 原因は不明ですが無事に復旧した件。

今日、昼頃でしょうか、いつものようにブログの記事でも編集しようと、iPhoneの「はてなブログ」アプリをタップしたところ、一瞬だけ表示されて瞬時に落ちるという現象に見舞われました。

スマホアプリには多少なりともありがちな現象で、過去には他のアプリでもこんなことが一度や二度はありました。
そんな時は、一度スマホの電源を落として再起動させることで大概の問題は解決できたので、今回も迷わずそうしました。

ほら、思った通り直ったわ!
そう思ったのも束の間、一度アプリを閉じて数十分後に再度立ち上げようとしたところ、またもやストンと落ちてしまいました。

やれやれ。。。と、またスマホの電源を切り、再起動したのですが、今回は先ほどのようにはいきませんでした。
何度やってもパッと一瞬だけ立ち上がったかのように見せかけ、すぐにストン。。。

これは私のiPhoneの問題ではなく、アプリの方に問題があるのではないかしら?
もしそうなら、同じような呟きがあるはずだわ!と、Twitterで検索をかけてみましたが、そのような情報は出ていません。

やっぱりこの個体に問題が?
しかし、原因など分かるはずもなく、ましてや対処法など、どんなに検索しても適当な答えを見つけることはできませんでした。







私は普段、あまりパソコンでブログ記事を書くことはしません。
ほとんどiPhoneのアプリ使用です。そのため、これが使えないとなると、大変困ったことになるのです。

それでも動かないものは仕方ないので、PC版の方からログインして、そこから記事の編集を試みましたが、どうも仕様が異なるせいでうまくいきません。

編集は諦めて、今度は新しい記事でも書こうと書き始めたのですが、どこをどういじってそうなったのか、下書きを保存する前に他の作業を行おうとしたところ、見事に記事は消えて真っ白け。。。
3000文字近くが一気に飛びました。

あらら〜。。。
もう、やーめた!というわけで、気分直しに大好きなあんこ玉を食べ、筋トレなどしていました。
そして、帰宅した外国人夫に、

「見て!見て!はてなのアプリが使えなくなったのよ!」

などと、騒ぎながらパツン!と落ちるであろうアプリをタップすると!

なぜか、きちんと起動したのでした。。。

「落ち着いてちゃんと操作しないからじゃないのか?少しは落ちついて!」

おかげで外国人夫からは、おっちょこちょいな慌てんぼおばさん疑惑をかけられたのでした。

それにしても、何もしていないのに何故直ったのかしら?
再度Twitterを確認してみたところ、今度は同じような状態の人がたくさん見つかりました。
そして、みなさん同様に復帰したようです。

よかった、よかった。。。







本当にこのアプリが使えないのは不便でたまりません。
いまはブログを書くのもiPhoneのこのアプリのみです。パソコンでは細かい編集や広告を貼ったりするだけで、記事の作成はほとんどしません。

「はてなブログ」を始めてから2年以上、そうしてアプリに頼りきっていたので、今更使えないとなると、もうブログを続けるモチベーションすらだだ下がりになるやもしれないのです。

キッチンのお気に入りの場所に腰掛け、お茶を飲み、お菓子を摘みながら書いたり、ソファーに寝っ転がって書いてみたり、これはスマホだからこそできること。

スマホでもアプリを使用せずにPC版から書くことはできますが、今更別のフォーマットも使いづらく、さっきのように一気に書いたものを飛ばしたりといった悲惨なことにもなりかねません。

今回は1日で復旧したので、こうして記事をアップすることができますが、もしもアプリが使用できない状態が続いたら、このブログ更新も間違いなく滞ることでしょう。

とにかく、無事にアプリが起動してくれて、ホッと一安心したのでした。

しかし、このバタバタのせいで、たくさんのあんこ玉を食べてしまいました。

筋トレの意味なし。。。

渋谷スクランブルスクエア『エシレ』のカヌレ。行列の状況と売り切れ時間。まだまだ朝から行列しています。

渋谷スクランブルスクエアがオープンして1ヶ月以上経ちました。
私はよく渋谷へ行くので、そのたびに軽く覗くようにしているのですが、全体的には1ヶ月経ってオープン当初の混雑はかなり落ち着いてきたように見えます。

ただ、例外はあります。
それがレストランフロアとお菓子のフロアです。

レストランはどんなお店があるかしら?と11時前に覗きに行ったことがありますが、お店によってはすでに並んで待っている人がいて、昼時ともなればあちこち行列で、まだゆっくりお食事ができるほどは落ち着いていないようです。

レストランフロアに関してはそれほど興味を惹かれる店もないので、もう少し混雑が落ち着いたらと思っていますが、お菓子売場となればそうもいきません!






洋菓子はなかなか充実していますが、価格帯がお高めといったショップが多い印象です。
一方、和菓子屋さんはといえば、一軒しか入っていないのです。これはとっても残念で、正直ガッカリしています。

さて、そんな1階のお菓子フロアですが、さすがにオープン当初のように朝から混雑ということはありませんが、それでも昼過ぎになればたくさんの人で賑わっています。

そんな中、朝から行列のできている店があります。
それがあの美味しいおフランスのバターで有名なエシレの『エシレ・パティスリー オ ブール』です。

こちらは以前、伊勢丹新宿店にオープンした際も長い行列を作っていた店です。
このブログでも、そんな『エシレ』のお菓子をご紹介したことがあります。

今回、渋谷スクランブルスクエア店では、この店のみで販売されている数量限定の「カヌレ」が目玉になっているようです。

我が家の面々もカヌレが好きなので、「どれどれ、お味見してみましょうか」と時より立ち寄ってみたのですが、常に行列ができている上に肝心のカヌレは売り切れ。。。

この人気、当分落ち着きそうもないわね。と思っていたところ、お友達から「朝から並んで買いに行かない?」とのお誘いがあり、ランチついでに行ってみることにしました。

行列の状況(平日)

どうせ並んで待つなら、早く行ってしまおう!と開店前に到着。

スクランブルスクエアの1階入口。『エシレ』のある場所から一番近い正面入口に並びました。

特別に案内する人やボードなどがあるわけではないので、入口から到着順に自然と列が延びていくといった感じです。

そのため、この時点では並んでいる人がどのお店目当てかわかりません。

では、何時頃から並べば数量限定カヌレを購入できるのか?

この日以外にも何度か朝から前を通り様子を見ていたのですが、そんな様子と実際に並んでみた当日を元にまとめてみると。。。

30分前

12月に入った頃から、平日であればこの時点で並んでいる人はほとんどいません。

15分前

そろそろ早い人が並び始めています。ざっと数えると10人前後といったところ。

10分前

少しずつ行列が長くなり、20人くらいになっています。

5分前

開店5分前になると、一気に人が増えてくる印象です。40人くらいは並んでいます。

開店直後

開店してすぐにズラリと長い行列。数えたわけではありませんが、すでに50人は並んでいるように見えました。

(2019年12月1週目、平日の朝。お天気は朝から比較的暖かい快晴です。)

10時にオープンしてみんなが真っ先に向かったのは、やはり『エシレ』でした。
もしかしたら、『MORI YOSHIDA PARIS』のあのお高いモンブランと人気を二分している?とも思ったのですが、蓋を開ければ『エシレ』狙いのお客さんばかりでした。

カヌレは限定160個で1人4個まで。開店直後に列についた人は微妙なラインです。

ちなみに『MORI YOSHIDA PARIS』のモンブランは昼過ぎくらいまではたくさん並んでいました。
(お値段のせいでしょうか?エシレも決してお安いわけではありませんが。。。)






朝一到着組のみがゲット

とにかくすごい行列です。
私がこれまで見てきた印象としては、オープン日からその直後を除いては、先週、先々週よりもさらに行列が長くなっている気がします。

スクランブルスクエア店限定、しかも数量限定など、詳細が周知されてきたせいもあるのでしょう。

カヌレは1日160個限定、加えて1人4個までの個数制限があります。
つまり、単純に考えて並んでいる人全員がカヌレを購入すると考えると、40人ですでにソールドアウトです。

実際、お店の方に尋ねてみたところ、その日販売分は朝一で並んだ40人分で売り切れるため、連日10時40分頃には完売だそうです。

カヌレ以外

12時過ぎに再び通ったところ(帰り道なので)当然カヌレは売り切れになっていましたが、他の商品はまだあるようでした。

行列もグッと短くなり、店舗外にまで延びていた行列はなく、店舗内いっぱいに人が並んでいる程度(15人くらい?)になっていました。

別の日、夕方通ったところ、行列はなくなっていましたが、他の商品も売り切れていました。

購入方法

カウンターの対面となっているので、希望の商品をまず注文します。
番号札を貰えるのですが、それはお会計の際にだします。

そこから次に進むと、購入商品の確認があります。

確認が済んだら今度はレジでお支払いです。ここで必要であれば小分け袋などをつけてもらえ、袋に入った商品を受け取ります。

とにかく一気にたくさんの人が来店するので、混乱を防ぐため、間違いのないようにこのような丁寧なシステムにしているのでしょう。
そのため、購入完了まで若干時間がかかりますので、後ろの方に並んでいる方はさらに待つことになります。

私が「どうせ待つなら、先に待つ」と言っているのはこのことで、開店前に店の前で待つか、開店してから自分の番になるまで待つか、結局待ち時間は大して変わらないのです。
それならば、早く行ってさっさとお買い物を済ませたい!ということなのです。

これは時間のある専業主婦だからこそ出来ることかもしれませんね(笑)






さて、ではではここからが本題。

朝一番での購入だったので、まだほんのりと温かさが残っていました。
「まだ柔らかいので、気をつけてお持ち帰り下さい」とのこと。

言われた通りに型崩れしないよう、大切に持ち帰りました。

カヌレ

カヌレは一つ一つ、こんな可愛らしい小袋に入っています。

大きさはわりと大きめですね。

表面はしっかりと焼いてある割には、それほどカリッと硬いわけではありませんが、適度に歯応えがあり、中はしっとり、軽くもっちりとしていてとってもいい塩梅です。

お味の方はといえば、「エシレのカヌレ」というイメージそのままに、バターの芳醇な味と香りがたっぷり。
このバターの香り、他のカヌレとはやはり違います。

これは想像していた以上に美味しい!

お値段が結構高いなと思ったのですが、あのエシレバターの価格を思えば、それをたっぷりと使用しているとわかるほどの味に、このお値段も納得。。。と思いました。

焦げるギリギリ手前までしっかり焼いてあるので、焼きの香ばしさがかなり強く出ているのですが、それに負けないくらいに濃厚なバターの香りが楽しめます。
食べ終わったあとまで口の中に、ほんわりとバターの余韻が残って、これはバター好きにとっては、たまらないカヌレと言えましょう。

私もこれまで食べたどこのカヌレよりも、一番美味しい!と思いました。

1個 ¥486。。。結構なお値段ではありますが、これなら私は何個でも買いたい!と思うほど気に入りました。

すぐにリピートしたいところですが、あの行列。。。そして1人4個という制限。
しばらくは我慢して、行列が落ち着くのを待つしかないですね。残念!

今後の予想

以上の情報ですが、2019年12月1週目の平日現在です。
天候など日によって変動は当然あります。実際に雨の日に通りかかった際は、この日よりも行列が短かかったです。
ただ、この日、この時間に行けば確実だという保証はありません。この記事についてはあくまでも参考にして下さい。


私見としては、年末に向けてますます混雑するのでは?と予想しています。

ちょっと落ち着いたら。。。と考えていたら、確実に来年以降になるでしょう。

それでもまだ、丸の内店のバターケーキ「ガトー・エシレ ナチュール」のように1時間以上前から並ばないとゲットできない、また伊勢丹新宿店のオープン時に比べれば、この渋谷店のカヌレはまだハードルが低いと言えます。

今後、さらに人気が高まる可能性もなきにしもあらずですが、今の時点では開店15分前くらいまでに行けば、買える可能性は高いでしょう。

並んでまで食べなくても。。。という方は、混雑がなくなるまで気長に待つのもいいと思います。
実際にあれほどの行列を作り、整理券の配布までしていた伊勢丹新宿店の『エシレ』も、いまは待たずに買えるくらい落ち着いています(週末や年末年始はわかりませんが。。。)。

まだオープンして1ヶ月と少しの渋谷スクランブルスクエアですが、しばらくすればこれほどの混雑はなくなるでしょう。
あのカヌレをまた食べるためにも、そう願いたいです。。。

この日、カヌレだけでなく、もちろん他のお菓子もお持ち帰りしてきたので、それはまた後日ということで。。。


www.kataoka.com


www.hw-frankie.com
www.hw-frankie.com

仕事を辞めてまた完全専業主婦生活始めました。これからはのんびり、ゆっくり過ごします。

今日の東京はとても穏やかな良いお天気でした。
極端に寒くなったり、暖かくなったり、着る服にも迷ってしまい、「なんだかイマイチだわ。。。」などと思いながらもお出かけしています。

さて、ここのところ和菓子、それもお大福ばかりの記事になっているので、ちょっと休憩して近況など。。。







実はお仕事を辞めて、12月からまた無職の専業主婦に戻りました。
辞めたというよりは、たまたま契約更新月だったため、契約更新をしなかっただけなのですが。。。

働き始めてからずっと、毎日楽しくお仕事していたので、契約更新するのが当たり前と思われていたのでしょう「なんで⁉︎ なにが嫌なの?」
などと、会社では部署を飛び越えて別の方からも面談の呼び出しがあるなど、なかなかすんなりとはいきませんでしたが、最後は理解して頂き円満に退社しました。

今はパートタイマーなども雇用される際に、契約期間が定められていることが多いものです。
思うに、これは昔のように「貴様!クビだー!」という事が公に罷り通らなくなった社会となったため、企業側の防衛手段としてできたシステムではないかと私は思っているのです。

これは企業側のみならず、雇用されている側にとっても、仕事を続けるか否かを選択できるという事と理解しています。
つまり両者にとって、都合のよい約束事ということです。
これはとても気持ちを楽にしてくれるもので、私としては仕事を辞めるという意識ではなく、契約更新はいたしません。という気持ちでいられたからです。

「他の部署に移動も可能だから更新したら?」など、現状に不満を持っているのかと、かなり深読みされ、ありがたいことに待遇面でも色々なオファーをしていただきましたが、決してそうではありませんでした。
仕事内容も職場環境も待遇も、契約内容にはなんの不満もありませんでした。

それでも一度決めたらもう気持ちの切り替えはできません。
そんなとこ、とても不器用なのです。

仕事は楽しかったですし、人間関係も問題なし。少し前までは、還暦になるくらいまで働いてもいいかも。。。などと思っていたくらいです。

側から見れば辞める理由は見当たらないといったところなのでしょうが、私にはちゃんと理由がありました。







それは「健康」と「時間」です。簡単に言ってしまえば、もう少し自分の時間が欲しかったということと、体調不良を整えるためということです。

専業主婦として担っている家事はなによりも優先すべきことで、それ以外の時間で仕事なり趣味なり好きなことをして過ごすというのが私の立場です。

前にもブログにちらりと書いた事があったのですが、仕事を始める前は、家事が済めばあとはすべて自由でした。その中で人と会ったり、美味しいものを買いに行ったり、好きなことをして過ごしていたのですが、仕事を始めてからもそんな生活を変えたくなかったのです。

フルタイムならまだ考えたでしょうが、扶養控除内のパートタイマーという半端さから、時間がないようであるというのか、あるようでないというのか、全て出来そうな気がしてしまったのです。

実際にできてしまうのが逆に悪かったと言いますか、あれもこれもと欲張った末、かなり疲れてしまったようなのです。

私としては家事など、手抜きできるところはしっかり抜いていたつもりだったのですが、抜き足りなかったようです(笑)
身体の方が先に根を上げてしまいました。

ここ数ヶ月間、少しでも疲れが溜まったり寝不足になったりすると、目眩がして一晩治らないといったことが時々起きるようになりました。きっと更年期の影響もあるのでしょう。
これは少しゆっくりすることが必要だわ!と温泉にでも行こうかと思っても、仕事と家族の都合を考えると、なかなかそんな時間を持つこともできません。

そうなると、ストレスも溜まってきます。性格的にやりたいと思ったことをすぐに実行できないとダメなのです。
ストレスが溜まると、余計に不調を感じるようになるという悪循環で、さらに目眩がクルクル。。。

そんな様子を見兼ねてか、外国人夫からは「健康第一!あれこれと欲張らず、余裕のある生活をせよ!」と苦言を呈されていました。

仕事がしたいのなら、他のことはほどほどに!他のことが思い切りしたいのなら、仕事を辞めるべき。
そんなことをいつも言われ、確かにそうよね〜と自分でも思うようになりました。

考えてみれば、50を過ぎてから子供に手がかからなくなったことも手伝って、元気なうちに色々なことがしたいと迷走気味だったのかもしれません。

仕事もまたしてみたい。。。

趣味も欲しい。。。

お友達とも楽しく遊びたい。。。

美味しいものもいっぱい食べたい。。。

旅行もしたい。。。

etc。。。

確かに欲張りです。。。

これまでは、「二兎追うものは一兎も得ず」という考えは一切なく、欲しければ何兎でも追いかければいいと思ってきましたが、年齢がそれを許さなくなってきたのでしょう。
あちこち走り回り、欲しいものを追いかけ回す体力自体がなくなっていたのです。

結局のところ、自分が一番欲しいものはなにか優先順位をつけてみた結果、一番は健康で、次は遊ぶこと(笑)

もうお仕事はいいんじゃないかしら?という結論になりました。

若い時からずっとお仕事を続けてきた方などの中には、そろそろお仕事は終わり。そんな人も出てくる年代です。

私ももう働くことよりも、他のことをゆっくりと楽しんでいこうかという気になりました。
やらなければ後悔は残ったでしょうが、ある程度やったことで諦めもつきました。







11月の後半は有給の消化などでほとんどお休みしていました。
その間、家事のかたわら外国人夫の仕事のサポートしたり、お買い物へ出かけたり、子供達と遊びに行ったり、お友達といろいろなお店に食事に行ったりと、なかなか楽しく過ごしていました。
もちろん甘いものもたくさん食べました(笑)

久しぶりの時間に追われない生活はなかなか快適で、「専業主婦も悪くないわね」と、今は心の底から思いながら生活しています。

幾つになっても身体の動くうちは働くべき!という意見もありますが、私はやはり一度大病を経験しているので、身体のことは最優先です。
それを踏まえた上で、この歳だからこそできることをゆっくり楽しもうと思っています。

人によって生き甲斐は様々です。仕事であったり、趣味であったり、人は自分の生き方を自分で選ぶことができます。

私にとっては専業主婦として家のことをしながら、好きなことをして、ゆったりと過ごすこと。それが今の自分にとって一番の生き甲斐なのかなと今は思えます。







とかなんとか言いつつ、またいつ気が変わるかわからない気紛れな性格なのですが(笑)
またどこで気持ちが変わるかはわかりませんが、その時々選択する自由というものだけは持っていたいと思います。

外国人夫も子供達も、私がいつでもヘルプできる状態にあることは都合がいいようで、「もうお仕事はしません」と言ったところ、かなり喜んでいました(笑)

今時の若い人は共働きが当たり前。旦那さまも奥様が働くことをよしとする方が多いと思いますが、我が家はまだまだ昭和感覚なようです。

家事も雑用も全部やってくれて、臨時のヘルプも頼める。そんな専業主婦は忙しい夫にとっては便利なようで、早速あれこれとおつかいを頼まれています(笑)

ゆっくりできる時間ができたことで、体力的にはずいぶんと楽になりました。目眩の方もほとんど起きなくなりました。
その変わり、ちょっと太ってきそうな予感が。。。
それだけが難点ですが、なかなかいい生活なのではないかと、満足しています。

これからはもう少しブログに費やす時間もできそうです。
ちょっとマンネリ化している気もするので、新しいことでも考えてみようかなと思っています。


そんな生活の変化はありましたが、ちゃんとお菓子は食べています。
ダイエット中なので控えてはいますが、完全にはやめられません。

今日のお菓子はジョアンのミニカヌレです。

楊枝の長さを見ていただければ、カヌレの大きさがわかるかと思います。

こうしておくと、家族がパクパクと摘んでいきます。

おちびさんですが、中もしっかり美味しいカヌレです。

西荻窪 喜田屋『むらさき大福』。黒米を使った体に優しい不老長寿の大福はアラフィフに嬉しい効能が!

前回に続き、お豆モリモリの豆大福で有名な西荻窪にある『喜田屋』さんです。

この日、お目当ては豆大福だったのですが、ショーケースを覗くと色々あるんです。魅力的なお菓子が。。。

その中でも特に気になったのが、「不老長寿」の文字!
好きな和菓子を食べながらアンチエイジグでき、おまけに長生きできるとは、なんて嬉しいことかしら!

というわけで、迷わずお持ち帰りです(笑)


むらさき大福

説明によりますと、皮は黒米をもち状にしたもので、甘味には骨粗鬆に効果があると言われるトレハロースを使用しているとのこと。

黒米はたんぱく質、胚芽のリジン、またビタミンやミネラル類も豊富なため、消化器系の弱い人の栄養補給に適しているとあります。

私、あれこれ食べているので周りはあまり信じてくれないのですが、消化器系を患ったこともあり、実は弱いのです。。。
黒米など古代米とされているものは好きなのですが、消化によくないかしら?と思って控えていましたが、どうやら調べ直してみる必要がありそうです。








黒米はこんな効能以外にも肥満、疲労回復、ストレス、老化防止、血中コレステロール減少、動脈硬化など成人病予防にもよいらしいです。

私の欲しいもの、ほぼ揃ってます。
これは普段の食生活の中にも、積極的に取り入れて行こうかと、本気で思いました。

いやはや、黒米がこんなものだとは知りませんでした。
ありがとう!むらさき大福!

むらさきという色、確かに言われてみれば紫かもしれませんが、黒米なので黒大福でもいいかと。。。
それはさておき、皮は薄くふんわりと柔らか。その中にたっぷりの粒あんが詰まっています。小豆は北海道産だそうです。

黒米など、古代米を使ったお菓子ときくと、粒々っとした食感をイメージしてしまいますが、こちらはとってもスムースです。

薄いながらもしっかりと米の風味があり、サラリと口当たりのいい皮、そこにサラリとした粒あんを合わせ、とても食べやすくなっています。

身体にもよさそうなお大福。近ければ、ちょこちょこ行って食べたいところなのに。。。と、残念です。







店舗

東京都杉並区西荻北3-31-15
03-3390-8903

JR「西荻窪駅」下車。
北口を出て、右手前方にある北銀座通りを真っ直ぐ進むと、左側にあります。
駅から徒歩で5分くらいです。


www.hw-frankie.com