専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

日本在住外国人夫が外国人旅行者をガイドする東京。日本はやっぱりいい国だった!

最近のこと、外国人夫の友人が自分の会社の社員数人を研修旅行と称して日本へ送り込んできました。
その際、外国人夫は喜び勇んで観光ガイドを買って出て、週末や仕事の後にと嬉々として走り回っていたのでした。

時折、私にも「寿司ならどこの店がおすすめ?」「スイーツはなにを紹介したらいい?」などと情報収集しにきていましたが、日本人と外国人とではやはり見たい景色が違うようで、私のアドバイスとは違った東京観光を楽しんでいたようです。

東京で20年以上も暮らしているとはいえ、やはり我が家の夫も外国人のままなのだなともつくづく思いました。
「The Japan!」といったものに、いまだ心惹かれているようです。。。




やっぱり浅草

こちらは外国人観光客にとってはお約束の場所です。浅草寺では雷門の前で記念写真に収まり、仲見世でスイーツなんぞを買って食べ、 お線香の煙を頭に浴び、見よう見まねで参拝しとエンジョイしたようです。

戻る途中に上野、御徒町や秋葉原らにも寄り道したとか。。。
この辺りも外国人にとっては鉄板。面白い場所のようですね。

買い物なら合羽橋⁉︎

ショッピングといったら銀座や新宿の百貨店にでも行ったら?
デパ地下も絶対に行くべきよ!

一箇所でなんでも揃うため面倒がないわよと、私など真っ先にあげるショッピングスポットは馬鹿の一つ覚えのように百貨店なのですが、何故か外国人夫は「合羽橋だ!」と。。。

確かに外国人のみならず、日本人にとっても楽しい場所です。私も年に何度かは必ず行って、調理器具や食器などを仕入れたりするくらいなので。。。
でも、外国人のお土産とかに合羽橋ってどうなの?と思っていましたが、これが大変に喜ばれたそうです。

家族へのお土産など、「もう、お金がいくらあっても足りないぜ!」というくらいキッチングッズのお買い物に勤しんだとのこと。
意外なところでお土産は見つかるようですね。。。

丸の内の風景

ここで外国人夫が見せたかったのは、紺色スーツにベージュトレンチの人々だといいます。
ちょうどフレッシュマンがまだまだ初々しく行き交っている時期です。
皆んな同じファッションに身を包み、オフィス街を闊歩している姿は、彼らにとってはカルチャーショックだったようで、お口をあんぐりさせてその様子を眺めていたそうです。
日本人からしたら「そんなもの見せる必要ある?」とも思いましたが、それも外国人にとっては異文化体験の一つなのでしょうね。。。




新宿ゴールデン街

人から伝え聞いたのか、ネットの観光情報で見たのか、観光客である彼らの行ってみたい場所リストにあったそうです。

未だ昭和の雰囲気を色濃く残すゴールデン街ですが、いま外国人観光客の間では人気の観光スポットとなっているそうです。

私も若い頃に足を運んだことはありますが、今はもうあの混沌とした雰囲気や隣の人と袖すり合うほどの閉塞感に居心地の良さは感じなくなりました。

しかし外国人の彼らにとっては、それこそが新しい経験であり、陰影のある景色の一端を垣間見る楽しみとなったようです。

高級寿司と立ち食い寿司

日本といえば寿司です(笑)
日本に来たからには是非とも美味しいお寿司を食べて欲しい!と外国人夫が連れて行ったのが、お一人様数万円もかかるような高級寿司店と一貫からオーダーできる立ち食い寿司の両店でした。

お寿司を堪能することが第一の目的だったようですが、外国人夫がここで見せたかったのは、高いお金を出せば最高級の極上物をいただける一方、たとえ立ち食いのような店でも本当に美味しいものが食べられるという東京の食の豊かさであったといいます。

ここは私も大いに共感するところで、海外生活から戻った時に一番嬉しかったのは、食のチョイスの多さとレベルの高さでした。

日本人流の飲み体験

こちらは外国人夫の行きつけの店へご案内したそうで、古くからあるカウンターだけの小さな焼鳥屋さんや居酒屋で日本人流の飲みを楽しんだそうです。

大きな外国人ボーイズ達が体を丸めるようにして焼鳥と美味しい日本酒を堪能し、隣り合った日本人常連客達とボーイズトークにいそしみと、とっても楽しんでいたそうです。
やはりローカルな場所こそ面白く感じるようですね。




治安よさはやっぱりピカイチ

外国人ボーイズ達がなによりも感嘆したのが、やはりその治安の良さだといいます。
日本人の私からすれば、昭和の時代と比較すれば治安も悪化しているように感じますが、外国人にとってはいまだに日本は安全過ぎるくらい安全な国という印象だったようです。
それは長年日本で暮らしている我が家の外国人夫も、いつも口にしていることです。

考えてみれば、海外旅行などから日本へ帰国すると、私でもホッと肩から力が抜けるように感じます。
これはやはりいつも身構えて行動しなくても、よほど怪しい場所へ足を踏み入れるか、もしくは極端に運が悪くない限りは通りすがりの犯罪に巻き込まれる可能性が少ないせいでしょう。

なんでも細かい!

これもよく外国人から言われることですが、たとえば公共の交通機関の遅れが少なく、それこそ分刻みで正確に運行するバスや電車に、「考えられない!」と驚いた様子だったといいます。

他にもお買い物をした際の手際の良さやラッピンの綺麗さなど、何かにつけて小綺麗に整えられることに感動していたそうです。

日本も悪い国じゃない

短期の滞在だからこそ、良いところばかりがクローズアップされているのではとも思います。
実際に我が家の外国人夫などは、普段はよく日本のここが嫌だ!などと文句を言っていますから(笑)

どこの国でも良い面、悪い面はあるでしょう。それでも、改めて外側から見た日本の良い面を褒め称えられると、「日本もいい国なのよね」と、悪い気はしません。そしそんな安全で美味しいものがたくさんある日本で暮らせることを幸せだと思えてきます。

外国人夫もそれは同じだったようで、自分はその恩恵に慣れきって、今あるものが当たり前と思っていたけれど、それは必ずしもあって当たり前ではなかったのだと、改めて思い出させてもらったと言います。

そのおかげで普段当たり前のように繰り広げられる日本バッシングは影を潜めています(笑)

何はともあれ、皆さん楽しんで帰国の途についたとのことで、外国人夫もホッと一安心したようでした。

これのどこが研修旅行⁉︎

今回の東京観光の様子を聞いて、

「これが研修⁉︎ ただ遊んで食べてるだけじゃないのよ!」

私などは首を傾げていましたが、社長さんはそれでいいと言っていたそうです。

違った文化に触れて、自国他国の良いところ悪いところを知り、多様性を認めることで視野が広がる。それはきっと今後の仕事や彼らの生き方にも影響を与えるだろうから、思い切りエンジョイしてきてほしい!

ですってよ!

会社のクレジットカードを思う存分使い、1週間の滞在を終えた彼ら、たいそう東京が気に入った様子です。

「絶対にまた日本に来る!そして今度は東京以外の場所も見てみたい!」

「さあ!帰ったら頑張って働かなきゃな!」

研修はさておき、今回の東京滞在は若者達の士気を上げるのには効果があったようですね(笑)





できることなら私もジョイントして、おすすめの東京風景を見せてあげたり、美しく美味しい和菓子なども食べされてあげたかったのですが、私の方もお仕事を始めたばかりでバタバタ。。。と言いますか、久しぶりのお仕事と家事にちょっと疲れを感じて余裕がありませんでした。

しかしそれでよかったのかもしれません。
外国人夫は久しぶりに自国のボーイズ達とワイワイ楽しい時を過ごしたとのこと。
長いこと自国を離れ日本で暮らしている外国人夫、普段は国を恋しがることも「帰りたい」と口にすることも皆無ですが、やはり同じバックグラウンドを持ち、同じ言葉を話す人達と心置きなく過ごすことが大変楽しかったようです。
そこに私がいたら、相手の方々も外国人夫も多少の遠慮があったはずです。

観光の様子をスマホで撮って色々見せてもらいましたが、まるで小さな子供達の遠足のように、それはそれは楽しそうなはしゃぎっぷりでした(笑)

ちょうど桜が満開であった時期、さらに美しい東京を見せてあげられたことが何よりなのでした。