専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

和菓子

京都 亀屋良長『鳥羽玉(うばたま)』。たまに食べたいちょっと贅沢なあんこ玉。

子供の頃からあんこ玉が大好きでした。 それは今も変わらず、ちょこっと甘いものが欲しいときなどに、パクッと食べたりしています。舟和さんのあんこ玉は手に入りやすいこともあり、昔からよく食べていましたが、たま〜に贅沢をしたい気分になると、買ってし…

西荻窪『越後鶴屋』のいちご大福、豆大福、あわ大福。お餅の美味しい裏通りの和菓子屋さん。

西荻窪の『喜田屋』さんへ豆大福を買いに行った日、街の様子が物珍しくて散歩がてら駅周辺をぶらぶらしてみました。西荻窪という街は北口にも南口にも商店街があり、さらにまたその裏通りに無数の小さなお店が密集していて、ちょっと面白いなと思ったのです…

京都 鳴海餅本店『栗餅』『栗赤飯』。ちょっと遅くなりましたが、来年も楽しみに!ということで。

今日の東京は前日から雪の予報が出ていたとおり、とても寒い一日でした。 お隣の横浜では雪が散らついたようですが、東京は雨模様ではありましたが、雪は降らなかったようです。秋から急に真冬になってしまったような感じです。。。そんな気まぐれな季節の移…

西荻窪 喜田屋『むらさき大福』。黒米を使った体に優しい不老長寿の大福はアラフィフに嬉しい効能が!

前回に続き、お豆モリモリの豆大福で有名な西荻窪にある『喜田屋』さんです。この日、お目当ては豆大福だったのですが、ショーケースを覗くと色々あるんです。魅力的なお菓子が。。。その中でも特に気になったのが、「不老長寿」の文字! 好きな和菓子を食べ…

西荻窪『喜田屋』豆大福。ガブリ、大きなお口を開けて頂きたいお豆が主役の大福です。

今日から師走。師も走るくらい忙しい月です。 本当に一年あっという間に過ぎていきますね。この歳になると余計にそう感じます。そのうちブログにアップしようと思いながらも、書きっぱなしになっていた記事が下書き内に溜まっているので、どうにか12月のうち…

京都 出町ふたば『名代 豆餅』。東京でも西の絶品豆餅(豆大福)がデパ地下で購入できます。

前回の『栗餅』に引き続き、京都出町ふたばさんのお菓子です。こちらは大好きな『栗餅』を待ってから、まとめてアップしようととっておきました(笑) まだこのブログに未登場だった『豆餅』です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 『出…

京都 出町ふたば『栗餅』。この時期だけのお楽しみを豆餅と共にいただく幸せ。

本日はまた京都の和菓子です。京都、出町柳の『出町ふたば』さん。この店では何と言っても『豆餅』が有名ですが、実のところ私はこの『栗餅』が一番好きです。 いえ、『豆餅』と『栗餅』、2つを並べて食べるのが最高だと思っています。 栗餅&豆餅まさに新栗…

京都 今西軒のおはぎ3種。人気のきな粉を東京で。by高島屋「京都航空便」。

今日の東京は朝から雨模様の寒い一日でした。こんな日は、ふぅふぅ言いながら温かいお善哉でも食べたい。。。最近甘いものを食べ過ぎていたので、ここ数日ちょっと控えています。そのせいで、よけいに餡子が恋しいのです。今日のところは我慢して、美味しい…

京都『嘯月』秋の上生菓子5種を東京で。新宿高島屋「京都航空便」で予約してみました。

このお菓子を抱えての帰り道は、本当に神経を使いました。横殴りの風雨と戦いながら、片手に紙袋、片手に傘をさし、自分はどんなにずぶ濡れになろうとも、この美しい、おそらく日本一であろう上生菓子だけは守らねば!と。。。それほど楽しみにしていたので…

築地『角山本店』の麩まんじゅう。お麩の専門店だからこそのみずみすしい美味しさが味わえる麩菓子です。

先日のこと、築地でお食事の約束があったので、ちょっと早めに家を出て、久しぶりに築地場外あたりをぶらぶらしてきました。まずは大好きなお麩の店、『角山本店』さんへ。こちらのお店はお麩を扱う専門店で、お正月料理を用意する時や、生麩が食べたいとき…

『くりはち』のやきぐり。栗そのまんまの美味しさを!産地にこだわった個性豊かな栗が楽しめる店。

栗の季節もあと少し。この時期に栗を堪能しなくてどうするのよ!と、せっせと栗を買っては茹でて、小さなスプーンでクリクリとすくって食べるのが、毎年恒例となっています。実は私、栗の木を持っています。 若い頃、都外に購入した土地に栗の木があったので…

柴又帝釈天『髙木屋老舗』の草だんご。おひとり様に優しい少量パックを幼少期の思い出とともに頂く幸せ。

『舟和』さんの餡子玉に続き、少量パック第二弾は、『男はつらいよ』の舞台、柴又帝釈天『髙木屋』さんの草だんごです。『男はつらいよ』といえば、我ら昭和世代が子供の頃から親しんできた山田洋次監督の映画シリーズです。寅さんこと寅次郎を演じるは、今…

『舟和』のあんこ玉6個。おひとりさまに優しい日本橋高島屋で見つけた小さな和菓子。

デパ地下のお菓子売場などに行くと、欲張りな私はあれもこれもと、ついつい目移りしてしまいます。食べたいものは好きなように食べよう!そうは思っていても、気持ちと胃袋の大きさは必ずしも比例するわけではありません。ほとんどの場合は、家族と一緒に分…

名古屋『山田餅本店』古代米おはぎ、草餅、栗おこわ。自然の色彩を目と舌で味わうことの贅沢。

昨今では「インスタ映え」を求めてスイーツの食べ歩きなどをする人もいるようですが、若い人が多いせいか、どうしても洋菓子の方が目につきます。たしかに芸術品のような佇まいの上生菓子は別として、我々が普段いただいているような和菓子は、白と黒の大福…

銀座 松﨑煎餅『大江戸松﨑三味胴 Banksy』瓦煎餅で楽しむバンクシーのアート。

どこに現れるのか、世界各地にステンシル技法を用いたグラフティアートを残していく覆面アーティストのBanksy (バンクシー )。ロンドンを中心に活動していると言われていますが、その素性はほとんど明らかになっておらず、どこに現れるのかまさに神出鬼没。…

名古屋『一朶(いちだ)』の豆餅。老舗に負けを取らない絶品豆大福!今すぐ名古屋へ行きたくなります。

昔から西の方へ向かうと、どうしても大阪で食い倒れ、京都で甘いもの三昧という感じになってしまい、中部に位置する名古屋は遠いようで近い、そんな位置にあるためか、あまり長居する事はありませんでした。 それは今も同じで、なんとなく後ろに隠れてしまう…

花月堂本店 根岸の里より大福四種。黒豆、よもぎ、あわ・きび、豆大福。もち〜っと柔らかい下町の大福。

『花月堂』さんと聞くと、浅草にある大きなメロンパンを思い浮かべる方が多いのでは?と思いますが、お間違いなく!こちらは明治4年創業の根岸(三ノ輪)の老舗和菓子店、『花月堂本店』さんです。私はこちらのような下町の和菓子屋さんがとっても好きです。…

銀座『空也もなか』予約なしではまだまだ入手困難。年末年始の予約はお早目に。

ちょっと間が空きましたが、再び銀座空也さんです。子供の頃は大好きだった最中ですが、この20年くらいはあまり好んで食べることはなくなりました。 人から頂いたりして食べることはあれど、自分ではほとんど買うことがありませんでした。しかし以前記事にし…

銀座 空也の『空也餅』。11月なのでもなかと一緒に期間限定のお餅を予約して食べてみました。

銀座の空也さんといえば、『空也もなか』で知られる銀座6丁目にある老舗の和菓子屋さんです。この『空也もなか』、東京ではおもたせの定番と言っても過言ではない人気のもなかで、予約なしでは入手困難と言われることから、誰に贈っても大変喜ばれる一品で…

新潟 丸屋本店の「黒糖饅頭」と「えだまめ餅」。名前通り素材の味を存分に楽しませてくれる和菓子達。

黒糖を使ったお饅頭は数あれど、私がこれまでに食べた中で、間違いなく一番美味しい!と思ったのが、新潟の丸屋本店さんの「黒糖饅頭」です。もちろん新潟へ出向く機会のない私は、お得意のデパ地下銘菓コーナーでの調達です。今回も見つけるや否や速攻でお…

竹隆庵岡埜『こごめ大福』。都内デパ地下でも気軽に買える美味しい大福餅で大きな福を呼び込む ⁉︎

ここのところ、お仕事に病院での定期検診、また突然の遠方からの来客などで何かとわさわさ、外出続きだったせいか珍しく風邪気味。ブログの方もすっかり後回しの状態なのですが、そんな中でも甘いものはしっかり食べています。先日も晩御飯の手抜きをしよう…

外国人夫が選んだ広島土産『平安堂 梅坪』の安芸れもん、吾作饅頭。

広島へ行っていた外国人夫から、「なにか買ってきて欲しいものはありますか?」と聞かれたのですが、いきなり言われても困ります。 私も出先だったので、リサーチする時間もありませんでした。「それなら、紅葉まんじゅうとレモンケーキ以外の甘いお菓子!」…

とらや『東雲 しののめ』に思う日本語の美しさ。生菓子は五感を使って味わいたい。

最近いただいた虎屋さんのお菓子です。あまり生菓子は買わないのですが、このお菓子はあまりにも綺麗だったのでついついお持ち帰りしてしまいました。和菓子では時折見かける「東雲(しののめ)」という名前。 同じ名前が使われていても、そのお店によって姿…

とらや 『新栗まつり』ミナペルホネンとのコラボ生菓子と可愛い栗模様の風呂敷&季節のお菓子など。

数日前に虎屋さんの『新栗まつり』の栗菓子を食べたばかりでしたが、またふらふら〜と寄ってしまいました(笑)そこで、前回はなかったお菓子を発見! こちら10月の金、土、日だけの限定生菓子です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 栗…

とらや『新栗まつり』秋の味覚を楽しむ和栗の贅沢生菓子。栗粉餅、栗名月、栗鹿の子、栗蒸羊羹。

昨日は台風一過でカラリと良い天気の東京でしたが、今日はまた雨模様の寒い一日でした。秋を実感できるようになってきたと思ったら、すでに一日一日、確実に冬に向かっている感じ。 ああ、月日が経つのは早いです。。。数日前も、東京ミッドタウンでぶらぶら…

桜井甘精堂『善光寺落雁』。善光寺公許第一号。一生に一度は食べたい絶品の干菓子です。

長野関連ネタですが、まだまだ続いています。 間にちょこちょこ別トピックを挟みながらもダラダラいきます。当分は終わりません(笑)さて、こちら『桜井甘精堂』さんのお菓子ですが、いくつかこのブログでもご紹介しています。しかし、そもそも一番のお目当…

麻布青野総本舗の鶯もちと豆大福。六本木でおすすめの和菓子の手土産。

先日のお彼岸に美味しいおはぎを食べて以来、ちょっと気になっていた『麻布青野総本舗』さんですが、とにかく食べたいお菓子が沢山あったので、近所へ出向いた際に寄ってきました。食べたいお菓子は沢山あれど、あまり欲張らずに近くへ行ったついでに少しず…

長野 桜井甘精堂の栗菓子セット。バラマキ以上、個別未満のお土産に最適の栗の和菓子。

今回はまた長野関連のお菓子です。 お友達何人かに渡すために買ったお土産ですが、もちろん自分用にも一つ(笑) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); お土産を選ぶのはなかなか難しいものです。 例えば職場などでのバラマキ土産ともなれば…

六本木 麻布 青野総本舗 お彼岸の「おはぎ」と夏の生菓子「麩饅頭」の食べおさめ。

ああ、もう9月も下旬。いよいよ夏の終わりを実感する時期になってしまったのね。。。 ほんとに月日の経つのは早いこと!などと、朝からつらつら考えていた三連休の最終日。ふと、今日はお彼岸じゃないのよ⁉︎ と、気づいたのでした。お彼岸といえば、おはぎを…

長野 小布施堂 生栗らくがん『くりは奈』。これはおすすめ!しっとりホロホロ新食感の落雁。

「生栗のらくがん」⁉︎落雁好きとしては、なんとも魅力的ではありませんか! しかも絶品の栗菓子を作っている小布施堂さんの商品とあれば、これは間違いなく美味しいはず!こちらの落雁、長野駅ビル内「MIDORI」にある小布施堂さんで見つけたのものです。しか…