専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

和菓子

『たねや』粒々食感が美味しい赤米大福と、定番の末廣饅頭。安定の美味しさです。

東京は明日、雪の予報が出ていますね。 今年はいつもの冬よりも暖かいと思っていましたが、まさかのセンター試験にこんな天気だなんて。。。 我が家は来年ですが、他人事ではありません。 お天気に負けず、良い結果が出ることをお祈りしています。さて、週末…

京都 寛永堂の『干支薯蕷 子』。お年賀でいただいた新年のおめでたい紅白饅頭。

久しぶりの餡子ネタです。年が明けてからというもの、羊羹以外は毎日洋菓子をいただいていましたが、そんな中、お正月にお友達からお年賀のお饅頭を頂きました。1630年創業、京都に本店をかまえる老舗の和菓子店『寛永堂』さんの紅白饅頭です。東京にも青山…

新潟のお土産 新潟限定『きな粉だんご 笹もち』。餡子入りのコロコロお団子です。

年末年始に多く目にした「帰省ブルー」という言葉。 かつてはお友達の中からそんな話題を聞くこともありましたが、アラフィフともなるとほとんどなくなります。帰省の大きな目的の一つである「孫の顔を見せる」も、当の子供達が成長し、もはや一緒に帰省はし…

お正月のお菓子。虎屋 2020年の干支『春陽の子』と、いつもの『おもかげ』。

今年は子年、ちまたのお菓子屋さんでもねずみを形どったものが多く見られました。 とにかく可愛いものが多くて、毎年子供達のお年玉につけるお菓子も今年はねずみの形をしたものを選んだくらいです。 www.hw-frankie.com 虎屋さんでもねずみの形をした可愛い…

九重本舗 玉澤『霜ばしら』。冬季限定の繊細な飴菓子。冬にだけ味わえる美しき口福。

お正月はご馳走を沢山食べるので、常に満腹状態でさすがにガッツリとお菓子を食べようという気になりません。しかし、それでも「ちょっとだけ甘いものが欲しい。。。」と思うのはいつものこと。そんなときに最適なお菓子があります。 カテゴリーからすると「…

金沢『村上』こだわり餡子の大福4種ともちもちの美味しい黒みつきな粉団子。

創業明治44年、餡子にこだわりをもつ金沢の『村上』さん。 渋谷ヒカリエに店舗があるで、たまにちらりとのぞいたりするのですが、そのたびにお団子に目を奪われていました。こちらのお菓子は昔、黒糖風味の「ふくさ餅」をいただいたことがあり、それもとても…

京都 中村軒『黒豆大福』。これは期待以上の美味しさ!豆大福におけるお豆の役割を再確認できる大福です。

最近たびたび登場していた高島屋さんの『京都航空便』ですが、これが今年最後の京都のお菓子です。12月の航空便では、最近アップした『鳴海餅本店』さんのよもぎ大福、そしてこちら『中村軒』さんの黒豆大福がお目当てでした。 黒豆大福 大きさは割と小ぶり…

新宿高島屋・京都航空便初登場『鳴海餅本店』のよもぎ大福。と、こちらおなじみナルミのお赤飯。

先日、今年最後の『京都航空便』へ行ってきました。 11月はどうしても食べたいお菓子があったので、頑張って買いに行きましたが、長時間並んだりと大変だったので、今月はもういいかしら。。。と思っていたところ、またしても普段はお見かけしないお菓子が登…

東大前『一炉庵』の甘納豆。お豆の美味しさそのまんま楽しめる、しっとり食感の甘納豆です。

甘納豆を食べるのは年に数回です。 その割には好きなのですけど(笑)美味しそうなものと出会った時だけ買ったり、ごくたまーに知人からの手土産で頂いたりするくらいです。『一炉庵』さんの甘納豆も以前友人から頂いたことがあり、その時にとても気に入った…

京都 下鴨神社名物『加茂みたらし茶屋』のみたらし団子を高島屋さんの京都航空便にていただく。

こちら、毎度お馴染み新宿高島屋さんの『京都航空便』で購入したもの。 いつもブログでは甘いもの優先になってしまうので、後ろ後ろに流れかなり時間が経ってしまいました。かなり前に食べたものなので、正直申し上げれば、かなり味の記憶が遠のいているので…

湯島『つる瀬本店』明烏(あけがらす)と季節のおすすめ和菓子。栗山雅と冬至の南瓜。

『つる瀬本店』さんの豆餅と豆大福が大好きで、豆豆しいものがいただきたくなると、足が向いてしまうお店なのですが、今年の終盤は餅菓子をかなり食べていたので、さすがに別のものが恋しくなってきました。そんなわけで、私には珍しくそちらはパスして、別…

『仙太郎』の期間限定 あぶり餅。そして黒むし、黒豆大福。さらにおはぎで餡子欲を満たした日。

疲れていたのか、街中を歩いている時、唐突に「餡子が食べたい!それも、粒あんのおはぎ!」そう思ったのでした。そのようなことは決して珍しいことではありませんが、この時はいつもにも増して強く思いました。そこから一番近い和菓子屋さんはどこか?頭の…

渋谷スクランブルスクエア『エシレ』のフィナンシェとマドレーヌ。

焼菓子が好きなので、美味しそうなものがあると一度は買ってみるのですが、こちら『エシレ・パティスリー オ ブール』のものもカヌレを買うついでにお試ししてみることにしました。『カヌレ』の記事からかなり間が空いてしまいましたが、ささっと記録してお…

東大前『一炉庵』季節の椿餅、君しぐれ。そして餡子のサンタさんをいただく。

所用で久しぶりに千駄木界隈に足を運びました。 このあたりに来るのは年に2、3回といったところですが、嬉しいのと同時に、ちょっと悩ましくもあります。それは和菓子屋さんが沢山あること。 本当なら行きたいお店を全て回りたいところですが、行ったら最後…

羽田空港限定の『キャラメル半月』。お土産に買いたい鎌倉五郎本店の限定フレーバー。

鎌倉のお菓子といえば、クルミっ子や豊島屋(置石)のウィンナーワッフルが私の定番ですが、それ以外では鎌倉五郎本店の『半月』があります。これは我が家の娘が昔から好きなせいもあり、見つけるとついつい買ってしまうお菓子なのです。上野風月堂のゴーフ…

京都 亀屋良長『鳥羽玉(うばたま)』。たまに食べたいちょっと贅沢なあんこ玉。

子供の頃からあんこ玉が大好きでした。 それは今も変わらず、ちょこっと甘いものが欲しいときなどに、パクッと食べたりしています。舟和さんのあんこ玉は手に入りやすいこともあり、昔からよく食べていましたが、たま〜に贅沢をしたい気分になると、買ってし…

西荻窪『越後鶴屋』のいちご大福、豆大福、あわ大福。お餅の美味しい裏通りの和菓子屋さん。

西荻窪の『喜田屋』さんへ豆大福を買いに行った日、街の様子が物珍しくて散歩がてら駅周辺をぶらぶらしてみました。西荻窪という街は北口にも南口にも商店街があり、さらにまたその裏通りに無数の小さなお店が密集していて、ちょっと面白いなと思ったのです…

京都 鳴海餅本店『栗餅』『栗赤飯』。ちょっと遅くなりましたが、来年も楽しみに!ということで。

今日の東京は前日から雪の予報が出ていたとおり、とても寒い一日でした。 お隣の横浜では雪が散らついたようですが、東京は雨模様ではありましたが、雪は降らなかったようです。秋から急に真冬になってしまったような感じです。。。そんな気まぐれな季節の移…

西荻窪 喜田屋『むらさき大福』。黒米を使った体に優しい不老長寿の大福はアラフィフに嬉しい効能が!

前回に続き、お豆モリモリの豆大福で有名な西荻窪にある『喜田屋』さんです。この日、お目当ては豆大福だったのですが、ショーケースを覗くと色々あるんです。魅力的なお菓子が。。。その中でも特に気になったのが、「不老長寿」の文字! 好きな和菓子を食べ…

西荻窪『喜田屋』豆大福。ガブリ、大きなお口を開けて頂きたいお豆が主役の大福です。

今日から師走。師も走るくらい忙しい月です。 本当に一年あっという間に過ぎていきますね。この歳になると余計にそう感じます。そのうちブログにアップしようと思いながらも、書きっぱなしになっていた記事が下書き内に溜まっているので、どうにか12月のうち…

京都 出町ふたば『名代 豆餅』。東京でも西の絶品豆餅(豆大福)がデパ地下で購入できます。

前回の『栗餅』に引き続き、京都出町ふたばさんのお菓子です。こちらは大好きな『栗餅』を待ってから、まとめてアップしようととっておきました(笑) まだこのブログに未登場だった『豆餅』です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 『出…

京都 出町ふたば『栗餅』。この時期だけのお楽しみを豆餅と共にいただく幸せ。

本日はまた京都の和菓子です。京都、出町柳の『出町ふたば』さん。この店では何と言っても『豆餅』が有名ですが、実のところ私はこの『栗餅』が一番好きです。 いえ、『豆餅』と『栗餅』、2つを並べて食べるのが最高だと思っています。 栗餅&豆餅まさに新栗…

京都 今西軒のおはぎ3種。人気のきな粉を東京で。by高島屋「京都航空便」。

今日の東京は朝から雨模様の寒い一日でした。こんな日は、ふぅふぅ言いながら温かいお善哉でも食べたい。。。最近甘いものを食べ過ぎていたので、ここ数日ちょっと控えています。そのせいで、よけいに餡子が恋しいのです。今日のところは我慢して、美味しい…

京都『嘯月』秋の上生菓子5種を東京で。新宿高島屋「京都航空便」で予約してみました。

このお菓子を抱えての帰り道は、本当に神経を使いました。横殴りの風雨と戦いながら、片手に紙袋、片手に傘をさし、自分はどんなにずぶ濡れになろうとも、この美しい、おそらく日本一であろう上生菓子だけは守らねば!と。。。それほど楽しみにしていたので…

築地『角山本店』の麩まんじゅう。お麩の専門店だからこそのみずみすしい美味しさが味わえる麩菓子です。

先日のこと、築地でお食事の約束があったので、ちょっと早めに家を出て、久しぶりに築地場外あたりをぶらぶらしてきました。まずは大好きなお麩の店、『角山本店』さんへ。こちらのお店はお麩を扱う専門店で、お正月料理を用意する時や、生麩が食べたいとき…

『くりはち』のやきぐり。栗そのまんまの美味しさを!産地にこだわった個性豊かな栗が楽しめる店。

栗の季節もあと少し。この時期に栗を堪能しなくてどうするのよ!と、せっせと栗を買っては茹でて、小さなスプーンでクリクリとすくって食べるのが、毎年恒例となっています。実は私、栗の木を持っています。 若い頃、都外に購入した土地に栗の木があったので…

柴又帝釈天『髙木屋老舗』の草だんご。おひとり様に優しい少量パックを幼少期の思い出とともに頂く幸せ。

『舟和』さんの餡子玉に続き、少量パック第二弾は、『男はつらいよ』の舞台、柴又帝釈天『髙木屋』さんの草だんごです。『男はつらいよ』といえば、我ら昭和世代が子供の頃から親しんできた山田洋次監督の映画シリーズです。寅さんこと寅次郎を演じるは、今…

『舟和』のあんこ玉6個。おひとりさまに優しい日本橋高島屋で見つけた小さな和菓子。

デパ地下のお菓子売場などに行くと、欲張りな私はあれもこれもと、ついつい目移りしてしまいます。食べたいものは好きなように食べよう!そうは思っていても、気持ちと胃袋の大きさは必ずしも比例するわけではありません。ほとんどの場合は、家族と一緒に分…

名古屋『山田餅本店』古代米おはぎ、草餅、栗おこわ。自然の色彩を目と舌で味わうことの贅沢。

昨今では「インスタ映え」を求めてスイーツの食べ歩きなどをする人もいるようですが、若い人が多いせいか、どうしても洋菓子の方が目につきます。たしかに芸術品のような佇まいの上生菓子は別として、我々が普段いただいているような和菓子は、白と黒の大福…

銀座 松﨑煎餅『大江戸松﨑三味胴 Banksy』瓦煎餅で楽しむバンクシーのアート。

どこに現れるのか、世界各地にステンシル技法を用いたグラフティアートを残していく覆面アーティストのBanksy (バンクシー )。ロンドンを中心に活動していると言われていますが、その素性はほとんど明らかになっておらず、どこに現れるのかまさに神出鬼没。…