専業主婦という生き物

〜フランキーの日常茶飯〜

Sponsored Link

厄年に厄除け、厄払いはした方がいいのか?しなかった結果、こうなったんだけど。。。

連休中、我が家のトイレが壊れました。
そして、まるで後を追うように洗面所の蛇口も壊れ、ついでに掃除機のホースも千切れ、さらには洗濯機はバタンバタンと意味不明の大暴れ、そして冷蔵庫からはビーンビーンという不穏な音が。。。

一体、なんなんだよ⁉︎
誰かなんか悪戯でもしたか?

そう思うほどに、あちこち壊れまくって、どうしてしまったんだ我が家⁉︎ と頭を抱えておりました。

そのせいで今日は朝からあちこち修理業者さんに連絡をしたり、修理に来てもっらたりと大騒ぎでした。




「物が壊れる」といって思い出したのが、遥か昔33歳の時に迎えた大厄です。
周りのお友達はいそいそとお祓いなどへ行っていましたが、そのようなことをあまり信じていない私は、当然特別なこともせずに過ごしていました。
しかしその年、特に悪いことが起きたわけではありませんでしたが、何故か自分のお気に入りの物が次々に壊れていったのです。

お気に入りのワイングラス、コーヒーカップが割れたのに始まり、大切にしていたバッグの取っ手が引きちぎられたように切れたり、一張羅のカシミヤセーターにいつの間にか大きな穴が空いていたり、ブーツの飾り金具がなくなったり、デジカメも壊れたりと、とにかく
「私を丸裸にするつもりかー⁉︎ 」
というくらいに、格別な愛情を持っていた物が次々と無くなっていったのです。
ここまで重なると、さすがに「なんでだろうか?」と気味が悪くなりました。
そこでお友達に相談したところ、
「それはフランキーの身代わりになったのよ!」
と、そんな事を言われたのです。
本来なら私が受けるべき災厄を、私の愛用品達が肩代わりしてくれたと。

私にとっては理解に苦しむ事でしたが、そうこうするうちに厄年が終わりました。

しかしです。その数年後、夫42歳の大厄の年に思わぬ事が起こります。
自分の厄年でさえ、お祓いなどをしなかった私です。夫のことならなおさら「外国人に本厄もなにもないわよ〜」と、ヒャラヒャラ笑っていたところ、きましたよ、厄が!
しかも私のところに!
前厄、本厄と2年続けて思わぬ病にかかり手術。体を切ったり穴を開けられたりと、散々痛い思いをしたのです。

そこでもお友達が言うのです。
「旦那さんの厄をフランキーが肩代わりしたんじゃない ⁉︎」
冗談じゃないわよ。。。そんなこと、あるわけないわ!と思いつつも、ひょっとしたら?という気にもなりました。

外国人夫と結婚し、とりあえず当面は日本で暮らそうと決めた時、
「これからは私がアンタを守ってあげるわよ!どんなことも肩代わりして、幸せに暮らせるようにしてあげるからね‼︎」
そう大口を叩いた私。
言霊というものがあるとしたら、神はこの時の言葉をしかと受け止めていたのかもしれない。。。
そんな事を思ったりしたものです。
しかしその翌年、ようやく後厄が終わろうという頃、夫は仕事帰りにタクシーに跳ね飛ばされ、両手両足を負傷し、全治1ヶ月の怪我を負ったのでした。。。
ようやく自分の厄を引き受けたか?と思ったのも束の間、タクシー会社が仕向けてきた保険会社との交渉を引き受けたのはこの私。
右も左もわからない外国人と女相手だからと甘く見られたのか、理不尽極まりないことばかり言ってくる阿漕なオヤジを相手に、ガチなバトルを繰り返し、心身ともにヘトヘト。
保険会社との交渉は、結局こちらの言い分を全て認めさせる事ができ、保障も十分にされたので、最悪の厄年にはなりませんでしたが、厄の一部をまたしても肩代わりしたように感じたのでした。。。

怪我は軽くありませんでしたが、何よりも命があったこと、加えて後遺障害などもなかったので不幸中の幸いでした。

そんな事があってから、これまで信じていなかったようなことも、もしかして本当なのかも?だから皆んな厄払いなんかに行くのかしら?と、考えるようになりました。

実のところ、今でも半信半疑なのですが、本当はどうなんでしょうね?

と、ここでふと、もしかして家族で誰か厄年の人はいるかしら?と思ったところ、なんと長女が本厄ではありませんか⁉︎
もちろん厄払いなどしていません。。。というか、たった今まで気にも留めていませんでした。

もしかしたら、我が家のあちこちが壊れまくっているのは、長女の厄の身代わり⁉︎
あまりのタイミングの良さにそう思わずにはいられません。

トイレと洗面所だけは使えないと困るので、早急に修理をしてもらい、今は通常に戻りましが、冷蔵庫と洗濯機が完全に止まったその時は、さすがの私も厄年の脅威を認めざるを得なくなりそうです。

Sponsored Link