専業主婦という生き物

〜フランキーの日常茶飯〜

Sponsored Link

横浜中華街でお土産を買うの巻 その①『上海焼小籠包専門店 鵬天閣』豚の焼き小籠包と水餃子。

先日、元町散策で再会した『喜久家』さんのラムボールについての記事をアップしましたが、その後に更に美味しいものを求めて、中華街へ行ってきました。

www.hw-frankie.com

しかし、中華街も変わらないなぁ。。。とパッと見思ったりもしましたが、よく見ると新しいお店も増えているようで、自分がどこを歩いているかわからなくなってしまいました(笑)
しかも久しぶりに訪れたので、もうかつてよく行った店がどこにあるか、さっぱり。。。仕方がないので適当に歩いて美味しそうなものを買って帰ることにしました。




焼き小籠包



こちらは『上海小籠包専門店 鵬天閣』さんの焼き小籠包です。

ちょっと小腹が空いていたので、店頭で焼いていたのをその場で買ってお味見してみました。豚と海鮮がありましたが、私は豚オンリーの小籠包が好きなので、ここでも豚です。
プラスチックの取り皿と割り箸も自由に使えるよう用意されています。

美味しかったので、冷凍のものをお持ち帰りすることに。
ちゃんと保冷の袋に大きな保冷剤を入れて梱包してくれました。


作り方もいたって簡単です。普通の餃子を焼くのと手順は同じです。


こんな胡麻の袋も入っていますので、自分でネギだけ刻んでのせました。



肉汁もしっかり入っています。家庭でも十分に美味しく頂けますが、正直言って店頭で食べた方が数倍も美味しかったです。やっぱり焼き方でしょうか。。。

水餃子

最近、中国人の知人から水餃子をご馳走になる機会があり、以来焼き餃子よりも水餃子にハマっている私。
ついでに冷凍の水餃子も持ち帰ることにしました。


調理法はとっても簡単。ただボイルするだけです。


中国では餃子と言えば水餃子だそうで、おかずと言うよりはご飯のようなもの。皮の味と食感を楽しむものと言います。
こちらの水餃子も厚いモチモチの皮がとても美味しかったです。
餡は豚肉、ニラ、キャベツ、エビも入っていました。

やっぱり水餃子、美味しいです!
皮を美味しく作るのはなかなか難しそうですが、なんといっても暇な専業主婦ですから、自分で作って度々食卓に並べたいと思いました。

さて、今回買った焼き小籠包と水餃子ですが、本当に家庭でお手軽に楽しむことができます。
焼き方などもこの通り。

お土産用にはこんな調理方法の説明書をつけてくれるので安心です。

お土産に買った焼き小籠包と水餃子、思っていた以上に美味しかったので、横浜へ行った際には再訪したいと思いました。

Sponsored Link