専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

ガレット・デ・ロワを買うはフェーヴが欲しいから。東京でフェーヴのある店はどこにある⁉︎

今日の甘いものはガレット・デ・ロワです。

日本でも最近はパティスリーだけでなくベーカリーなどでも見かけるようになったガレット・デ・ロワ。
通常は1月6日のEpiphany (公現祭)を祝って食べるお菓子ですが、私はフランス人でもクリスチャンでもないので、ガレット・デ・ロワも季節のお菓子の一つとして食べています。

今シーズンもフライングして昨年末にすでに一台食べ、お正月にまた一台平らげてしまいました(笑)

どれだけガレット・デ・ロワが好きなの⁉︎ というのは少し違っていて、実はフェーヴのせいです。



galette de rois ガレット・デ・ロワ

パイ生地の中にアーモンドクリームが入ったシンプルな焼き菓子ですが、結構好きなお味です。
しかし今シーズン、すでに二台も食べたのでお腹も気持ちもいっぱい。。。もうこれ以上は無理そうです。

昨年のこの時期も、年末も今年も、全て違うお店のものを食べました。どれもとても美味しく頂きましたが、これはおすすめ!というものはまだ見つかっていません。

もちろん美味しいのですが、来年も同じものが食べたいかといえば、それほどではなく、それよりは新規開拓に気持ちが向くといった感じです。
きっとお菓子よりもフェーヴに目がいっているせいでしょう。

フェーヴ

ガレットの中に入っている小さな陶器の置物で、古くは本物の豆(フランス語のフェーヴ)を入れていたことからフェーヴと呼ばれるようになったそうです。
一台にガレットを切り分けた際、フェーヴの入ったピースを当てた人が王冠を被り祝福を受けることができ、さらにはその一年を幸運に過ごせるというお話です。
当たるか外れるか、まさに年頭の運試し。このようなこと、結構好きです(笑)

本来はお菓子の中に入っているフェーヴも、今はアーモンドが代わりに入っていて、フェーヴが別添えというガレット・デ・ロワも多くあります。

これでは本来の意味である切り分けた中に入っていたフェーヴを当てた人が王様になれるという本来の楽しみが半減してしまう気がするのですが、私だけでしょうか?

どんなフェーヴが付いてくるのか、事前にわかるのは可愛いフェーヴが欲しい私にとっては嬉しいことですが、偶然による出会いもまた捨てがたし。。。

それにしても、沢山のフェーヴをゲットするためには、それだけ多くのガレット・デ・ロワを消費しなければなりません。
昨今のインスタではありませんが、写真を撮るために商品を購入し、撮影が終わればポイっとするなど、お菓子ラヴァーにはできません。

様々なフェーヴをゲットするために、大量のガレット・デ・ロワをシーズン中に食べ続けるというのも大家族でもない限り無理があります。

しかし、ガレット・デ・ロワを食べずして、フェーヴだけを買うという手もあります。

フェーヴが買える店

ネットなどで見ると、大阪にかなり品数豊富なフェーヴのお店がありました。サイトを見たところ、行きたくてたまらなくなってしまうほどの品揃えです。
ネット通販もしているようで、これは要マークです。

www.natsujikan.jp


いまはどこにいても、大概のものはネット購入ができますが、実際に実物を見たい!とそんな時は実店舗を探すことになります。


東京都内で私が実際に訪れたことがあるのは、『cuoca クオカ』です(現在は富澤商店の傘下に入ったとのことで『TOMIZ』という新ブランドになっているようです)。
店舗によって取り扱いがないところもあるとのことですが、自由ヶ丘本店では年末くらいになるとガレット・デ・ロワに関するものが少しですが並び、王冠やフェーヴを買うことができます。

tomiz.com


南青山の蜂蜜の専門店『Les Abeilles』(レザベイユ)にも置いてあるようです。
こちらの店はまだ未訪問なのですが、ウェブサイトにフェーヴ入荷のお知らせなどがあったので取り扱っているのでしょう。
蜂蜜も美味しそうなものがあるようなので、是非一度訪れてみたいと思っています。

フランス産高品質ハチミツ:Les Abeilles Minamiaoyama(レザベイユ南青山) |


東京の両店については一つ一つのバラ売りではなく、数個違ったデザインの入ったまとめ売りなので、自分の好きなものだけを選べないという点では残念ですが、実物を見て買えるのは嬉しいです。

可愛いフェーヴをコレクションするためには、毎年せっせと可能な限りガレット・デ・ロワを消費するか、ネットなどで買い集めるのが一番なようです。




今年の王様

今シーズン、フェーヴ(アーモンド)を引き当てた王様は2回とも私でした!

「今年はとんでもなくハッピーな一年になってしまうかも⁉︎」

王冠を被り一人で大騒ぎの私ですが、家族は誰も相手にはしてくれません。

「実際、マミーが一番たくさん食べているんだから当然でしょ? 確率的に一番高かったというだけ!」

さらには、

「王様になったことも一年間の幸せが約束されたことも、ただの思い込み!妄想!」ですって!

自分が王様になれなかった悔しさから負け惜しみを言っているだけですね。。。
とにかく王様は私。今年も家族内ヒエラルキーのトップに君臨です。
 
ちなみにフェーヴだけでなく、こんなのも好きです。

「美味しいシウマイ」(崎陽軒)に入ってる陶器のお醤油入れです。

結局のところ、小さな陶器が好きということのようです(笑)