専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

新橋 『新正堂』の豆大福と麩饅頭。切腹最中と一緒に楽しみたい老舗の和菓子。

新橋界隈へ出向いた時は、だいたい小川軒さんに寄っておやつを調達するのですが、どうしても和菓子が食べたい!というときはこちらまで足を延ばします。

新橋の『新正堂』さんと言えば、「切腹最中」で知られた老舗の和菓子屋さんですが、私が自分で買いに行くときは違うお菓子がお目当なんです。





豆大福


粒餡、こし餡共に一個 ¥235(税込)
消費期限 当日

ここの店の餡子もかなり好みでして、特に豆大福の粒餡は大好きです。

赤えんどう豆は「赤穂の塩」が使用されているとのこと。赤穂浪士所縁の和菓子屋さんだからでしょうか⁉︎

粒餡

しっかりとした皮に、かなりぎっちりと餡子が詰まっていて重量感があります。

お豆は結構少なめですが、しっかりと潰してある餡子はコクがあって満足の高い豆大福です!

こし餡

これまで粒餡しか食べたことがありませんでしたが、ブログ用にと今回初めてこし餡の豆大福も!

生地はピンクがかった色をしていて一見中は白餡か?いちご大福か?と思ってしまいましたが、普通のこし餡です。


麩饅頭


一個 ¥190(税込)
消費期限 当日

生麩には青海苔が練り込んであるタイプで、弾力のある生地を口に含むと、青海苔の風味が香ってきます。

餡子はサラリとした麩饅頭によくあったみずみずしいこし餡です。


みたらし団子


一個 ¥145(税込)
消費期限 当日

美味しそうなみたらし団子があったので、みたらし好きな次女のおやつにとお持ち帰りしました。

一口味見をさせてもらいましたが、甘めの餡がとても美味しくて好みのお団子でした。

一本一本、丁寧に包まれていて、綺麗に持ち帰ることができます。
この中に餡も充分に入っています。


気持ちのよい接客!

おばさま方の接客の塩梅がなんとも絶妙です。とってもテンポよく、にこやかに必要なやり取りだけをするという無駄のなさ。それでいて丁寧な印象を与えるのです。

心折れそうなサラリーマンにも、なんとなく元気を与えてくれそうです。

よく洋菓子屋さんなどではイメージ的にも年齢の若い子しか雇用しないなんてお話も聞きますが、こんなプロフェッショナルな接客をするおばさま方を見ていると、年齢で区切るのはとってももったいない!と思うのでした。。。
そう感じるのは、私もおばさんのせいでしょうか(笑)

それはいいとして、近々『切腹最中』アップ予定です。

店舗情報

住所 東京都港区新橋4-27-2
電話 03-3431-2512
営業時間
平日 9:00~19:00
土曜 9:00~17:00
お休み 日曜、祝日、年末年始
(8月のみ土曜・日曜・祝日)

御菓子司 新正堂 | 東京新橋 切腹最中の新正堂