専業主婦という生き物

美味しいもの、美容、国際結婚、噂話、専業主婦についてなどを思いつくまま綴るブログ。

Sponsored Link

キラキラ女子の闇。ブランド品で身を飾っても女としての価値は上がらないどころか下がる事すらあるという話。

先日、スペアルームの断捨離を敢行したところ、若い頃に使っていたブランドもののバッグがいくつか出てきました。
当時の物はほとんど処分してしまいましたが、ロングセラーの定番モノだけは取っておいたようです。

モノがいいだけに(高かった)今でも充分に使えるコンディションです。しかし、一目でここのブランドだ!と主張しているようなバッグはもう持ちたくはありません。
使わないものは処分しよう!と思っていたところ、大学生の娘が「私にちょうだい!」と声を上げました。



「学生がブランドバッグなんか持っても格好悪いわよ。こういうバッグはヨーロッパではマダムと言われる年代の女性が持つものよ」

娘にそう言ったのは、まさに私が海外で外国人友達から指摘された事です。

「でも、大学のお友達とか結構みんなブランドのバッグ使ってるよ!」

娘はそう言います。
自分も若い頃、嬉々としてそんなバッグを持っていたのでそれもわかります。しかし、若い娘が何十万円もするバッグを日常的に使うなんて、よく考えたら普通ではありません。

「みんな、学生なのになんでそんなバッグが買えるの?」

「バイトしてるんだって」

そこからどんなバイトを週にどれくらいしているのかなど根掘り葉掘り聞いてみました。

「それがね、ガールズバーとか、美人の子なんかは会員制のラウンジとかでやってるんだってよ」

やはりそうか!
そもそも大学1年生は毎日のように学校があります。そんな中で1日数時間バイトしただけではそれほど稼げるわけがありません。
しかし時給5000円以上もするような仕事ならそれも可能です。

20歳にも満たない女の子が夜の仕事をするというのは稼ぐ以上のデメリットがあります。
どんな高級なところでも、水商売は水商売。人はそう見るものです。

「でも、きちんとしたお客さんばかりで、ちゃんとしてるからお触りとか一切ないって」

娘は割と肯定的です。
これは私が年寄りだからでしょうか?時代は変わったのでしょうか?

「あなたもそういうバイトやりたいの?」

思わず尋ねてしまいましたよ!
大学生になり、私服でウロチョロとするようになってから、そういったお店からスカウトを受けることが多いらしく、度々そんな話をしていた娘です。

「いや、私はやらない。スカウトされた話とかボーイフレンドにすると、やめてよねって嫌がるから」

「お友達の彼氏とかは何にも言わないのかしら?」

「彼氏には内緒だってさ」

やはり時代は変わっていませんでした。。。
男性が自分の女にはさせたくないと思う仕事なのです。
男の目を気にして仕事を選べというわけではありませんが、将来どんな人との出会いがあるかはわかりません。本当に一緒になりたいと思った相手が出来た時、過去に足を取られるなんて損なことです。
気にしない男性もいます。しかし話が結婚ともなれば、外野(家族、親戚一同)も黙っていないでしょう。
とりわけ、家柄の良い家などに嫁ぐ事態になったときには、問題になる可能性もあります。

実際に専業主婦社会でもあるのです。とってもお金持ちで美人で、良きママとして頑張っている人も

「あの人、元ホステスよ。店で今の旦那さんと知り合ったんだって」

「だからなんとなく品がないのね」

などと噂されたりするのです。
その奥様、客観的にみてとっても上品で丁寧な方です。
どこといっておかしなところもないのに、「過去」にかこつけてそうしたことを言われるのです。
セレブな奥様達からは軽蔑をもって格下扱いされ、平民奥様達からは「そういう仕事をしなければ生きていけないほど貧しかったのかしら?」などと嫉妬半分に井戸端のネタにされたりと、表向きはともかく裏では不愉快なことを言われているのです。
どんなに美しく裕福でもマウンティングされれば一番下の位置に落としこまれてしまいます。



お洒落をしたいのも女なら当然のこと。素敵な服を着て、高価なバッグにアクセサリーを身につけ、ドヤ顔で歩くのも気分がいいでしょう。それは若いからこそ楽しめることとも言えます。
しかし、自分を美しく保つこと、キラキラさせるのためにはお金がかかるものです。その資金をどうやって調達するか。そこで短時間に高額稼げるバイトとなるのでしょうが、それはマテリアルしか考えていないのです。
メリット、デメリットを天秤にかければ、そういう判断にはならないはずです。
しかしながら、自分の女としての価値を貶めてまで身を飾らないと満足できないというのは、心の何処かに闇を抱えているせいではないでしょうか。

ブランド品で身を飾らなくても、若さは充分に女を魅力的に見せてくれます。あれこれと付け加えて美を作るのは、歳をとってからすることです。
それを実感できないのは、心になにかしら問題があるのです。
ありのままの自分でいられないというのは、つまり自分に自信がないからです。誰にでも劣等感はありますが、それ以上に誇れる部分があると自分で認めることが出来れば、余計なアクセサリーはなくても生きていけます。

どんな仕事を選ぼうが、その人の自由です。誰も非難する権利などありません。
たとえガールズバーだろうがラウンジだろうが、若くしてその道で成功を収めている人もいますから、それはそれで天晴れとも言えます。ある意味人の目など気にせず、自分の道を進んでいった結果となれば、その強さに感服するくらいです。

しかし、人は様々な出会いによって考え方も生き方も変わっていくものです。
将来、どんなことがあったとしても、自分のしてきたことを後悔しない生き方を娘にはして欲しいというのが親の願いなのです。

結局、例のブランドバッグ含め、その他使わなくなった品々は娘が使うということで自室へ引き取っていきました。
スペアルームがスッキリしたので、よしとしましょう!